恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180320171109.html
忘れられない元カノの特徴

忘れられない元カノの特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
忘れられない元カノの特徴

いくつか恋を経験する中で、記憶に残る恋愛はなかったでしょうか? 忘れられない元カノの特徴をまとめてみました。



  • 見た目が自分のタイプだった彼女
  • 良く笑っていた彼女
  • 料理が上手な女性だった彼女
  • 自分が辛い時に支えてくれた彼女
  • 将来を約束していた彼女
  • 問題児だった彼女
  • 彼に依存していた彼女
  • まとめ

1. 見た目が自分のタイプだった彼女

見た目が自分のタイプだった彼女

自分のタイプだったり、理想の女性とお付き合い出来る事はそうそうある事ではありません。

男性は、自分のタイプにぴったり合う彼女だと、彼女に注ぐ情熱も、今までの彼女の何倍も注いでしまいます。

可愛くて唯一無二の彼女と別れてしまったら、2度とこんな女性とお付き合いする事はないかもしれないと、落胆の度合いも大きく、いつまでも理想の彼女への想いを断ち切る事が出来ないのです。

2. 良く笑っていた彼女

良く笑っていた彼女

恋人と過ごした想い出がふと蘇ったとき、彼女の笑顔が多いほど、楽しい恋愛だったと記憶に残ります。

良く笑う笑い上戸の女性と一緒にいると、自分もいつも楽しく入られたのではないでしょうか。

1人部屋に居ると、笑っている元カノの顔や笑い声が思い出されて、切なくなる事もあるかもしれません。

或いは、楽しくて良い恋だったと、喜びを噛み締め、時々辛い時は思い出す事もあるでしょう。

3. 料理が上手な女性だった彼女

料理が上手な女性だった彼女

料理上手な女性は、男心を掴むのもとても上手です。

男性は別れた後も、元カノが作ってくれた料理が無性に食べたくなる事があるようです。

特に、料理が上手な元カノだった場合、今の彼女が作ってくれたカレーライスやハンバーグと元カノの作った料理の出来栄えを無意識に比べてしまうようです。

風邪で体力が落ちている時や、仕事で疲れている時も、元カノの料理が恋しくなって、ふっと元カノが頭をよぎります。

4. 自分が辛い時に支えてくれた彼女

自分が辛い時に支えてくれた彼女

仕事や勉強、家庭環境の事など、悩みを抱えていた時期を共に過ごして、支えてくれた彼女の事は、別れた後も、何年経っても忘れられないでしょう。

今の自分があるのも、あの時、彼女が支えてくれたおかげと、彼女への恩も感じているのも確かです。

こういう恋愛を一度経験した男性は、人としても男としても、成長できた事で、次のパートナーとお付き合いする時には、相手の気持ちを考えながら、良いお付き合いをする事が出来ます。

5. 将来を約束していた彼女

将来を約束していた彼女

家事も料理も得意な女性は、男性に結婚を意識させるものです。

結婚を考えるほど、長い時間を共にした元カノや、お付き合いした期間は短くても、将来を約束する程、のめりこんだ彼女の事は、ちょっとやそっとの事で忘れる事は出来ないでしょう。

彼女と2人で住む住居、彼女との未来を想像した時間は、とても充実してイキイキしていたはずです。

そんな彼女を失った心のダメージは、大きく、いつまでも彼女を引きずってしまうでしょう。

6. 問題児だった彼女

問題児だった彼女

破天荒な性格で、付き合っている時に問題児だった彼女は、男性の心に大きなインパクトを残します。

実は何股もしていたとか、いつもド派手な格好をしている女性など、良くも悪くも、忘れられない元カノになるでしょう。

もう一度こんな女性と付き合いたいかは別として、彼の恋愛遍歴の中で、伝説の彼女としていつまでも記憶を残し続ける事になります。

7. 彼に依存していた彼女

彼に依存していた彼女

精神的に弱く、俗にいうメンヘラな女性は、彼氏に依存する傾向が高くなります。

付き合っていた時は、デリケートな彼女を傷付けないように気を遣ったり、傷付きやすい彼女を守ろうと必死になってた結果、男性の心も疲れて別れが訪れる事が多いようです。

メンヘラの彼女をパートナーに選ぶくらい、心が優しい男性は、別れたあとも彼女を気にしてしまいます。

時々思い出しては、彼女の幸せを願っているでしょう。

まとめ

彼の中に忘れられない女性がいると、今のパートナーは内心穏やかではいられません。

しかし、今目の前の彼があるのも、元カノのおかげと、広い心を持って接する事が出来る女性になると、余裕が生まれ、前のパートナーよりも彼にふさわしい女性になれるのではないでしょうか。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!