恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170417140128.html
結婚相手に向かない男性!こんな男性との結婚は気を付けたほうがいいかも。

結婚相手に向かない男性!こんな男性との結婚は気を付けたほうがいいかも。 | 恋のミカタ

恋のミカタ
結婚相手に向かない男性!こんな男性との結婚は気を付けたほうがいいかも。

世の中には結婚に向いてない男性がいます。仕事をしない、浮気が止まらないなど結婚に向かない男性について書きました。

  • 綺麗好き過ぎる男性。
  • お金にだらしない男性。
  • 浮気性の男性。
  • 親離れ出来ていない男性。
  • 仕事が続かない男性。
  • 暴力を振るう男性。
  • 家事に全く協力しない男性。
  • 思いやりのない男性。
  • 束縛が激しい男性。
  • まとめ

1. 綺麗好き過ぎる男性。

綺麗好き過ぎる男性。

綺麗好きであることは基本的にいいことです。しかしそれが高じて綺麗好き過ぎるとなると弊害が生じます。

筆者の昔の職場にいた男性がバツイチでした。一緒に働いている分には明るくて仕事もできるので何故離婚したのだろうといった感じだったのですが。 しばらくして判明しました。原因は彼が綺麗好き過ぎるということだったらしいです。 元奥さんが脱いだ上着をソファーに置いていたら「何故ハンガーにかけないの」。洗った食器を洗いカゴに置いておいたら「何故布巾で拭いてしまわないの」

一つ一つは彼が正論ですが、一緒に生活していて男性に細かく言われたらたまりません。 男性が多少だらしなくて奥さんがせっせと片付けるくらいが上手くいくのかもしれません。

2. お金にだらしない男性。

お金にだらしない男性。

結婚して一緒に家庭を築いていくのに、自分の収入の身の丈に合わない無駄使いをするような人とは家庭が破綻します。

スマホゲームに数万も課金したり高価な趣味の物をたくさん買いあさる男性は要注意です。 また実家暮らしの男性で実家に生活費を入れないで収入の半分を貯金して半分を趣味のお金に使っているような人も要注意です。

このパターンの人は一見貯金も出来ているし生活にも困っていないのでお金に堅実なように見えます。 しかし実際は収入の半分を趣味に費やす生活をしているので結婚した途端すぐに趣味を止められる訳もなく、早い段階で生活が破綻してしまいます。

3. 浮気性の男性。

浮気性の男性。

これは言うまでもなく結婚相手に向かない男性の王道でしょう。浮気する人は浮気を繰り返すし、浮気をしない人はずっとしません。

旦那様が浮気をしないように居心地のいい家庭を作るなどの努力も必要でしょうが、それ以前にまず結婚相手を選ぶ段階で浮気性の男性はやめておきましょう。

4. 親離れ出来ていない男性。

親離れ出来ていない男性。

自分を育ててくれた両親、特にお母さんが大事なのは当然ですし悪いことではありません。でも結婚するということは自分を育てた両親の家を出て、結婚する奥さんと新しい家族を作るということです。

何かを決めるときはお母さんの意見ではなく奥さんの意見を尊重すべきなのです。 付きあっている段階や結婚話が出た段階でお母さんの意見や希望ばかり通そうとする男性は要注意です。

ただし、奥さんの意見を尊重することと親孝行は両立出来ることです。 新しい家庭の方針は夫婦で話し合って決めていき、育ててくれた両親への感謝や親孝行は忘れないようにしましょう。

5. 仕事が続かない男性。

仕事が続かない男性。

これもお金にだらしない男性のように家計が破綻します。勤め先が運悪く続けて倒産したなどの事情がある人やスキルアップの為に転職している人は別ですが。

仕事を転々としている人は、少しでも嫌なことがあるとすぐに仕事を辞める癖がついています。奥さんが妊娠や出産で働けないときにも我慢出来なくて辞めてしまって泥沼なんてケースがあるので本当に結婚に向いていません。

6. 暴力を振るう男性。

暴力を振るう男性。

DV被害などが社会問題になっているので、皆さんご承知だと思いますが。 男性に暴力を振るわれたら女性の力では勝てません。 また暴力を振るわれることを恐れて黙って我慢してしまう女性がほとんどなのです。

