恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170817154944.html
眠たくなる声で話す人の特徴

眠たくなる声で話す人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
眠たくなる声で話す人の特徴

眠たくなる声で話す人に共通する10の特徴をまとめました。



  • 声のトーンなどが一定
  • 相手の反応を伺わずに一人で話してしまう
  • 言葉が難解
  • 低い声
  • 適度な音量とスピード
  • 聞き取りにくい声
  • せかせかとした口調
  • 声が単調
  • f分の1ゆらぎ
  • 話すスピードが同じ

1. 声のトーンなどが一定

声のトーンなどが一定

頭のキレる人の話し方というのは、頭の中で文章を整理して、構成できてしまいますから、言葉がすらすらと出てきます。

話上手な人は、周囲の人の反応を見ながら、柔軟な対応ができ、それに対応した話し方をすることができますが、眠たくなる声で話す人というのは、声のトーンやテンポ、スピードが一定になってしまいます。

声の強弱や抑揚などを無視してしまうと、感情がこもりませんから、聞き手を眠らせてしまいます。

2. 相手の反応を伺わずに一人で話してしまう

相手の反応を伺わずに一人で話してしまう

話し上手な人というのは、聞き手の反応を見て声のトーンやテンポ、スピードなどに変化を付けていますが、眠たくなる声で話す人というのは、自分で自分の話に酔っている場合があり、聞き手がついてこられていないことに気づいておらず、自分が理解しているから、相手も理解していると思いこんでしまいます。

こういった場合、聞き手も理解しようと努力はしますが、ペースを落とさずに進んでしまうため、途中で脱落してしまい、理解することができず、眠たくなってしまいます。

3. 言葉が難解

言葉が難解

眠たくなる声で話す人の特徴として、言葉が難解ということがあげられます。

難しい言葉が次から次へと出てくると、話についていくことができず、眠たくなってしまいます。

また、プレゼン用のスライドなどで、細かい文字や難解な言葉を使う人もいますが、こういったものは、聞き手の視力などを気にせずに細かい文字を使う場合が多く、理解することができないことも少なくありません。

プレゼン用のスライドなどを見やすくするためには、専門用語を使用せず、誰にでもわかる表現で伝えることが大切です。

プレゼンをする方からすると、難しい専門用語を使ったり、細かい資料を見せた方が、簡単ですが、聞き手にはそれを分解して理解してもらうのは難しく、なかなか内容を伝えることができません。

眠たくならないようにするためには、聞く人の目線や思考を考えて、伝わるスライドと伝わる言葉をきちんと用意することが大変重要です。

4. 低い声

低い声

低い声というのは、高い声よりも安心感を覚えることが多く、心に響いてくるような声を聞くと、自然と気持ちが落ち着いてきます。

また、低い声というのは、説得力があるように聞こえて、信頼できる印象も与えることができます。

5. 適度な音量とスピード

適度な音量とスピード

声の質以外にも、話すときの声量と話すときのスピードはとても大切で、相手に落ち着きを与え、眠たくなる声で話す人というのは、適切な音量で話しています。

早口で話すと、せかせかとして急いでいるような印象を与えてしまいますが、ゆっくりとした口調は、相手を落ち着かせて、安心感を与えることができます。

6. 聞き取りにくい声

聞き取りにくい声

なにを話しているかわからないような聞き取りにくい声というのは、意味を理解することができず、眠たくなる声といえます。

一方、はっきりと聞き取りやすい声で話すと、安心感を与えることができ、人の耳をいやすことができます。

7. せかせかとした口調

せかせかとした口調

せかせかと早口で話すと、なかなか話の意味を理解することができず、眠たくなることがあります。

一方、ゆったりと余裕が感じられるような口調というのは、安心感を与えることができ、落ち着いた気持ちにもなります。

8. 声が単調

声が単調

声が単調で抑揚がない人というのは、相手に対してまったくどんな印象を与えているかというのを考慮できていません。

そのため、眠気を誘ってしまいます。

9. f分の1ゆらぎ

f分の1ゆらぎ

f分の1のゆらぎの声の持ち主は、波の音と同じような効果があり、人の心をいやしてくれます。

そのため、眠たくなる声ともいえます。

自然界には、多くのゆらぎが存在していますが、どれも一定のようでいて予測できない不規則なゆらぎがあるのが特徴です。

規則的なものと不規則なものが調和した状態が、f分の1のゆらぎで、水の流れる音を聞くと、心がいやされるといったことも、このメカニズムによって起こります。

10. 話すスピードが同じ

話すスピードが一定の場合、話に抑揚がなく眠たくなってしまいます。

こういった場合には、意味にあわせた抑揚の付け方をし、棒読みになってしまわないように共感を得られる話し方をすることが大切です。

話し手の感情は伝染してしまいますから、共感を得られる話し方をするために、声に抑揚をつけることが大切です。

きちんと使い分けることで、一本調子の話し方ではなくなりますから、眠たくはなりません。

また、だた聞いているだけでは、常に受け身になって眠たくなってしまいますから、相手が眠たくならないように、聞き手の反応を伺いながら質問を交えて話すということも大切です。

質問を投げかけることで、聞き手はいろいろと思考しますから、返答がなくてもただ考えてもらうことで眠気を吹き飛ばすことができます。

聞き手の反応を見て、理解していなさそうな表情があった場合には、質問を投げかけることが効果的です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!