恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170429143500.html
こんな女性と結婚したら後悔、結婚には避けるべき女性

こんな女性と結婚したら後悔、結婚には避けるべき女性 | 恋のミカタ

恋のミカタ
こんな女性と結婚したら後悔、結婚には避けるべき女性

こんな女性と結婚したら後悔する、結婚には避けるべき女性まとめました。

  • 一生に一回の結婚、女性をしっかり見極めて結婚しましょう
  • 料理が出来ない・作らない女性
  • 片づけられない女子
  • 見栄っ張りな女性
  • 金遣いが荒い・金銭感覚がおかしい女性
  • 気が多く浮気性の女性
  • 夫の両親や親戚を毛嫌いする女性
  • 自分(妻)の実家に依存 している女性
  • 浮気は許さないが夫婦生活も拒否する女性
  • 束縛や嫉妬心の強い女性
  • 女としての努力や意識が薄い

一生に一回の結婚、女性をしっかり見極めて結婚しましょう

結婚相手とは一生支え合って仲睦まじく暮らしていきたいと誰もが思っているはずです。 そう思って結婚をしたのに、結婚後自分の選択を後悔する男性が後をたたないのは何故でしょう。

結婚後の男性の幸せは、妻に選んだ女性次第で決まると言っても過言ではありません。 結婚して後悔する女の特徴を押さえて、人生最大の失敗を回避しましょう。

料理が出来ない・作らない女性

料理

男は胃袋で掴む、そんな言葉もあるように料理の上手な女性が奥さんになったら最高です。 逆に料理が出来ないもしくは作らない奥さんの場合、年月が経つ程に結婚を後悔する男性は多くなります。 食事というのは身体の資本であり、活力源でもあります。

どんなに美味しくても外食ばかりでは飽きてしまうし、バランスも偏りがち。 それに仕事から疲れて帰宅したら、自宅で家庭料理をゆっくりと落ち着いて食べたいものですよね。 特に年齢を重ねるとより家庭料理が恋しくなるものです。

いつも食べるものだからこそ最重要

食事は毎日のことだからこそ、家に帰っても食事が用意されていなかったり、不味い料理を毎日我慢して口にすることはかなりのストレスとなる事でしょう。 だからこそ、やっぱりちゃんと料理の出来る・作ってくれる女性を選ぶ事が後悔しない結婚生活を送る為の基本になるのです。

片づけられない女子

卓上散らかり

最近、部屋を片づける事の出来ない女性が増えているといいます。 部屋が汚いと精神衛生上にも良くありませんし、身体も休まりません。

整理整頓が出来ないから、どこに何があるのか分からずストレスになったり、大切な物や必要な物が無くなったりと夫婦喧嘩の元にもなってしまうのです。

だらしがない女性が多い

片づけられない女性は、往々にして生活面でだらしなかったり物事を順序立てて組み立てられない人が目立ちます。 交際中はあまり問題にならない部分ですが、結婚は生活を共にするものですからこうした片づけられない女性を妻にして後悔する人は少なくありません。

見栄っ張りな女性

女性(両手腰・口尖らせ)

とにかく他人に対して見栄っ張りな女性と結婚をすると、後悔する事になるでしょう。 持ち物や車、住む場所まで身の丈にあったものを選ぶという事が出来ません。

また夫の学歴や職業、社会的地位なども周りと比較して見栄を張りたがるので夫にまで被害が及びます。 見栄のせいで無駄に浪費をするなど、金銭的な面でもトラブルが起きがちなのが見栄っ張り女の特徴です。

安心できる女性が最高

こうした女性と結婚をすると、心が休まる事はなく精神的に辛い結婚生活を送るはめになるでしょう。

金遣いが荒い・金銭感覚がおかしい女性

女性(買い物1)

金遣いが荒かったり、金銭感覚がおかしい女性も結婚相手としてはかなり要注意人物です。 こうした女性と結婚をすると、例え共働きでもお金を貯める事は出来ず、将来の計画に影響を及ぼすことさえあるでしょう。

金遣いが荒い女性との結婚は、特に子供が出来てから激しく後悔する男性が多いものです。 子なしでお互いに働いている分には何とか生活をしてこれても、子供が産まれるとそうはいきません。

金銭感覚は子供が生まれてもなかなか変われない

子供が産まれたら変わるというのは甘い考えで、身についてしまった金銭感覚は簡単に変わる事はないのです。 最悪の場合、借金に手を出して生活が破綻するケースも珍しくありません。

結婚して後悔する女性の特徴の中でも悲惨さは上位クラスだと言えます。

気が多く浮気性の女性

男女(デート・夕日)

異性トラブルを起こすのは、夫だけだと思ったら大間違い。 女性の中には男性以上に気が多く浮気性の人がいます。

交際中から男性関係に問題があったり、惚れっぽいなどの特徴がある女性は結婚してもその本質は変わりません。 夫一人では満足出来ない妻は、結婚後も他の男性を好きになってしまったり、浮気や不倫を繰り返えす事が。

