恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

美人ママが嫌われやすい理由

美人ママが嫌われやすい理由

恋のミカタ
美人ママが嫌われやすい理由

スポンサーリンク

結婚していなくて美人なのは、ほかの男性の目もあるため、なにかと同性から反感をかってしまい嫌われる傾向にありますが、結婚してママとしてやっているのに美人だからと嫌われてしまう人がいますよね。 今回はそんな美人ママが嫌われやすい理由についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

  • 美人ママは、ママなのによその夫から評価される
  • 美人ママのお洒落な出で立ちが嫌われる
  • 美人ママはセレブ感をだす
  • 美人ママはお稽古事が好き
  • 自分が美人であることをわかっている態度
  • 美人ママのセンスに良さにいら立つ
  • 美人ママは優しい
  • まとめ

1. 美人ママは、ママなのによその夫から評価される

女性(明・手振り)

美人ママは結婚して子供がいるのに、まったく衰えることをしりません。 結婚して、少し崩れた感じが女性の色気となって独身の時よりもモテる人もいるくらいです。 そのため、子供の集まる公園や、幼稚園、学校など他のほかの子供のお父さんからは、評価が非常に高いともいわれています。

「あそこの○○くんのママ、美人だな~。」「○○ママいつまでたっても生活感ナイな。」「あんな、奥さんならおれだったら超嬉しい!」などと、世の中のお父さんからこんな評価を耳にすることがありますが、これこそが美人ママが嫌われやすい理由なんです。

女性は、結婚すると生活に追われ子供におわれ、昔のように自分に余裕がなくなります。 それなのに、他人の妻を褒める夫の言葉への怒りが美人ママに向けられ、女性たちから美人ママが反感をかってしまのでしょう。

2. 美人ママのお洒落な出で立ちが嫌われる

美人ママは、顏だけではなく、立ち居振る舞いやスタイルが良いことも多く、同じように子供を生んでいるのにどこかスッキリとしたスタイルなのです。 そのため何を着ても、カッコよく見えるため、「○○さんて、いつもスタイル良いわよね。」「いつも、お洒落だしカッコいい!」などと、褒められるとかえってくるの言葉がウザイと嫌われてしまいます。

「そんなことないない。お腹なんてポッコリだし。」「この服はファストファッションで2000円だよ!」などと、何もしてないアピールをするところが他のママから嫌われやすいのです。 後から必ず、「嫌味よね~。」などどいわれたりするのです。

スポンサーリンク

3. 美人ママはセレブ感をだす

女性(明・傘・花畑・鞄)

美人ママの中でも、生活水準が高く、いわゆるセレブだといわれる層の人は、さらに他のママから嫌われやすいのです。 自分でセレブ感を表に出す人、さり気なくセレブ感をアピールする人どちらのママも嫌われるのです。 「パパが誕生日に○○のバッグを買ってくれたんだけど、なんだか趣味悪くて。」とブランドバッグを買ってくれたアピールと、旦那に愛されてるアピールをダブルでするような美人ママは、マックスで嫌われてしまいます。

「何、趣味悪いわよね。旦那さん、実は...」などと、美人ママの旦那の悪口までに発展する事も。

また、さり気なく「お正月は面倒だから海外で過ごすの。」などと、面倒アピールをしているようなママも嫌われます。 面倒だから海外に行く意味が自分たちの生活と違うため、嫉みの対象になってしまうようです。

4. 美人ママはお稽古事が好き

美人ママは、自分を高めるためにお稽古ごとをするのが好きな人が多いのです。 美人=自分を高めることという独身時代からのステータスを続けていることも多いといわれています。

でも、そんな、お稽古事に通っているのも他のママたちには気に食わないのです。 「今更何を目指してるの?」「子供のことが一番でしょう。」などと、優雅にお稽に行ってる美人ママに嫉妬の感情をぶつけてくるのです。

スポンサーリンク

5. 自分が美人であることをわかっている態度

女性(仲良11・座・会話)

美人ママは、昔から周りから美人だといわれ過ごしてきた人も多いでしょう。 もちろん、美人だといわれるために自分なりに色んな努力もしてきたはずです。

そのため、結婚後もそんな自分を維持しようと、体を動かしたり、マッサージをしたりと自分磨きは忘れていません。 そんな、自分を美人だと自覚しいつまでもママではなく、女でいようとしている美人ママに対してこちらも、普通のママたちからは反感を買ってしまうことも多いのです。

6. 美人ママのセンスに良さにいら立つ

美人ママは、美しく自分を着飾るだけでなく、お部屋やライフスタイルにも気を配っているこが多く、いつもどこか洗練されている人も多いのです。 そのため、家に行ってもきちんと片づけられていたり、お洒落なおやつを出してくれたりすることも多いのです。

そんな、お洒落でセンスの良さも他のママたちは気に入らないこともあるようです。 「なんだか、自分だけランクが上だと見せつけられた感じ。」「普段は絶対あんなキレイに片づけてないはずよ。」などと、何かと詮索して楽しんだりします。

スポンサーリンク

7. 美人ママは優しい

男女(腕組み・顔隠れ)

美人ママが優しく子供に接していると、それも他のママたちからイライラされてしまうのです。 「子供を叱るのにそんな叱り方をしたって聞くわけない!」「どんなしつけをしているの?」などと、叱り方一つをとっても気取った感じがしてしまうことで、嫌われる対象になってしまうようですよね。

スポンサーリンク

まとめ

美人ママが嫌われやすい理由についてご紹介しましまが、いかがでしたでしょうか?美人は結婚していてもママになっていても同性から見たらいつまでも、鼻についてしまう存在なんでしょうね。

女性は、自分よりもキレイなものや上級なものには嫉みや嫉妬をぶつけてしまう生き物なのでしょう。 あなたの周りを見渡してみてください、美人ママが今日もぽつりと公園で子供を遊ばせていませんか?

結婚していなくて美人なのは、ほかの男性の目もあるため、なにかと同性から反感をかってしまい嫌われる傾向にありますが、結婚してママとしてやっているのに美人だからと嫌われてしまう人がいますよね。 今回はそんな美人ママが嫌われやすい理由についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

記事の続きを読む

スポンサーリンク

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク