恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180528162541.html
女性が働きやすい職場の条件・特徴

女性が働きやすい職場の条件・特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
女性が働きやすい職場の条件・特徴

既婚者であろうと未婚者であろうと女性の働きやすい職場とそうでない職場があります。

では、どういった職場であれば女性は働きやすいのでしょうか? 女性が働きやすい職場の条件・特徴15選をご紹介します。

  • 子育て経験者が多い
  • 管理職が育児経験者や家族の介護経験者
  • 休みを取りやすい
  • 基本的には残業なし
  • 制度が多く、利用者が多い
  • 男尊女卑がない
  • 男性と女性のトイレが別
  • いい意味で上下関係がない
  • 在宅ワークが可能
  • 出勤時間が一定
  • カレンダー通りの休み
  • 差別がない
  • 男性が少ない
  • 付き合いが少ない
  • 資格がいらない
  • まとめ

1. 子育て経験者が多い

子育て経験者が多い

これは既婚者や未婚者に関係なく、子育て経験者が多い職場は女性にとって働きやすいのが特徴です。

その理由ととしては既婚者の場合、子供の相談をしやすかったり、妊娠した時に色々と協力をしてくれたり共感してくれたりします。 また、未婚者の場合であっても「結婚すると大抵の男性は〇〇になるよー」などと結婚について色々教えてくれたり、恋愛相談にも乗ってくれたりします。

子育て経験者が多い職場では育休などに対しての理解があるのも女性が働きやすいと思える職場の条件でしょう。

2. 管理職が育児経験者や家族の介護経験者

管理職が育児経験者や家族の介護経験者

性別に関係なく管理職が育児経験者の場合妊娠をした時や、家族の介護等などで忙しい時に気遣ってくれ、いいシフトの組み方をしてくれたり、休暇後の復帰場所を負担の少ない課に移動させてくれたりします。

こうした理由から育児経験者や介護経験者の人が管理職だと女性は働きやすさを感じるのが特徴です。 介護経験者ではなくても、育児経験者だということが絶対条件とも言えるでしょう。

3. 休みを取りやすい

休みを取りやすい

既婚者や未婚者に関係なく休みを取りやすい職場が女性の働きやすい職場の特徴です。

また、休みが取りやすいというだけではなく、休み明けに出勤した時に「こんな忙しい時に休んで…」などと心の中で思われ、嫌な顔をしてくるのではなく「お休み満喫できたー?」と笑顔で気軽に話しかけてくれるようなフレンドリーな職場というのが女性の働きやすい職場の条件でもあります。

また、既婚者の場合子供の急な発熱等で休まなければならない時も休みを取りやすい職場のというのも働きやすさを感じる条件でしょう。

4. 基本的には残業なし

基本的には残業なし

女性は出社前に早起きをしてメイクをしたり髪の毛をセットしたり長時間ヒールを履いたり、異性の上司に愛想を振りまいたりしなくてはなりません。

そのため仕事中は心身ともに疲れやすいため基本的に残業のない職場に働きやすさを感じるのが特徴です。 また、既婚者の場合どうしても子供のお迎えに行かないといけない人のみ残業をその日のみ残業を免除してくれるなどといった会社が条件とも言えるでしょう。

基本的に残業がなく毎日定時で上がれるような会社であれば女性は予定が組みやすく基本的に働きやすさを感じます。

5. 制度が多く、利用者が多い

制度が多く、利用者が多い

産休や育休、時短や看護休暇、介護休暇等の制度が整っているのが女性の働きやすい職場の条件でしょう。

産休や育休があっても介護休暇がない職場も少なくないため、こうした制度が多く整っていて、制度を利用している人が多い職場を女性は選んだりします。 制度が多く整っていたとしても、利用している人が少ない職場を選ぶ女性はほとんどいないのが特徴です。

6. 男尊女卑がない

男尊女卑がない

最近では既婚者や未婚者に関係なく「バリバリと働きたい」と思っている女性が沢山います。

そのため女性は職場に対して男尊女卑がないということを条件としていたりします。 そしてお茶汲みやコピー等の雑務のない職場を女性は選ぶのが特徴とも言えます。

お茶汲みやコピーは昔から"女性の仕事"と思っている古い人間も存在するため、それを防ぐためにこうした雑務を女性に押し付けようとしない男尊女卑がない職場を選んだりします。

7. 男性と女性のトイレが別

男性と女性のトイレが別

最近ではあまりありませんが、男性と女性のトイレが別ということを条件に入れる女性も少なくありません。

コンビニなどでは時々共同トイレがありますが、共同トイレの場合落ち着かなかったりしますよね。 女性には毎月月経があったり、排泄リズムが勤務中であったり、トイレでオナラをする女性だっています。

それなのに男性と女性のトイレが同じではトイレなのにゆっくりすることができません。 なので、トイレが共同ではない職場に働きやすさを感じる女性が多いのも特徴です。

8. いい意味で上下関係がない

いい意味で上下関係がない

「会社は縦社会だ!」「上司が言うことは絶対だ!」というような職場ではないというのが条件です。

こうした職場ではお給料を貰っているのにやりがいを感じなかったり、なんとも言えない感情になりやすかったりします。 ですが、いいい意味で上下関係のない会社の場合会議等で意見が言いいやすかったり、上司に提案することが気軽にできるためやりがいを感じたり、「仕事楽しいな」と感じることができるのが女性が思う働きやすい書庫桜葉の特徴です。

