恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180324164826.html
AB型妻とAB型旦那の相性

AB型妻とAB型旦那の相性 | 恋のミカタ

恋のミカタ
AB型妻とAB型旦那の相性

AB型自体が少ないので、AB同士は珍しい組み合わせ。

夫婦としての相性はどうなのか、その特徴から探ってみました。

  • お互いに自分優先
  • お互いにヤキモチ
  • ケンカは徹底的に
  • 仲直りは早い
  • 適度な距離感
  • お互いが1番の理解者
  • まとめ

1. お互いに自分優先

お互いに自分優先

AB型は、自分の時間を持ちたがります。

AB型同士だと、ひとつの部屋に一緒にいながら、それぞれが好きなことをして過ごすのも珍しくないんです。 お互いがそれで満足しているときなら問題ないのですが、ひとりが「構って欲しい」と思っているときが大変。

もうひとりがそれに気づいていても、自分のやりたい事を優先させてしまうんですね。 これがケンカの原因なることもしばしば。

AB型の妻が構って欲しいのに、AB型の旦那が自分を優先という場合が多いようです。

2. お互いにヤキモチ

お互いにヤキモチ

AB型は、自分が束縛されるのも、相手を束縛するのも嫌います。

しかし、夫婦となると話は別。 AB型には、深く狭い人付き合いを望む一面もあります。

夫または妻という最も親しい相手だと、こちらの面が強く出てしまうんですね。 そのAB型同士なので、お互いに相手にヤキモチを焼く結果になってしまうのです。

相手がスマホをいじっていると気になったり、職場の飲み会からの帰りが遅いと気になったり。 いつまでたっても、相手のことが大好きだとも言えるのですが。

3. ケンカは徹底的に

ケンカは徹底的に

AB型は、自分の価値観や考えをしっかりと持っているのが特徴。

それが他人と合わないことがあっても、一歩引いて「この人とは合わないな」で済ませられます。 しかし、夫または妻が相手だと、「自分のことを理解して欲しい」と強く思ってしまうんです。

他の血液型の相手なら、そんなAB型をなだめて済ませられるのでしょうが、これがAB型同士となると、お互い納得するまで徹底的にやりあってしまいます。 クールなイメージのあるAB型夫婦のケンカが激しいのは、ちょっと意外ですよね。

4. 仲直りは早い

仲直りは早い

夫婦ゲンカは激しく徹底的にやるAB型夫婦ですが、仲直りは早いんです。

お互い言いたいことを言って落ち着くと、AB型の人に気を遣う部分が顔を出し、「ちょっと言い過ぎたかも」と心配になってしまいます。 それに、心を許せる相手には寂しがりの甘えたがりな2人。

さっきまでのケンカが嘘だったように、どちらからともなく仲直りしてしまうんです。 むしろ、「ケンカした後のほうが仲がいい」というAB型夫婦も。

それも、徹底的にぶつかり合えるAB型夫婦だからこそなんですね。

5. 適度な距離感

適度な距離感

AB型は、夫婦間でも相手との距離を保とうとします。

夫または妻であっても、自分という個人を大事にしたいから。 他の血液型からすると、それを「冷たい」「寂しい」と感じてしまうかもしれません。

しかし、AB型同士では、それを居心地良く感じられます。 もちろん、相手という個人も大事にしますから、「それぞれ自由にやっているけれど、いつも気持ちは寄り添っている」というような、適度な距離感を持った夫婦関係になれるんです。

6. お互いが1番の理解者

お互いが1番の理解者

AB型は、他の血液型の人から理解してもらえない部分も多いので、その分、AB型同士の仲間意識は強いんです。

AB型の趣味や考え方を、1番理解できるのもAB型。 AB型同士の会話は、独特すぎて他の人が入っていけなくなることも。

AB型の気分の変化や多面性を、1番理解してあげられるのもAB型です。 そんなAB型同士の夫婦は、まるで親友同士のようでもあります。

夫婦としても、人間同士としても、絆の強い関係になれるんですね。

まとめ

AB型妻とAB型旦那の相性は、悪いものではないようです。

それどころか、AB型の自分優先なところを抑え、AB型の気遣いの出来る部分を出せば、「お互いを最も理解しあえる、最高の夫婦」になれる可能性が。 そんなAB型同士の結婚は、まさに運命ですね。

AB型自体が少ないので、AB同士は珍しい組み合わせ。

夫婦としての相性はどうなのか、その特徴から探ってみました。


お互いに自分優先

AB型は、自分の時間を持ちたがります。

AB型同士だと、ひとつの部屋に一緒にいながら、それぞれが好きなことをして過ごすのも珍しくないんです。 お互いがそれで満足しているときなら問題ないのですが、ひとりが「構って欲しい」と思っているときが大変。

もうひとりがそれに気づいていても、自分のやりたい事を優先させてしまうんですね。 これがケンカの原因なることもしばしば。

AB型の妻が構って欲しいのに、AB型の旦那が自分を優先という場合が多いようです。

お互いにヤキモチ

AB型は、自分が束縛されるのも、相手を束縛するのも嫌います。

しかし、夫婦となると話は別。 AB型には、深く狭い人付き合いを望む一面もあります。

夫または妻という最も親しい相手だと、こちらの面が強く出てしまうんですね。 そのAB型同士なので、お互いに相手にヤキモチを焼く結果になってしまうのです。

相手がスマホをいじっていると気になったり、職場の飲み会からの帰りが遅いと気になったり。 いつまでたっても、相手のことが大好きだとも言えるのですが。

1 / 3
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!