恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180320172812.html
元カノの誕生日を憶えている男性。未練はある

元カノの誕生日を憶えている男性。未練はある | 恋のミカタ

恋のミカタ
元カノの誕生日を憶えている男性。未練はある

「彼氏が、元カノの誕生日を憶えているらしい」とか、「別れたのに、私の誕生日を忘れていないらしい」といったとき、男性心理をどう考えれば良いでしょう。 そこに未練は?

  • しっかり記憶したため、忘れることがない。未練はなし
  • 季節変化で気づいてしまう。未練はなし
  • 女性の誕生日が特徴的である。未練はなし
  • 別れてからのほうが、記憶が強くなっていく。未練はなし
  • 何らかのアクションを考えている。未練がある場合も
  • 彼女との誕生日イベントを思い出している。未練がある場合も
  • 各種記念日をすべて憶えている。未練がある可能性大
  • まとめ

1. しっかり記憶したため、忘れることがない。未練はなし

しっかり記憶したため、忘れることがない。未練はなし

この場合、感情ではなく、「ただの記憶」として誕生日を忘れないのです。

「あの日が忘れられない」のような意味ではなく「クリスマスイブが12月24日であることは、忘れることが不可能である」のようなものですね。 何故これが起きやすいかというと、男性はそもそも交際相手の誕生日や、初めてデートした日などにこだわらない傾向があるからです。

それゆえに「しっかり憶えよう」とし、別れて、未練がなくても憶えているのです。

2. 季節変化で気づいてしまう。未練はなし

季節変化で気づいてしまう。未練はなし

このケースでは、季節の移り変わりで、つい思い出してしまうというものです。「初夏の雰囲気が出てくる頃」とか、「猛烈に寒くはないけど、少し冬めいてくる頃」などの体感するイメージから、ふと「あ、○○の誕生日だ」と思ってしまうのです。

このケースでも、男性は単なる自然現象のように「記憶していること」を捉えます。未練は付随していません。

3. 女性の誕生日が特徴的である。未練はなし

女性の誕生日が特徴的である。未練はなし

元日や七夕、あるいは著名人の誕生日と同じであるなど、誕生日に特徴のある女性では、忘れられにくくなります。

1月23日、2月22日など、数字に特徴がある場合でも、同じですね。 たとえば著名人が誕生日であることをネットニュースなどで知り、「あれ?何の日だっけ」というところから、容易に思い出してしまう男性もいます。

日常的には忘れていても、潜在的には憶えている状態ですね。 記憶には「記銘・保持・想起」の3プロセスがありますが、「何かのきっかけで思い出す」は、常に「想起」はしなくても、「保持」はされている状態となります。

このケースにおいても、特に未練というものは関連していませんね。

4. 別れてからのほうが、記憶が強くなっていく。未練はなし

別れてからのほうが、記憶が強くなっていく。未練はなし

ものごとは、何度も暗唱するなどで記憶しやすくなりますね。掛け算の九九なども「しちろくしじゅうに」などと、何度も言うこと、思うことで憶えます。

たとえば2年交際した場合、誕生日は2回経験するわけですが、その後「あ、今日は○○の誕生日だ」とふと気づいてしまい、それが5年続いたらどうでしょうか。 交際時よりも「誕生日について考えること」が累計で増えているため、何の気持ちもないのに「記憶だけしっかりしてくる」という例があります。

5. 何らかのアクションを考えている。未練がある場合も

何らかのアクションを考えている。未練がある場合も

メールを送るなど、何らかのアクションを画策している場合、未練があることもあります。

しかし、ややこしいことですが「誕生日にメールを送るけど、復縁希望はない」というケースも多いのです。

6. 彼女との誕生日イベントを思い出している。未練がある場合も

彼女との誕生日イベントを思い出している。未練がある場合も

楽しいパーティを行ったり、普段とは違うデートをしたり、自分でも印象に残るプレゼントをしたり…。

こういった思い出に耽りがちな男性では、多くの場合誕生日は当然のように憶えており、未練があることも考えられます。 「もう復縁は無理だから何もしないけど、奇跡が起きるならやり直したい」と考えるような男性にも、ありがちです。

7. 各種記念日をすべて憶えている。未練がある可能性大

各種記念日をすべて憶えている。未練がある可能性大

「初めてデートした日」「しっかり告白した日」「最初に旅行に行った日」など、あらゆる「記念日」を気にかける女性もいますね。

いわば女性に合わす形でこれらを記憶する男性は多いものですが、もし男性が誕生日を含めた記念日のすべて・ほぼすべてを憶えているというなら、未練がある可能性は大です。 ただし、天才的なほど記憶力が良いとか、単純な理由の場合も考えられます。

まとめ

どちらかというと、未練がないケースのほうが多くなります。

正確には、「男性側に未練がないかどうかは、誕生日を憶えているかどうかでは、判断不能」ということです。 男性が元カノの誕生日を憶えていることには、「大した意味はない」と考えたほうが良いでしょう。

現在の彼氏からそのことがうかがわれても、心配は不要です。 また、元カレが自分の誕生日を憶えている、と何らかの事情でわかったとしても「気持ち悪い」「しつこい」などと思う必要はないのです。

ただし、「誕生日を思い出したこと自体は自然現象的に思ったが、それをきっかけに未練心が生じてくる」ということは考えられますので、全く誕生日を忘れられているのとは、わずかに違います。

「彼氏が、元カノの誕生日を憶えているらしい」とか、「別れたのに、私の誕生日を忘れていないらしい」といったとき、男性心理をどう考えれば良いでしょう。 そこに未練は?


しっかり記憶したため、忘れることがない。未練はなし

この場合、感情ではなく、「ただの記憶」として誕生日を忘れないのです。

「あの日が忘れられない」のような意味ではなく「クリスマスイブが12月24日であることは、忘れることが不可能である」のようなものですね。 何故これが起きやすいかというと、男性はそもそも交際相手の誕生日や、初めてデートした日などにこだわらない傾向があるからです。

それゆえに「しっかり憶えよう」とし、別れて、未練がなくても憶えているのです。

季節変化で気づいてしまう。未練はなし

このケースでは、季節の移り変わりで、つい思い出してしまうというものです。「初夏の雰囲気が出てくる頃」とか、「猛烈に寒くはないけど、少し冬めいてくる頃」などの体感するイメージから、ふと「あ、○○の誕生日だ」と思ってしまうのです。

このケースでも、男性は単なる自然現象のように「記憶していること」を捉えます。未練は付随していません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!