恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180320172845.html
元カノをやっぱりかわいいと思ってしまう男性心理

元カノをやっぱりかわいいと思ってしまう男性心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
元カノをやっぱりかわいいと思ってしまう男性心理

別れた元カノについて、とにかく引きずってしまう男性もいますが、それとはまた別に「やっぱりかわいい」と思い出しがちな男性・状況があります。

このような場合の心理について考えてみましょう。

  • 思い出が美化されている
  • 今の彼女と違うタイプであることが、魅力と思う
  • 現状の彼女に不満が多い
  • ルックスだけを思い出している
  • 元カノについてではなく、実は「その時の自分」を思い出している
  • 時々そう思うことで、浮気心を抑えている
  • 写真などを見て思い出してしまう
  • まとめ

1. 思い出が美化されている

思い出が美化されている

過ぎ去ったものごとは、「美化」されやすいものです。過去の出来事は「良かった」か「悪かったか」のどちらかに偏って考えられがちで、ひとたび「良い思い出だった」のカテゴリーに入れば、少々の嫌な部分などは思い出せなくなり、良いことばかりが想起されます。

大雑把にいって「良い元カノだった」と判断すると、実際に交際していたときとは違い、魅力的な部分だけが思い出されてきてしまうのです。

2. 今の彼女と違うタイプであることが、魅力と思う

今の彼女と違うタイプであることが、魅力と思う

男性は、傾向としては女性より気が多い部分があります。程度は人それぞれですが、一途な行動をする男性でも、わずかには、そういう傾向を秘めているのです。

「様々なタイプの女性と交際してみたいと思う」のも、特に気が多いタイプの男性で見られる特徴です。 単純に、今の彼女とタイプが違うために、元カノが魅力的に思えてしまうのです。

「元カノがおとなしくかわいかったが、今の彼女はちょっとうるさい」と考える男性が、次に別の静かな女性と交際したとすると、時にどうなるでしょうか?「今の彼女は静かだが、昔の彼女は、何でも言いたいことを言ってくれてかわいかった」などと、全く逆の考えが出てきたりもするものです。

3. 現状の彼女に不満が多い

現状の彼女に不満が多い

残念ながら、錯覚ではなく本音で「今の彼女より、昔の彼女のほうが良い」と考える男性もいます。

話が弾まない、愚痴が多いなど、今の彼女に実際に不満を抱えており、それゆえに、過去の誰かを思い出し「かわいかったな」などと思ってしまうのです。 この場合では、状況次第では復縁を狙っている場合もあります。または、新しい彼女を求めている可能性もありますね。「寂しいので、それほど好きじゃなくても誰か彼女がいたほうが良い」とする男性に起きがちな心理です。

4. ルックスだけを思い出している

ルックスだけを思い出している

男性は、女性に比して、異性の外観に惹かれやすい面をどうしても持っています。

このため、内面的な部分が合わず別れてしまった元カノについても、「やはり見た目は良かったなあ」などと思い出すことがあります。 若干幼稚な心理ともいえますが、同時に、男性ではどうしても起きやすい気持ちともいえるでしょう。この場合、現状の彼女さんが過剰に心配することはありません。

5. 元カノについてではなく、実は「その時の自分」を思い出している

元カノについてではなく、実は「その時の自分」を思い出している

「学生時代に付き合っていた元カノがかわいかった」「それに対して、社会人になってから付き合っている現彼女が、かわいくない」このように考えてしまう状況も、ありえますね。

この場合、実は「学生時代が気楽で楽しかった」「社会人は忙しくて大変だ」など、自身についての思いがメインになっている場合もあります。 反対に、「学生時代は気楽だったが、その時の彼女は、特に何もしてくれなかった」「社会人になってからの、今の彼女は、忙しい時など励ましてくれてうれしい」などと考えるケースもあるでしょう。

6. 時々そう思うことで、浮気心を抑えている

時々そう思うことで、浮気心を抑えている

「浮気はダメだ」と考えるしっかり者の男性では、時々昔の彼女を「かわいかったなあ」と思い出すこと自体で、本当に浮気をしたいなどの気持ちを抑制していることがあります。

現在の彼女からすれば、ややイラつくことかもしれませんが、真面目であり、可愛げのある考えだといえるでしょう。

7. 写真などを見て思い出してしまう

写真などを見て思い出してしまう

女性では「別れた男性のことは、きれいさっぱり忘れる」という傾向があるのに対し、男性では「特には忘れなくても良い」と考える人も多いものです。

このため、元カノの写真などを特に処分・削除したりしない男性も多いのです。 恋人について、わざわざ写真に撮り(一緒に撮り)、しかも残すとなれば、いい表情のものが多いはずです。イライラしている顔の写真などは、そもそも無いことが多いでしょう。この要素も大事です。

スマホをいじっているときなど、何となしに元カノの写真を見ては、「やはりかわいかったなあ」と思ってしまうことも、あるのです。そういった状況を今の彼女にわざわざ言うなどでなければ、現状の恋人関係には特に影響しないものと考えられます。 ここを突き詰めると、彼氏が一人の時、何となしに見てもらえるような写真を一緒に撮っておくなども、今の彼を惹きつけるのには大事なことだといえますね。

まとめ

「元カノがかわいい」と思ってしまう男性心理もさまざまです。

女性から見てキーポイントなのは、「男性は元カノをわざわざ忘れようとしたりしない」という点です。「引きずらない」タイプの男性でも、「記憶から消し去る」ようなことは特にしないのです。 つまり、彼氏について「元カノがかわいいと思っているようだ」と感じたとしても、必ずしも危機感を感じたりする必要はないのです。

ただし、現状の関係が上手く行っていない場合では、改善、程度によっては別れを考えてもいいでしょう。

別れた元カノについて、とにかく引きずってしまう男性もいますが、それとはまた別に「やっぱりかわいい」と思い出しがちな男性・状況があります。

このような場合の心理について考えてみましょう。


思い出が美化されている

過ぎ去ったものごとは、「美化」されやすいものです。過去の出来事は「良かった」か「悪かったか」のどちらかに偏って考えられがちで、ひとたび「良い思い出だった」のカテゴリーに入れば、少々の嫌な部分などは思い出せなくなり、良いことばかりが想起されます。

大雑把にいって「良い元カノだった」と判断すると、実際に交際していたときとは違い、魅力的な部分だけが思い出されてきてしまうのです。

今の彼女と違うタイプであることが、魅力と思う

男性は、傾向としては女性より気が多い部分があります。程度は人それぞれですが、一途な行動をする男性でも、わずかには、そういう傾向を秘めているのです。

「様々なタイプの女性と交際してみたいと思う」のも、特に気が多いタイプの男性で見られる特徴です。 単純に、今の彼女とタイプが違うために、元カノが魅力的に思えてしまうのです。

「元カノがおとなしくかわいかったが、今の彼女はちょっとうるさい」と考える男性が、次に別の静かな女性と交際したとすると、時にどうなるでしょうか?「今の彼女は静かだが、昔の彼女は、何でも言いたいことを言ってくれてかわいかった」などと、全く逆の考えが出てきたりもするものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!