恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170618161446.html
大学生で妊娠が怖いならしっかり避妊したほうがいい理由

大学生で妊娠が怖いならしっかり避妊したほうがいい理由 | 恋のミカタ

恋のミカタ
大学生で妊娠が怖いならしっかり避妊したほうがいい理由

大学生で妊娠が怖いならしっかり避妊したほうがいい理由

  • 学生結婚は非常に厳しい
  • 彼女と添い遂げるプランがないなら無謀
  • 働きながらの学生生活の難しさ
  • 就職する際の制限になりかねない
  • 親になる準備ができていないと誰もが不幸になる
  • お互いの親に理解してもらえるかどうか難しい
  • 子育ては覚悟のない大学生には厳しい
  • 子供はお互いが合意で作るべき
  • 一時の快楽よりも長い人生を常に考えて
  • 避妊は男性、女性問わず、マナーだから

1. 学生結婚は非常に厳しい

結婚

学生結婚という観点で考えてみましょう。ドラマや映画の世界では美しく描かれることもあるかもしれません。しかし、それほど簡単ではありません。

それも子供ができてしまったからという理由で結婚してもうまくいかないでしょう。

だからこそ、論理的に考えてもまずは「しっかり避妊しておくことが大事なのです。

2. 彼女と添い遂げるプランがないなら無謀

男女(結婚・モノクロ)

子供をつくるということは入籍という新たな家族になるという大前提を考えることになります。

子供の親として二人でいっしょにやっていける自信がない、または生涯連れ添う存在ではないと考えているのであれば、安易に子供を作ることはゆるされないでしょう。

3. 働きながらの学生生活の難しさ

仕事男性

さあ、子育てをしようと考えたときにどれだけの費用が掛かってくるか考えたことがあるでしょうか。

そもそも学生の身分でそこまでち密な計算をしたうえで子供作ろうという判断はしないはずです。

だからこそ、まずは避妊をすることを当たり前だということにするわけです。実際にはこれは賢明な判断であり、大学に通いながら、それも男性も女性もとなればかなり気いしいことになります。

4. 就職する際の制限になりかねない

男性(スーツ1・顔隠れ)

就職活動のことを考えてください。そうでなくとも、社会人で子育てが大変だという中、入社前から子供がいるという環境の学生を積極的に採用する企業がどれだけあるでしょうか。

本音と建て前を使い分けて、なかなか厳しいことになるはずです。

5. 親になる準備ができていないと誰もが不幸になる

悲女性

親になる準備ができていない、それも学生が親になってしまうこと。これは非常に厳しいことになります。周りが不幸になっていくことは間違いありません。

厳しいようですがそもそも収入がない学生に子育てができるのか、勉強と両立ができるのか、就職活動を何の弊害もなく行うことが可能なのかを考えてみましょう。

きっと、無謀だとわかり、必然的に避妊の必要性に行き着くはずです。

6. お互いの親に理解してもらえるかどうか難しい

手アップ(老人)

子供を産んで育てるとなれば、学生の身分であってもお互いの親族に理解を求めて子供を宇うことになります。

さて、実際に収入もない学生の身分で説得すること、理解してもらうことが可能でしょうか。きわめてこれは難しいことです。

子供を育てるというだけではなく家族になるというあらたなコミュニティを自分自身で作ることになるからです。これは非常にたいへんなことです。決して無計画ではできません。

だからこそ、避妊をして無計画なこづくりを学生として、してしまわないようにしましょう。

7. 子育ては覚悟のない大学生には厳しい

もめるカップル

仮の子供ができてしまったとしましょう。

さらにお金もそれなりにあるので生むと仮定した場合。さて、大学生が子育てをしながら学校に通うことが可能でしょうか。そして、就職活動を行うことが可能でしょうか。

いかにも無理なシチュエーションかもしれませんがこれを見れば、明らかなとおり、学生が子供を産んで育てていくことは非常に難しいということになります。

だからこそ、避妊をすることで過ちが起こらないようにしないといけません。いたってシンプルな結論であるといえるでしょう。

8. 子供はお互いが合意で作るべき

足アップ(男女・子供靴)

避妊はもちろん、子供ができないようにするために行うべきことです。

そして、子供を作る際には何といってもお互いが合意で作ろうという意思をかためて行うことが大前提になります。当たり前のことながら、いざ、性交渉を行う際にはこの大前提を意識することが薄れがちになります。

だからこそ、まずは子供はお互いが合意でつくるべきもの、そのつもりがないのであれば、必ず避妊をという考え方をしっかり持ちましょう。

9. 一時の快楽よりも長い人生を常に考えて

手アップ(FOREVER)

生物の中でもこれだけ性行為と生殖行為の混同が大きい生物はありません。

もちろん、生殖行為としてだけではなく、異性とのコミュニケーションを考えたうえでも非常に重要な行動であることはよくわかっています。

しかしながら、あくまでも一時の快楽であり、楽しみで和えうろいうことも忘れてはなりません。ここで妊娠という結果が生まれた場合には長い人生を考える必要がでてきます。

だからこそ、避妊をしっかり行うこと、これが必然的に必要になってくるのです。

10. 避妊は男性、女性問わず、マナーだから

バスタオル(花)

避妊はいわゆる性行為を行う際の最低限マナーです。本来は性行為は繁殖のため、こどもを作るために行うというのが基本です。

それを人間が快楽の意味を持って楽しんでいるわけで結婚してない期間は避妊をすることが当たり前であり、最低限のマナーになるわけです。このマナーが守れないようであれば、性行為を楽しむという意味を持って行うことは許されないことです。

だからこそ、まずは性行為によってどんな影響があり、避妊はどうあるべきかしっかり学ぶことが重要になってくるのです。

大学生で妊娠が怖いならしっかり避妊したほうがいい理由


結婚

学生結婚という観点で考えてみましょう。ドラマや映画の世界では美しく描かれることもあるかもしれません。しかし、それほど簡単ではありません。

それも子供ができてしまったからという理由で結婚してもうまくいかないでしょう。

だからこそ、論理的に考えてもまずは「しっかり避妊しておくことが大事なのです。

男女(結婚・モノクロ)

子供をつくるということは入籍という新たな家族になるという大前提を考えることになります。

子供の親として二人でいっしょにやっていける自信がない、または生涯連れ添う存在ではないと考えているのであれば、安易に子供を作ることはゆるされないでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!