付きあっている段階から暴力男は片鱗を見せてしまっているものです。 もし一度でも暴力を振るわれたら、私が悪かったから…普段はいい人だから…などと我慢しないですぐに別れましょう。

7. 家事に全く協力しない男性。

家事に全く協力しない男性。

これは夫婦の働き方や考え方にもよりますが。 共働きで収入や労働時間がだいたい同じであれば、家事は半々で担当するのが平等でしょう。

逆に旦那様だけ働いて妻は専業主婦であれば家事は全て旦那様でも問題はないと思います。 でも例え妻が専業主婦であって普段は家事を100%奥さんがやっていても、妊娠中で悪阻がひどいとか産後赤ちゃんがいて大変なときくらいは多少手伝って欲しいとなるでしょう。 そういった場合にも家事を手伝ってくれない男性は結婚相手には向いていないです。

男性が家事をするかどうかは婚前には同棲でもしないと分かりにくいですが。 将来の結婚や働き方について話してみたらある程度見えてくるかもしれません。

8. 思いやりのない男性。

思いやりのない男性。

結婚どころか付き合う男性にも向いていませんが。結婚して家族になって自分が風邪をひいたときに旦那様が心配してくれなかったらとても悲しいですよね。

結婚生活は病めるときも健やかなるときも共に過ごすものですから、病気のときに心配してくれない思いやりのない男性は結婚相手には向いていません。

9. 束縛が激しい男性。

束縛が激しい男性。

愛されるのは嬉しいけど、束縛がきついのはしんどいです。

束縛の激しい旦那様だと仕事中にもしょっちゅう電話やLINEをしてきたり、同窓会や女友達との遊びに行かせてもらえなかったり、妻の自由な行動を恐れて必要最低限の生活費しか持たせなかったりするみたいです。

束縛ではなく信頼で愛情を表現してくれる男性がいいですよね。

まとめ

結婚生活を送っていて、家を買うとか子供の教育方針など夫婦で決めることは山のようにあります。

車は車好きな男性が決めるとか、家を建てるときのキッチンは女性が決めるなど、内容によってどちらかが決める場合もありますが、何につけても自分ばかりが決めていて女性側の意見を全く聞かないという男性は要注意です。

夫婦で話し合ってお互いの考えを理解し合うことで夫婦の絆はより深まりますから、女性の意見を全く聞かない男性は結婚相手には向いていません。

世の中には結婚に向いてない男性がいます。仕事をしない、浮気が止まらないなど結婚に向かない男性について書きました。


綺麗好き過ぎる男性。

綺麗好きであることは基本的にいいことです。しかしそれが高じて綺麗好き過ぎるとなると弊害が生じます。

筆者の昔の職場にいた男性がバツイチでした。一緒に働いている分には明るくて仕事もできるので何故離婚したのだろうといった感じだったのですが。 しばらくして判明しました。原因は彼が綺麗好き過ぎるということだったらしいです。 元奥さんが脱いだ上着をソファーに置いていたら「何故ハンガーにかけないの」。洗った食器を洗いカゴに置いておいたら「何故布巾で拭いてしまわないの」

一つ一つは彼が正論ですが、一緒に生活していて男性に細かく言われたらたまりません。 男性が多少だらしなくて奥さんがせっせと片付けるくらいが上手くいくのかもしれません。

お金にだらしない男性。

結婚して一緒に家庭を築いていくのに、自分の収入の身の丈に合わない無駄使いをするような人とは家庭が破綻します。

スマホゲームに数万も課金したり高価な趣味の物をたくさん買いあさる男性は要注意です。 また実家暮らしの男性で実家に生活費を入れないで収入の半分を貯金して半分を趣味のお金に使っているような人も要注意です。

このパターンの人は一見貯金も出来ているし生活にも困っていないのでお金に堅実なように見えます。 しかし実際は収入の半分を趣味に費やす生活をしているので結婚した途端すぐに趣味を止められる訳もなく、早い段階で生活が破綻してしまいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!