恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171214114814.html
憔悴しきった顔の特徴

憔悴しきった顔の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
憔悴しきった顔の特徴

憔悴しきった顔というのはやつれるとか心痛ゆえに力が出ないような表情のことであり、かなりのショックを受けた時に使う言葉です。

そんな顔になってしまう時というのはどんな状況なのか、次の7つの点を調べてみましょう。



  • 失恋してしまった
  • 大切な人を亡くしたショック
  • 自然災害ですべてを失ってしまった
  • どうすることもできない現実
  • 疲れ果てるとき
  • バッドニュースを聞く
  • いじめに遭う
  • まとめ

1. 失恋してしまった

失恋してしまった

本当に大好きで自分のすべてをかけても良いと思ったくらいに好きな異性と上手くいかずに別れることになってしまった、いったいどうしたらいいのかわからない、まるで抜け殻になってしまったかのように、すべての生きる気力を失ってしまうほどのショックを受けてしまった状態というのは、まさに憔悴しきった顔をしており、絶望という文字がまるで顔に書いてあるかのようです。

2. 大切な人を亡くしたショック

大切な人を亡くしたショック

信じられない、突然の事故や病気で愛する大切な人を亡くしたときというのは気持ちの整理など全くできませんし、現実がよくわからないほどです。

そんなことあり得ないという思いであり、それも現実を受け入れることなどできないのです。

それでもさっきまで生きていた人は今はもう死んでいるという残酷な現実は、その周囲の人たち、とりわけ最も身近な人たちを憔悴しきった表情にします。

時がある程度解決してくれるとはいえ、しばらく立ち直れないほどの落ち込みを経験することになるでしょう。

顔はやつれ、食事も喉が通らないような感じになるかもしれません。

3. 自然災害ですべてを失ってしまった

自然災害ですべてを失ってしまった

自然災害というのは無情にも多くの物を一瞬にして奪ってしまいます。

地震や津波、台風の土砂災害など突然に起きて予測が難しいものも少なくありません。

これまで苦労して仕事をし貯金をしてやっと購入した新車やマイホームが一瞬にして鉄くずあるいはぼろ小屋のようになってしまうのです。

途方に暮れたような気持ちになり、これから先何を信じて生きていけばいいのか、絶望感と虚しさ、失ったものの大きさを実感したときに、その表情は憔悴しきったものとなるでしょう。

あまりにもひどく、言葉に表すことができないほどの悲しみと苦しみとその心痛ゆえにそうなるのです。

4. どうすることもできない現実

どうすることもできない現実

子供を一生懸命に育てて愛情を注いできたものの、それに子供が応えてくれないということがあります。

勉強が好きにならず親の言うことは聞かないし、危ない遊びばかりに関心を持ってしまうかもしれません。

いろいろな手を尽くすものの、思うようにいかない、もう駄目だ、という気持ちになるときに、それは憔悴しきった表情となるでしょう。

やるべきことをやってもどうすることもできない現実に直面し、思い通りにならない時に、心底疲れてしまい、落胆と悲しみと無力さを実感し憔悴してしまうのです。

5. 疲れ果てるとき

疲れ果てるとき

あまりにも忙しくストレスとなるようなことばかりである、それもイライラするようなことばかり、自分の思うように進まない、まるで燃え尽きてしまったかのような状態になるときのその人は憔悴しきっていると言えるかもしれません。

これまでの忙しさが嘘のように無気力になり、仕事をする力が沸いてこない、もうどうでもいい、頭が思考しなくなってしまい、本当に疲れてしまった状態、それはうつの症状でもあるかもしれませんが、憔悴しきっているのであり、体も心病んでしまっていますので助けが必要です。

6. バッドニュースを聞く

バッドニュースを聞く

嬉しいニュースであれば幾らでも聞きたいものですが、あまりにショッキングでどのように反応してよいのかわからないほどの時に憔悴した様子になることがあります。

そのニュースが自分に与えた影響、そしてこれからいったい自分はどうなるのだろうか、そんな不安が一気に頭の中に襲ってして憔悴しきってしまうのです。

そのニュースは突然のリストラかもしれませんし、家族の大きな病気や死という現実かもしれません。

7. いじめに遭う

いじめに遭う

いじめに遭うことは学校であるいは職場でも起こることですが、毎日顔をその人と合わせなければならないために、学校に行けばまたいじめに遭う、職場に行けばまた何か言われる、そんなことの恐怖の毎日であり、通勤や通学ほど苦痛なものはないでしょう。

それを誰かに相談できればいいのですが、それすらできないような状況に置かれているときというのは、表情は憔悴しきっており、そのストレスと死にたい気持ち、そしてそこから逃れたいけどできない複雑な気持ちが混ざって本当に心痛を感じています。

まとめ

憔悴しきってしまうような事態は絶対に経験したくないのですが、長い人生思うようにいかないことも多々あり、時には憔悴しきって食事もできないほどの落ち込みを経験してしまうことがあります。

大切なのは、その時に誰かにそれを話すことやその気持ちを誰かにわかってもらうことであり、時には泣くことも必要になるかもしれません。

そのようにして感情を出すことで気持ちが少しずつすっきりしていきます。

そしてやがてそれは時が少しずつ解決してくれて思い悩むことも少なくなっていくものですが、それにはかなりの時間がかかることもあります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!