恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180312160933.html
告白で失敗しない人の特徴

告白で失敗しない人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
告白で失敗しない人の特徴

告白の失敗とはフられてしまったり、告白をしてフラれてしまったことが原因で友達関係すら壊れてしまうことを言います。

そもそもフられる、フられないに関係なく、告白で失敗しない人はどんな人なのでしょうか? 告白で失敗しない人の特徴をご紹介します。



  • 下準備が完璧
  • 2つの選択をさせる
  • 上手く伝えることができる
  • 調度良いノリができる
  • フラれない状況で告白をする
  • まとめ

1. 下準備が完璧

下準備が完璧

告白をする相手の事をよく調べてから告白をするのが、失敗しない人の特徴です。

今現在の好きな人の有無や好きなタイプ、歴代の交際相手の外見や内面の特徴などの下調べは当たり前、そして、告白をする相手の仲良い人や、周囲の人と仲良くなり、さりげなく情報を聞き出したりします。

こうした下準備を完璧にする事で告白が失敗することなく、というより、告白が100%成功するという事を確信してから告白するのです。

2. 2つの選択をさせる

2つの選択をさせる

告白をした時に「付き合ってください」だけでは〝OK″か〝NG″のどちらか1つの選択になってしまいます。

ですが、「付き合ってください。

もしダメなら今まで通り友達でいてください」と告白をすることで、フラれてもフラれなくても今までと変わらずに関わっていくことができるのです。

1つの選択ではなく、2つの選択にさせるのが告白で失敗しない人の特徴です。

2つの選択にすることで付き合えればラッキー、フられても気まずくなることなく今まで通りの関係性でいられるのです。

3. 上手く伝えることができる

上手く伝えることができる

仲が良い相手、それほど話したことがない相手に関係なく、「好きです。

付き合ってください」の二言ではそれほど相手に気持ちが伝わりません。

その結果、「ごめんなさい」「考えさせて」と言われてしまいやすくなります。

ですが、告白で失敗しない人は二言ではなく、「〇〇の〇〇な所が好きです。

そして、〇〇の〇〇な魅力に惹かれ、付き合いたいと思いました」などというような自分の気持ちを全て相手に伝え、それを言われた相手は「こんなに考えていてくれているんだ」「この人となら上手くいきそう」などと思い、OKの返事をしてくれるのです。

なので、上手く伝えられることができるのが告白で失敗しない人の特徴でしょう。

4. 調度良いノリができる

調度良いノリができる

告白をしてフラれてしまった時にあからさまに落ち込むのではなく、「まじかー!」と明るめに言ったり、「付き合いたかったー」と悔しそうにノリよく言ったりできるのが告白で失敗しない人の特徴です。

調度良いノリができることでフラれてしまってもお互いに気まずくなることがなく、フラれてしまった後なのにいつも通りの会話が自然にでき、告白をした、されたことを忘れてしまう程今までと変わらずにお互いが友達として見れるのです。

5. フラれない状況で告白をする

フラれない状況で告白をする

ちょっと卑怯な告白の仕方ですが、この方法は告白で失敗しない人の特徴なのです。

フラれない状況というのは、みんなが見ている前や、大掛かりな告白の仕方をするなどといった状況です。

みんなが見ている前で告白をした場合、告白をされた側は「相手のことは嫌いではないけれど、ここで断ったら」などと、場の盛り上がりを気にしたりし、「嫌いじゃないから付き合っちゃおう」という考えになり、告白の返事をOKにしてしまうのです。

そして、準備をしないとできないような告白の仕方をされると、告白をしてきてくれた相手への感情が普通以上の場合、「こんなに自分のことを考えてくれていたんだ」「この人となら付き合ってもうまくいきそう」などと前向きな考えになり、告白の返事をOKにするのです。

まとめ

告白をして〝付き合えるか″ということも大事ですが、万が一フラれてしまった場合今までの関係に戻れないとチャンスはもうなくなってしまうのです。

なので、告白をして失敗しない人のように、フラれてしまっても今まで通りの関係に戻れることでまたチャンスがやってくるのです。

チャンスができるということはまたリベンジすることができるということなので、告白に失敗しない告白の仕方がオススメです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!