一番怖いパターン

中でも怖いのは、男性は妻が自分以外の男の子供を妊娠しても分からないという事です。 もしかしたら愛する我が子が別の男の子供かもしれない、気が多く浮気性の女性と結婚するとそんな心配までつきまとうのです。

夫の両親や親戚を毛嫌いする女性

女性(綺・暗6)

自分の両親や親戚付き合いは熱心にするのに、夫の両親というだけで毛嫌いをして付き合いを拒む女性は少なくありません。 確かに妻にとって夫側の両親や親戚との付き合いは、何かと面倒な事も多いものです。

しかし、頑なに夫の実家に顔を出さない、行事に出席しない、子供の顔を見せない様では夫として立場はありません。 そんな女性と結婚すると、実家の両親と妻の間で板挟みになってストレスを感じる事もあるでしょう。

また、自分の親を蔑ろにされるのは当然気持ちの良いものではありませんから、夫婦関係が上手く行かなくなるキッカケにもなってしまいます。

自分(妻)の実家に依存 している女性

部屋(洋風リビング6・TV)

自分の実家や両親への依存性が強い女性も結婚して後悔する女性の特徴のひとつです。 夫をおいて実家に帰省し長期間帰らなかったり、子育てに関しても夫ではなく実家へ依存。

全てにおいて夫よりも実家を優先する女性だと、自分の存在意義が分からなくなってしまいます。 結婚して家庭を持ち、家族が出来ても夫である自分は蚊帳の外。

疎外感を強く感じ、結婚を後悔する事になるでしょう。

浮気は許さないが夫婦生活も拒否する女性

女性(拒否1)

浮気は絶対に許さないものの、夜の夫婦生活も拒否する女性と結婚して後悔する男性も少なくありません。

浮気は出来ない、それなのに夫婦生活もないでは男としてのフラストレーションは大いに溜まってしまうでしょう。

特に若くしてこういったタイプの女性と結婚をすると、後悔する事が多くなりますね。

束縛や嫉妬心の強い女性

飲み会

例えば交際はじめのちょっとした束縛や嫉妬は、可愛いと思えるかもしれません。 しかし、結婚後の激しい束縛や嫉妬心は心身共に憔悴してしまうものです。

仕事で遅くなったり、付き合いでの飲み会にも嫉妬されるなど、1日24時間365日束縛されては堪ったものではありません。

メンヘラの女性は注意

1日に何度も連絡をいれてきたり、GPSで行動を撤退的にマークされるなど、中には仕事に影響が出てしまうことも。

過ぎた束縛や嫉妬心の強い女性との結婚は考えものですね。

女としての努力や意識が薄い

女性(倦怠4・見上げ)

女性としての意識が薄く、美容にも全く努力をしない妻は正直なところ夫としては辛いものです。

年齢とともに外見が衰えるのは仕方ありませんが、そこに全く努力が見られないと悲しくなってしまいますね。

また、言葉遣いが悪くなったり裸で夫の前をウロウロするなど女性らしさが欠けると結婚した事を後悔してしまいますね。

最後にまとめ

結婚して後悔をしている男性の妻には、上記の様な特徴が見られます。 結婚してからでなくては分からない事も少なくありませんが、出来るだけ交際中に女性の特徴を見極めて後悔しない女性を結婚相手として迎えたいものですね。

こんな女性と結婚したら後悔する、結婚には避けるべき女性まとめました。


結婚相手とは一生支え合って仲睦まじく暮らしていきたいと誰もが思っているはずです。 そう思って結婚をしたのに、結婚後自分の選択を後悔する男性が後をたたないのは何故でしょう。

結婚後の男性の幸せは、妻に選んだ女性次第で決まると言っても過言ではありません。 結婚して後悔する女の特徴を押さえて、人生最大の失敗を回避しましょう。

料理

男は胃袋で掴む、そんな言葉もあるように料理の上手な女性が奥さんになったら最高です。 逆に料理が出来ないもしくは作らない奥さんの場合、年月が経つ程に結婚を後悔する男性は多くなります。 食事というのは身体の資本であり、活力源でもあります。

どんなに美味しくても外食ばかりでは飽きてしまうし、バランスも偏りがち。 それに仕事から疲れて帰宅したら、自宅で家庭料理をゆっくりと落ち着いて食べたいものですよね。 特に年齢を重ねるとより家庭料理が恋しくなるものです。

いつも食べるものだからこそ最重要

食事は毎日のことだからこそ、家に帰っても食事が用意されていなかったり、不味い料理を毎日我慢して口にすることはかなりのストレスとなる事でしょう。 だからこそ、やっぱりちゃんと料理の出来る・作ってくれる女性を選ぶ事が後悔しない結婚生活を送る為の基本になるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!