恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180106091525.html
計画性がない男と結婚する5つのデメリット

計画性がない男と結婚する5つのデメリット | 恋のミカタ

恋のミカタ
計画性がない男と結婚する5つのデメリット

交際中の男性との結婚を考えた時、「でも、彼は計画性がないから心配」と感じることもあるでしょう。 ここでは、計画性のない男性と結婚することにはどんなデメリットがあるのか見ていくことにしましょう。

  • 出世があまり期待できない
  • 突然、仕事を辞めてしまうリスクがある
  • ライフプランを考えない
  • 家計管理が大変
  • 子育てや子どもの教育も無計画
  • まとめ

1. 出世があまり期待できない

出世があまり期待できない

どんな仕事でも、事前にしっかりと計画を立てて始めたほうが、行き当たりばったりに始めるよりもうまくいくものです。 たとえば、その日にこなさなければならない仕事が4つあったとします。 計画性のある人は、4つの仕事の優先順位を見極め、段取りを考えてから仕事を始めるため、効率よく仕事をこなすことができます。

計画性のない人はそうではありません。 行き当たりばったりに仕事を始めるため、仕事が途中で滞ったりして、効率的に進めることができないのです。 つまり、計画性のない男性は、仕事で思うような成果を上げることができません。

当然、上司からの評価も低いものになってしまうでしょう。 その結果、ほかの人よりも出世が遅れるということがよくあるのです。 仕事ができないため、出世をあまり期待できないこと、これが計画性のない男性と結婚するデメリットということになるでしょう。

2. 突然、仕事を辞めてしまうリスクがある

突然、仕事を辞めてしまうリスクがある

昔と比べ、一生一つの企業に勤める人は少なくなっています。 仕事が合わないと感じたり、キャリアアップを目指すために転職するケースが少なくありません。 その場合、なによりも大切なのが「計画性」と言っていいでしょう。 転職を考えた時に、いきなり仕事を辞めてしまう計画性がない人がいますが、これが大変にリスキーです。

転職先がすぐに決まるという保証はどこにもありません。 失業保険はすぐに出るというものではありませんから、職を失ってからの生活費をどうするかという問題が出てきます。 なかなか就職先が決まらなければ焦りが生じ、その結果よくない条件のところに就職してしまうということもあるでしょう。

独身であればそれでもいいですが、家庭を持ちながらそんなリスキーな転職をされては、家族は困ってしまいます。 転職先を決めないうちに、いきなり今の仕事を辞めてしまうリスクが小さくないこと、これも、計画性のない男性と結婚するデメリットなのです。

3. ライフプランを考えない

ライフプランを考えない

計画性のない男性は、自分の人生について考えるということをしません。 行き当たりばったりで、その日、その日を漫然と送るだけで、将来を見すえたライフプランを考えるということはないのです。 結婚した男性がこいうタイプだと、女性は自分一人で夫婦のライフプランを考えなくてはならなくなるでしょう。

たとえば、マイホームを購入する場合、どれくらいの物件をいつ頃購入するか、そのための資金作りをどうするかを、女性一人で考えることになります。 夫に相談しても、「任せる」という答えが返ってくるのが、計画性のない男性です。 子どもはどうするかといった、夫婦にとって大変重要なテーマについても、計画性のない男性は自分の頭で考えようとしません。

これでは、奥さんはストレスがたまるばかりでしょう。 ライフプランを考えないため、女性が一人でそれを考える必要があること、その結果、女性のストレスが多くなること、これも計画性のない男性と結婚するデメリットということになるでしょう。

4. 家計管理が大変

家計管理が大変

お金の使い方がルーズというのも、計画性のない男性の特徴でしょう。 おそらく、独身時代は無計画に、欲しいものがあるとかんたんにそれを買っていたに違いありません。 その結果、預貯金があまりないというケースが少なくないのです。 独身時代はそれが許されても、結婚すればそうはいきません。

夫婦や家族が生きていくために、また、将来に備えて貯えをしっかりするために、入ってきたお金を計画的に使い、管理する必要があるのです。 計画性のない男性と結婚すると、女性は自分一人で家計を管理し、夫の無駄づかいに目を光らせなくてはならなくなるでしょう。

夫のお金の使い方が原因で、夫婦が衝突してしまうということもあるかもしれません。 そうでなくても、計画性がない男性と結婚すると、家計の管理が大変になることは間違いありません。 これも、計画性のない男性と結婚するデメリットなのです。

5. 子育てや子どもの教育も無計画

子育てや子どもの教育も無計画

夫婦二人だけの生活でも、計画性をもって進めていくべきですが、子どもができればなおさらそうでしょう。 たとえば、保育園や幼稚園はどうするか、習い事はさせるのか、させるとしたら何をさせるのか、お受験はするのか、どんなふうにしつけるのかなどなど、子どもを育て教育していくためには、どうしても計画性が必要なのです。

計画性がない男性は、そうしたことについて夫婦で話し合うことが苦手です。 そのため、子育てや子どもの教育を奥さんに丸投げしてしまうケースが少なくありません。 子どもを育てる責任を押し付けられた奥さんは、小さくないストレスを感じることでしょう。 計画性のない男性と結婚することには、こんなデメリットもあるのです。

まとめ

計画性のない男性と結婚する場合に考えられるデメリットを5種類紹介しました。 そういう男性と交際している女性は参考になさってください。

交際中の男性との結婚を考えた時、「でも、彼は計画性がないから心配」と感じることもあるでしょう。 ここでは、計画性のない男性と結婚することにはどんなデメリットがあるのか見ていくことにしましょう。


出世があまり期待できない

どんな仕事でも、事前にしっかりと計画を立てて始めたほうが、行き当たりばったりに始めるよりもうまくいくものです。 たとえば、その日にこなさなければならない仕事が4つあったとします。 計画性のある人は、4つの仕事の優先順位を見極め、段取りを考えてから仕事を始めるため、効率よく仕事をこなすことができます。

計画性のない人はそうではありません。 行き当たりばったりに仕事を始めるため、仕事が途中で滞ったりして、効率的に進めることができないのです。 つまり、計画性のない男性は、仕事で思うような成果を上げることができません。

当然、上司からの評価も低いものになってしまうでしょう。 その結果、ほかの人よりも出世が遅れるということがよくあるのです。 仕事ができないため、出世をあまり期待できないこと、これが計画性のない男性と結婚するデメリットということになるでしょう。

突然、仕事を辞めてしまうリスクがある

昔と比べ、一生一つの企業に勤める人は少なくなっています。 仕事が合わないと感じたり、キャリアアップを目指すために転職するケースが少なくありません。 その場合、なによりも大切なのが「計画性」と言っていいでしょう。 転職を考えた時に、いきなり仕事を辞めてしまう計画性がない人がいますが、これが大変にリスキーです。

転職先がすぐに決まるという保証はどこにもありません。 失業保険はすぐに出るというものではありませんから、職を失ってからの生活費をどうするかという問題が出てきます。 なかなか就職先が決まらなければ焦りが生じ、その結果よくない条件のところに就職してしまうということもあるでしょう。

独身であればそれでもいいですが、家庭を持ちながらそんなリスキーな転職をされては、家族は困ってしまいます。 転職先を決めないうちに、いきなり今の仕事を辞めてしまうリスクが小さくないこと、これも、計画性のない男性と結婚するデメリットなのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!