恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170908142220.html
自分の世界観がある人に共通する15の特徴

自分の世界観がある人に共通する15の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
自分の世界観がある人に共通する15の特徴

自分だけの独特な世界観がある人、どこかミステリアスでもあり同性であればなぜか気になり、異性であればつい惹かれてしまうといったことがあります。 そのような自分の世界観がある人の特徴をまとめました。 参考にどうぞ。

  • 人と群れない
  • 物静かである
  • 服装のセンスなど独自のこだわりがある
  • 大人しくしていても存在感がある
  • 自分なりの考えをしっかり持っている
  • 長いものに巻かれない
  • お金儲けよりもやりがい
  • 読書好き
  • 考え事が多い
  • 集中力が高い
  • 夢中になったら寝食を忘れる
  • どこか浮世離れしている
  • 好き嫌いがはっきりしている
  • 情緒が安定している
  • 恋愛が長続きしないイメージ
  • まとめ

1. 人と群れない

人と群れない

自分の世界観がある人というのはそこまで他人に興味ない人です。 無関心といってもいいかもしれません。

人と無理に合わせる意味もわかりません。 ですから合わないと思えば一緒にいることもなく一人でいます。 安易に人と群れない、また一人でいる様子がさまになるのも特徴です。

2. 物静かである

物静かである

自分の世界観がある人は物静かで落ち着いているといった印象です。 騒々しくして人の注目を集めたり、誰かとつるんでいないと何もできないということもありません。 常に一人で完結することができるといいますか、一人で楽しむことも上手です。

3. 服装のセンスなど独自のこだわりがある

服装のセンスなど独自のこだわりがある

自分の世界観のある人は服装も個性的です。 雑誌で見た通りの組合せ、流行りのアイテムに興味は持ってもそのまま真似をすることはなく自分なりの着こなし方ができます。 そのため少々奇抜なファッションセンスになる人もいますが誰にも真似できないものを持っているのです。

4. 大人しくしていても存在感がある

大人しくしていても存在感がある

自分の世界観のある人というのは大人しくしていても存在感があるので結果的に目立ってしまいます。 どんな場においても自分らしさを失わない、埋もれないということも関係があります。 ですから組織に所属していると悪目立ちしてしまうこともありますし、上司などから疎ましく思われることも時にあるでしょう。

5. 自分なりの考えをしっかり持っている

自分なりの考えをしっかり持っている

自分の世界観を持っている人は当然ですが、自分なりの価値観、考えをしっかりと持っています。 自分に関することはどうでもいいとか、どっちでもいいとか曖昧なことはありません。

でも人にそれを強要することはなくむしろ他人のことは無関心です。 ですから人づきあいで衝突するということは少ないです。

6. 長いものに巻かれない

長いものに巻かれない

自分の世界観のある人は人の意見に惑わされることも流されることもありません。 大事にしているのは自分の考えや感覚といった内から出てくるものです。 自分のメリットで長いものに巻かれることはありません。

7. お金儲けよりもやりがい

お金儲けよりもやりがい

自分の世界観のある人はお金に執着することが少ないのが特徴です。 そのため仕事も収入よりもやりがいや自分が好きかどうかを優先させる傾向があります。

8. 読書好き

読書好き

自分の世界観のがある人は読書家な人が多いです。 小さい頃から本を読むことで知識を深め、自分の世界に没頭する集中力を養っていたと考えられます。 友達と遊ぶより本を読む方が好きということで変わり者扱いされたり、インテリぶっていると嫌われることもありますが、本人は賢く見せたいというよりは単純に本を読むのが楽しく、想像の世界で遊んでいるのです。

9. 考え事が多い

考え事が多い

自分の世界観を持っている人はやはり普通の人より感受性が強く、一つの事に対しても深く考える傾向があります。 人によっては「気にしすぎ」「考えすぎ」と言う人もあるかもしれませんが、本人からすれば他の人はどうして何も思わない、考えないのだろうと思うばかりです。 よく考えるので一人で静かにしていることも多いのです。

10. 集中力が高い

集中力が高い

自分の世界観がある人はこれと思ったことに関しては集中力が高いのが特徴です。 好きなこと、興味のある分野にかけて才能を発揮するのはそういう理由があるのです。

11. 夢中になったら寝食を忘れる

夢中になったら寝食を忘れる

自分の世界観のある人はある意味マイペース人間です。 夢中になったら時間を気にせず、また寝食を忘れるほどのめり込む特徴を持っています。 ただし興味が持てない、好きではないとわかったらあっさり辞めてしまうところもあります。 仕事でも辞めると決めたら考えは変わりません。

12. どこか浮世離れしている

どこか浮世離れしている

自分の世界観のある人は流行にも興味がなかったり、一人部屋で過ごしていたり、ゆっくりしている様子がどこか浮世離れしたものを感じさせます。

なかにはSNSなど誘われても一切していないという人もいるでしょう。 とはいっても面白くない人というわけではなく非常に惹きつける魅力があるのが特徴です。 真似したいと人が思ってもなかなかできない個性を持っているのです。

13. 好き嫌いがはっきりしている

好き嫌いがはっきりしている

自分の世界観がある人の特徴は好き嫌いがはっきりしていることでしょう。 自分が何を好きか嫌いかということをちゃんと理解できているのです。 ですから服を選ぶにしても仕事の選択にしても人の意見を参考にすることもなく自分の感覚で決めてしまいます。

14. 情緒が安定している

情緒が安定している

自分の世界観のある人は普段から情緒が安定していて、おだやかです。 人は人といったスタンスですから何か言われても怒ることもなく受け入れます。 言い争いになることも少なく人間関係の終わりはあっさりしているもので、恋愛関係においても修羅場という感じにはなりません。

また去っていく相手に執着をしたり復縁を狙うようなこともありません。 どちらかといえば愛するよりも愛されることの方が多い印象です。

15. 恋愛が長続きしないイメージ

恋愛が長続きしないイメージ

自分の世界観のある人は恋愛をしても妥協したり、相手に合わせるということが得意ではなく自分を貫いてしまいます。 ですから最初は良くても相手がついていけなくなる、もしくは自分が束縛などを嫌って、すぐに別れてしまうこともあります。

魅力的ですから次々と相手は現れるのですが長続きはしないといったイメージもあります。 自分の事を全部受け入れてくれて、合わせてくれる、理解してくれる、崇拝してくれるといったタイプと出会うと上手くいきますが、自分から愛した場合は上手くいかなくなる確率が高くなります。

まとめ

以上自分の世界観がある人の特徴を紹介しました。 芸能人や才能のある人というのは自分の世界観、独特の個性がある方ばかりです。 魅力があって人を惹きつけるパワーがあります。

羨ましい才能ですが時にワガママであるとか、変わり者であるといったネガティブな印象を持たれてしまうこともあります。 いい面と悪い面とどちらも持ち合わせているのですが、向いていることを仕事にするとその方面では成功することが多いですね。

自分だけの独特な世界観がある人、どこかミステリアスでもあり同性であればなぜか気になり、異性であればつい惹かれてしまうといったことがあります。 そのような自分の世界観がある人の特徴をまとめました。 参考にどうぞ。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!