恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170604185726.html
日常でわかるヘタレ男子の特徴

日常でわかるヘタレ男子の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
日常でわかるヘタレ男子の特徴

恋愛をしたいけど、付き合う前に相手がどんな人かは知っておきたいですよね。

ここでは、女性が付き合う時に知りたい、ヘタレ男子の特徴を10個挙げてみました。



  • 色んな事に気が付く
  • ネイルや髪型の変化を指摘してくれる
  • 自虐ネタが多い
  • 褒めても反応が薄い
  • 疑い深い
  • 思い切った行動はとらない
  • 恋愛に疎い
  • 完璧主義者である
  • 自分を過小評価する
  • 妙に誰とでも仲がいい
  • 最後にまとめ

日常生活の中でこういう人がいたらヘタレである確率が高くなる、という認識で見てみてください。

1. 色んな事に気が付く

風景(空4・青空・太陽光)

ヘタレ男子の特徴の1つが、些細なことにも気が付くことです。

良いことではありますが、これは悪い風に言えば自信のなさの表れです。

周りから攻撃を受けないか、自分が不甲斐ないせいで悪いことが起きないか、気にして常に周りを見ているからこそできることです。

頼りになると感じるかもしれませんが、実はこっそりと自信のない自分を持っているのかもしれません。

2. ネイルや髪型の変化を指摘してくれる

女性(綺・明32・髪かきあげ)

一見女性モテしそうですが、ネイルや髪型を変えたことに気づいてくれるのは、これもやはり周りの様子をうかがってしまうビビりから来ていることがあります。

単に女性の心を掴むのが上手い人かもしれませんが、自分だけでなく人の変化に敏感である人はヘタレ男子の可能性があります。

3. 自虐ネタが多い

風景(草原・太陽光・暗)

男性は女性よりも虚勢を張っていたいものですが、それもできないと自虐ネタを放り込んでくることが多いです。

笑いになれば面白い人だなあという好印象もありますが、ヘタレだからそう言ってしまう、ネガティブ志向になってしまうということがあります。

ヘタレ男子で自分に自信があるナルシシストは少ないでしょう。

4. 褒めても反応が薄い

男性(座・暗・目線下)

ヘタレ男子は自分で自分の事を良く思っていないことから、褒められてもお世辞に聞こえてしまうという人が多いです。

相手から褒められても「それは本当にそう思っている?」と感じ、自分を肯定してくれることに慣れていません。

自信でも手ごたえがあった出来事に対しては素直に喜びますが、ちょっとした誉め言葉では心が動かないことも多いです。

5. 疑い深い

風景(繁華街・ぼかし)

先ほど、褒められてもお世辞だと思ってしまうと述べましたが、これに関連して疑い深いというのもヘタレ男子に多い特徴です。

傷つけられることを怖がる傾向があるため、本気で信じて後で自分が傷を負わないように防御能力が高くなっています。

だから本当に信じられることだけを慎重に見つけ出していく人が多いです。

6. 思い切った行動はとらない

飲み会

仕事の飲み会で人前に立つことはしないとか、目立たないようにしているタイプならヘタレ男子かもしれません。

何事も慎重にすることを好み、大胆な行動をして後悔しないかを無意識下で考えていることがあります。

よく言えば後先考えない行動はしない、感情的にならないと言えますね。

7. 恋愛に疎い

花・樹・バスケット)

恋をすることはあっても、自分から告白したこと、またはアプローチしたことがない場合、たとえ見た目は堂々と見えてもヘタレ男子である可能性が高いです。

告白するということはそれだけで勇気がいることですが、どうして怖いと思うのでしょうか。

それは、自分に自信がないからです。

相手が自分の事なんて好きになってくれるわけがないというネガティブ思想から、想いを伝えるまで踏み切れないことが多いのです。

後先が考えられるから、失敗した後のことを考えると怖いのです。

恋バナをしてもあまり乗ってこないなら、隠れヘタレ男子かもしれません。

8. 完璧主義者である

男性(天を仰ぐ2)

ヘタレ男子は、自分のことは評価していなくても、周りには迷惑をかけたくないという意識から物事をしっかりやろうと努力をする傾向があります。

よって、仕事では上司の期待に応えようと頑張り、無理をしてしまうことも。

そこそこで終わらせず、完璧に仕上げて文句を言われないようにすると自分を守れるので、更なる自信喪失を防ぐことができます。

このようにきっちりしている几帳面な人は、ヘタレ男子の傾向があるかもしれません。

9. 自分を過小評価する

本(開き・外・コーヒー)

男性が自分の事を話すとき、明らかに周りが思っているよりも過小評価しているならヘタレ男子である可能性が高いです。

謙虚で自分を下げて相手を上げるというのは、立場が上に人に対しては有効かもしれませんが、同僚や友達なのにそう言うのは過小評価です。

本当は得意なことがあるのに、そうでもないと言い続けているとその可能性は余計に高まります。

10. 妙に誰とでも仲がいい

男女(仲良16・ピースサイン)

人間関係でわだかまりがないのは良い人という認識ができますが、これは裏を返せば人に嫌われたくないヘタレから来ていると捉えることもできます。

だから自分の意見はあまり言わず、相手が会話していて気持ちいいと思わせるような意見に変更することが多いです。

だから敵を作らず、円滑な人間関係を持っている人が多いです。

好き嫌いがはっきりしていない男性はヘタレ男子認定されるかもしれません。

最後にまとめ

風景(森林3・道)

ちょっとした言動で相手がヘタレ男子かどうかわかる10の項目でしたが、どうでしょうか。

思い浮かべてみて、周りにそんな男性はいませんか?一概には言えませんが、相手を知るための参考程度にしてみてくださいね。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!