恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180119091029.html
色彩研究者が語る青が似合う人の特徴

色彩研究者が語る青が似合う人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
色彩研究者が語る青が似合う人の特徴

今回は青が似合う人の特徴をいくつかに分けて話していきたいと思います。 寒色とされる青が似合う人は一体どのような人柄・職業・見た目の方なのでしょうか。

  • 誠実な人柄の人
  • フレッシュな若者
  • 知的な人
  • サバサバしている人
  • スポーティーな人
  • 筋肉質な人
  • 青が好きな人
  • まとめ

1. 誠実な人柄の人

誠実な人柄の人

青は、信頼や誠実を表す色だからであるからです。 例えば、警察官の制服は青ですよね。 それには理由があって、これも信頼や誠実を表す色なので町の治安を守る警察官にはぴったりな色であるからです。

もしこれがピンクの制服だったとすると信頼を得たり、誠実性を見出すことができなくなるでしょう。 なので誠実なイメージをよく持たれる方はそのイメージ通り青が似合うということになるでしょう。 例としてネイビーの様な濃い目の色をメインに使用するのが良いでしょう。

2. フレッシュな若者

フレッシュな若者

青には、爽快なイメージがある色だからです。 最近の新卒の就職試験でも紺色のスーツをきている人も多くなってきました。 その理由としては、まさに若者のフレッシュさをアピールしたいと同時に誠実さ信頼を持たせたいという気持ちの前ぶれでしょう。

フレッシュなさわやかさや爽快感を表現したい場合は青を基調にコーディネートしていくのも一つの手でしょう。 若者と表記しましたが、若々しくフレッシュに見せたいときもまた使える方法です。 例として青のパステルカラーのワイシャツなど。

3. 知的な人

知的な人

青には知性的なイメージが含まれています。 なので、その青をうまく取り入れられると自然と知的なオーラが漂ってきます。 それに加えて冷静なイメージも持っているので、それと合わせて活用すると大人な男性として見られるでしょう。 少し背伸びをしたい若い子には落ち着いた青のコーディネートがおすすめです。

そして何より今流行りのオフィスカジュアルなファッションに取り入れるとさらに知的さがアップ。 また面接官の印象もあがりやすいので就活生の方にはおすすめの青。 例としてネイビーカラーのジャケットなどを羽織ったり、ワイシャツに青を取り入れるのもいいでしょう。 ただし、就活生の人はワイシャツに色味のついたものを着るのはNGなので白のワイシャツに合わせて使用しましょう。

4. サバサバしている人

サバサバしている人

青には冷静・冷たいなどのイメージが含まれいます。 なので、冷戦沈着でさばさばしている性格の方にはとてもフィットして見えることが多いでしょう。 自分の周りにも冷静沈着な人がいますが、青がとても似合う人です。

同時に黒や灰色・白など寒色がよく似合います。 自分の周りでもクールな人がいると思いますが、その人がピンクをきていたらどう感じるかを考えてくれたらよくわかると思います。 例として濃い目か薄目の色を使用するのがよいでしょう。

5. スポーティーな人

スポーティーな人

青は、爽快なイメージがある色です。 他の色との組み合わせにもなりますが、スポーティーなイメージを表す色の一つです。 私のオススメは、青と黄色の組み合わせになります。 よくスポーツ店などでこの配色はよく見かけますよね。

靴やユニフォームにも多く使われている配色です。 さわやかさアップも狙えるので学生のユニフォームの配色などによく見られる色の代表がこの青という色です。 マリンスポーツなどにも向いています。 逆にウィンタースポーツには寒色なので寒い場所ではより寒さを感じてしまうかもしれません。 例として、ビビッド色の青。 言い換えると鮮やか青になります。

6. 筋肉質な人

筋肉質な人

青はスポーティーなイメージがある色です。 夏の海で例えるとさわやかな青の水着を取り入れたりなんかすることをおすすめします。 青には涼しくする効果もあるので夏の青い海ではもって来いのカラー。

逆に同じスポーツでも冬山では青は寒色なので寒く見せてしまうため逆効果です。 燃えるように熱い常夏の海で視線を独り占めしませんか。 サーフィンをする方にはぴったりなカラーかもしれせんね。

7. 青が好きな人

青が好きな人

青が似合う人似合わない人関係なく青が好きな人。 青が好きなアイドルの担当カラーの人はもちろん身に着けたっていいでしょう。 好きならそのうち似合うようになってくるものです。 たくさんの青に出会うことで、青の取り入れ方を学んでいくうちに使い方がわかっていくでしょう。

まとめ

色々な例があがりましたね。 しかし中には青が似合わない人がいるでしょう。 その場合はどうすればいいのかというと、小物などに青をとりいれることでうまくコーディネートや日常生活に組み込ませることができますよ。 例としては、ワンポイントデザインのもの、腕時計などのアクセサリー、ネックレス、ピアス、指輪、バックや靴などがあります。

大事なのは好きな色を無理につかうことではなくて、いい具合に他の色とのバランスを考えてうまく取り入れることです。 青が似合う人をいろいろと提示していきましたが、それ以外にも青が似合う人もいるので皆さんいろいろな色を試してうまく色と付き合っていってくださいね。 以上青が似合う人についての解説でした。

今回は青が似合う人の特徴をいくつかに分けて話していきたいと思います。 寒色とされる青が似合う人は一体どのような人柄・職業・見た目の方なのでしょうか。


誠実な人柄の人

青は、信頼や誠実を表す色だからであるからです。 例えば、警察官の制服は青ですよね。 それには理由があって、これも信頼や誠実を表す色なので町の治安を守る警察官にはぴったりな色であるからです。

もしこれがピンクの制服だったとすると信頼を得たり、誠実性を見出すことができなくなるでしょう。 なので誠実なイメージをよく持たれる方はそのイメージ通り青が似合うということになるでしょう。 例としてネイビーの様な濃い目の色をメインに使用するのが良いでしょう。

フレッシュな若者

青には、爽快なイメージがある色だからです。 最近の新卒の就職試験でも紺色のスーツをきている人も多くなってきました。 その理由としては、まさに若者のフレッシュさをアピールしたいと同時に誠実さ信頼を持たせたいという気持ちの前ぶれでしょう。

フレッシュなさわやかさや爽快感を表現したい場合は青を基調にコーディネートしていくのも一つの手でしょう。 若者と表記しましたが、若々しくフレッシュに見せたいときもまた使える方法です。 例として青のパステルカラーのワイシャツなど。

1 / 3
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!