恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180311175348.html
思わず見とれてしまう!顔面偏差値が高い人の特徴

思わず見とれてしまう!顔面偏差値が高い人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
思わず見とれてしまう!顔面偏差値が高い人の特徴

顔面偏差値が高い人は思わずみとれてしまうものです。

そこで、顔面偏差値が高い人に多くみられる6つの特徴をみていきましょう。

  • 顔の全てのパーツが整っている
  • 顔のパーツの配置バランスがいい
  • 顔の輪郭が綺麗
  • Eラインが整っている
  • 左右対称
  • 肌が綺麗

1. 顔の全てのパーツが整っている

顔の全てのパーツが整っている

顔面偏差値が高い人の一番の特徴といえば、やはり顔のパーツが整っていることでしょう。

目・鼻・口・眉毛、それぞれの顔のパーツのどれを見ても綺麗な形をしているのです。 いくら目がくっきり二重で綺麗な形をしていたとしても、鼻が団子鼻だったり唇が分厚過ぎたりしてしまったのでは、その分顔面偏差値は低くなってしまいます。

目の形が綺麗で鼻は高くスッと伸び、口元も綺麗に整っているという人が理想的です。 ひとつのパーツだけが整っているという人はよくいますが、全てのパーツが整っているという人はなかなかいないでしょう。

本当に顔面偏差値が高い人は、顔のどのパーツを見ても綺麗なのです。

2. 顔のパーツの配置バランスがいい

顔のパーツの配置バランスがいい

顔面偏差値が高い人は、顔のパーツが整っているだけではありません。

その整っているパーツが、バランス良く顔に配置されていることが重要なのです。 いくら整っているパーツでも、口が下の方にあったり目が離れ過ぎていたりすれば、バランスの悪い顔になってしまいます。

それでは顔面偏差値が高いとはいえません。 顔面偏差値が高い人は、それぞれのパーツが一番美しくみえる位置にあるのです。

顔には黄金比というのがあり、前髪の生え際から眉頭の下、眉頭の下から鼻の下、鼻の下から顎までの比率が1:1:1というのが理想的だとされています。 顔面偏差値が高い人は、この黄金比に近くなっているはずです。

3. 顔の輪郭が綺麗

顔の輪郭が綺麗

整っているパーツが理想的なバランスで配置されていれば、それだけで顔面偏差値が高いというわけではありません。

そのパーツが配置されている顔そのものの輪郭が綺麗であることも大事なのです。 顔の輪郭は、いわば絵画の額縁のようなものです。

いくら綺麗な絵でも額縁が残念だと、その絵の良さを台無しにしてしまいますよね。 顔の輪郭には、四角だったり面長だったりベース型だったりと色々ありますが、顔面偏差値が高い人の輪郭は綺麗な卵型をしている人が多いです。

どんなヘアスタイルでも似合う卵型は、男性にも女性にも理想的な輪郭といえるでしょう。

4. Eラインが整っている

Eラインが整っている

正面から見た時は良かったのに、横から見るとなんだか残念という人もいますよね。

本当に顔面偏差値が高い人は、正面からだけでなくどの角度から見ても整っているのが特徴です。 特に、横から見た時の鼻から口元にかけてのライン、通称Eラインと呼ばれる線が綺麗に整っているのです。

理想的なのは、鼻先と顎先を結んだラインの中にすっぽり唇が収まっていることなのですが、鼻が低過ぎたり口元が出過ぎたりしている場合は、このEラインが乱れてしまいます。

5. 左右対称

左右対称

人の顔は一見左右対称に見えて、実は多少の歪みがあってアンバランスになっていることが多いのです。

目の高さが違っていたり、口が左右どちらかに歪んでいたりするのですが、顔面偏差値が高い人は、左右対称になっていることが多いです。 顔の骨格に歪みが無い為、目の大きさや高さもほぼ同じで見た目にも違和感がありません。

笑顔の時も左右の口角が均等に上がる為、とても綺麗な笑顔になるのです。

6. 肌が綺麗

顔面偏差値が高い人の特徴は、顔のパーツに関することだけではありません。

とても重要な特徴として忘れてはいけないのが、肌の綺麗さです。 いくらパーツが整っていても輪郭が綺麗だとしても、肌そのものが荒れていたり肌理が整っていなかったりすれば台無しになってしまうのです。

それほど、肌の綺麗さは顔面偏差値に大きな影響を与えます。 男性でも女性でも、肌が綺麗だということは欠かせない条件なのです。

特に女性の場合は、色白は七難隠すとも言われるように、白くて透明感のある肌は、それだけでかなり印象をアップしてくれるでしょう。

顔面偏差値が高い人は思わずみとれてしまうものです。

そこで、顔面偏差値が高い人に多くみられる6つの特徴をみていきましょう。


顔の全てのパーツが整っている

顔面偏差値が高い人の一番の特徴といえば、やはり顔のパーツが整っていることでしょう。

目・鼻・口・眉毛、それぞれの顔のパーツのどれを見ても綺麗な形をしているのです。 いくら目がくっきり二重で綺麗な形をしていたとしても、鼻が団子鼻だったり唇が分厚過ぎたりしてしまったのでは、その分顔面偏差値は低くなってしまいます。

目の形が綺麗で鼻は高くスッと伸び、口元も綺麗に整っているという人が理想的です。 ひとつのパーツだけが整っているという人はよくいますが、全てのパーツが整っているという人はなかなかいないでしょう。

本当に顔面偏差値が高い人は、顔のどのパーツを見ても綺麗なのです。

顔のパーツの配置バランスがいい

顔面偏差値が高い人は、顔のパーツが整っているだけではありません。

その整っているパーツが、バランス良く顔に配置されていることが重要なのです。 いくら整っているパーツでも、口が下の方にあったり目が離れ過ぎていたりすれば、バランスの悪い顔になってしまいます。

それでは顔面偏差値が高いとはいえません。 顔面偏差値が高い人は、それぞれのパーツが一番美しくみえる位置にあるのです。

顔には黄金比というのがあり、前髪の生え際から眉頭の下、眉頭の下から鼻の下、鼻の下から顎までの比率が1:1:1というのが理想的だとされています。 顔面偏差値が高い人は、この黄金比に近くなっているはずです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!