9. 在宅ワークが可能

在宅ワークが可能

様々な理由で出社しての仕事が難しい場合、「在宅で仕事をしたい!」と思ってしまう女性も少なくありません。

なので、パソコンやスマホが普及している時代だからこそ出社せずに在宅ワークができる職場に女性は働きやすさを感じるのが特徴でしょう。 在宅ワークであれば自分のペースで仕事をすることができたり、やらなくてはいけないことを仕事をしながら同時進行ですることができるため在宅ワークを条件に入れる女性も多く存在します。

10. 出勤時間が一定

出勤時間が一定

早番や遅番、夜勤等がある職場では不規則なライフスタイルになってしまうことから「働きやすい」と感じられる職場ではありません。

そのため出勤時間が一定の職場ということが条件の女性がほとんどです。 その理由としてはライフスタイルを大切にしたい人や、家族との時間を沢山持ちたいと感じている女性が多くいるのが特徴とも言えます。

一定の出勤時間であれば不規則な生活になることなく予定も立てやすかったりします。

11. カレンダー通りの休み

カレンダー通りの休み

未婚者であればそれほど気にはしませんが、既婚者の場合カレンダー通りの休みを絶対条件にしている女性がほとんどです。

カレンダー通りの休みでない場合、休日なのに子供を預けなければならなかったり、子供の夏休みや冬休みといった長期の休みに一緒に過ごすことが難しくなってしまうため、既婚者の女性はカレンダー通りの休みの職場に働きやすさを感じやすいのが特徴です。

12. 差別がない

差別がない

男尊女卑ではなく、女性間の差別がない職場に働きやすさを感じるのが特徴です。

"あの子はスカートが短くてもいいけれど、あなたはダメ!"や"暇そうだからみんなのお弁当買ってきて"などというような一見差別されているようには思えませんが、容姿や仕事量で判断されてしまっています。 こうした差別をしている職場では女性は働きにくさどころか居づらさを感じてしまいます。

そのため、差別のない和気あいあいとした職場を女性は条件とします。

13. 男性が少ない

男性が少ない

男性が多い職場の場合妊娠期間に「使えない」と思われてしまったり、育休後に仕事復帰すると久しぶりの仕事ということもあって「仕事が遅い…」などと思われてしまい、男性に頭が上がらない状態での仕事になってしまいます。

なので男性が少ない職場が女性が働きやすさを感じる条件とも言っていいでしょう。 男性が少ない職場の場合女性の出世もしやすくなるためより働きやすさを感じるのが特徴でしょう。

14. 付き合いが少ない

付き合いが少ない

飲み会や外でのランチ等が少ない職場に女性は働きやすさを感じます。

頻繁に飲み会や外でのランチがあると付き合いのため金欠であっても「金欠だから…」と言って断ることができず、無理して付き合っていると働きにくさだけではなく居心地の悪さを感じ始めてしまうのが女性の特徴です。

そのため、付き合いは少ないけれど職場の雰囲気が良い職場を条件にしている女性がほとんどです。

15. 資格がいらない

資格がいらない

仕事の内容によって"〇〇の資格を持っていないと〇〇はできません"という仕事内容があったり、"〇〇の資格は全員が取得"等の資格ばかりある職場では女性は働きにくさを感じてしまいます。

というのも、資格を持っていない仕事内容があった時にその資格を持っている人に毎回頼みにくかったり、全員取得の資格等があると「落ちたらどうしよう」というプレッシャーから仕事に行くことが嫌になってしまったりします。 ですが資格がいらない職場であればみんな同じレベルで仕事ができるため、働きやすいのが特徴です。

まとめ

女性によって働きやすさを感じる職場は様々ですが、仕事内容や勤務時間、制度等はそれほど気にせず、通勤時間や高時給、シフト制を条件にし、自分のライフスタイルに合った職場に働きやすさを感じる女性もいるようです。

女性が職場に対して働きやすさを感じるのは仕事内容はもちろんですが、ベースとして人間関係を重視しているのが特徴とも言えるでしょう。

既婚者であろうと未婚者であろうと女性の働きやすい職場とそうでない職場があります。

では、どういった職場であれば女性は働きやすいのでしょうか? 女性が働きやすい職場の条件・特徴15選をご紹介します。


子育て経験者が多い

これは既婚者や未婚者に関係なく、子育て経験者が多い職場は女性にとって働きやすいのが特徴です。

その理由ととしては既婚者の場合、子供の相談をしやすかったり、妊娠した時に色々と協力をしてくれたり共感してくれたりします。 また、未婚者の場合であっても「結婚すると大抵の男性は〇〇になるよー」などと結婚について色々教えてくれたり、恋愛相談にも乗ってくれたりします。

子育て経験者が多い職場では育休などに対しての理解があるのも女性が働きやすいと思える職場の条件でしょう。

管理職が育児経験者や家族の介護経験者

性別に関係なく管理職が育児経験者の場合妊娠をした時や、家族の介護等などで忙しい時に気遣ってくれ、いいシフトの組み方をしてくれたり、休暇後の復帰場所を負担の少ない課に移動させてくれたりします。

こうした理由から育児経験者や介護経験者の人が管理職だと女性は働きやすさを感じるのが特徴です。 介護経験者ではなくても、育児経験者だということが絶対条件とも言えるでしょう。

1 / 6
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!