恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171214105631.html
自嘲の意味や自嘲気味の特徴

自嘲の意味や自嘲気味の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
自嘲の意味や自嘲気味の特徴

よく「自嘲する」や「自嘲気味に」なんて言葉を聞きます。 ではこの言葉の意味や、それをする人の特徴とは何なのか、あげていきます。

  • 自嘲とは自らを嘲笑うこと
  • 自虐というほどではない
  • 自嘲気味とはそれっぽくということ
  • 自分に自信がない人
  • 人に好かれる人が多い
  • 営業職に向いている
  • まとめ

1. 自嘲とは自らを嘲笑うこと

自嘲とは自らを嘲笑うこと

自嘲というとなかなか聞きなれない方もいるかもしれません。 普段なかなか使うことがない言葉でもあります。 しかしその意味を解ってくると、自嘲している人は周りに結構いるのではないでしょうか。 自嘲とは自らを軽蔑して嘲笑うことです。

何となく解ってきた方もいるでしょうか。 つまりは自分の弱味や変なところを自ら認めて、そこに自分で突っ込みをいれて笑うことです。 例えば「僕なんて背が低いから誰にも気づかれなくて、ははは」「いやー、昨日は酔っぱらってしまって町のど真ん中でこけちゃいましたよ、ははは」というようなことです。 このように自分の欠点をネタにしてしまうという事ですね。

2. 自虐というほどではない

自虐というほどではない

よく自嘲と自虐の違いを問う方がいますが、この二つは大きな違いがあります。 それは軽蔑することの規模ですね。 自嘲というのは嘲笑うことなので、あくまで軽い軽蔑です。 分かりやすく言うと自分の失敗や弱点をネタにできる、ジョークにできるくらいの軽さがあります。

自らを嘲笑い、周りにいる人も笑えるくらいのことですね。 しかし自虐はそうではなく、本当に自分を追い詰めています。 笑えることではありません。 「僕は仕事も失敗して迷惑かけてばかりのダメな人間だ」「昨日彼女にフラれてしまって、もうこれで三人連続で半年ももってないよ」というように、内容は深刻であることを自ら発することです。 もちろん周りで聞いている方も笑えませんよね。 今では自嘲レベルの話を「自虐的」と言ってしまうので、混合してしまったのでしょう。

3. 自嘲気味とはそれっぽくということ

自嘲気味とはそれっぽくということ

そして自嘲気味といったら、これは読んだ雰囲気の通りで自嘲っぽい、自嘲に近いようなということです。 あまり大きなアクションでもなく、なんとなくそんな感じでという雰囲気でしょうか。

文章で言いますと、「財布を家に忘れてきた彼は自嘲気味に笑っていた」という感じでしょう。 自分の軽いミスや多少の欠点に対して、なんとなく嘲笑ってみたという感じですね。

4. 自分に自信がない人

自分に自信がない人

そして自嘲する人の特徴をあげていきましょう。 自分の欠点を知っていますので、基本的に自信がない人が多いでしょう。 その欠点を知りながらも関係ないと思っていれば良いのですが、知っていてさらにそこを自分でついて嘲笑っていますので、普段から欠点を意識しているということになります。

それにより強気に出ることはなく、なかなか自身の持てないキャラであることが多いのです。 ただそう言ってもそこまで深刻に悩んでいるわけではありませんので、取っつきにくいということではありません。

5. 人に好かれる人が多い

人に好かれる人が多い

もうひとつ自嘲する人の特徴ですが、わりと周りの人から好かれる傾向にあるでしょう。 自分の欠点をさらけ出すということで、逆にいうと周りの人を責めることがありません。 それにより接しやすく、愛される人であることが多いでしょう。

自分でも嘲笑えるくらいのネタを持っているということにもなるので、周りの雰囲気を明るくする力も持っています。 ちょっと突っ込みをいれたくなったりいじりたくなるような気持ちにさせることもあるでしょう。 「まったく、しょうがない人だな」と思いながらも、なんとなく放っておけないオーラを持っているのですね。 それもまた好かれる理由となっているのでしょう。

6. 営業職に向いている

営業職に向いている

自嘲する人は営業職に向いているとも言えるでしょう。 自分に自信がないのに営業なんかできるのかと思う方もいると思いますが、自嘲する人の特徴には「自分の欠点をさらけ出す」ということがありますよね。 この欠点をさらけ出せるというのは強さでもあります。

誰しもが自分の欠点を公表できる人を見て不快に思う人はいませんよね。 逆に応援したくなります。 このように人に好かれるわけですから、相手の心に入り込むことができる人と言えますよね。 営業はまず相手の気持ちに入らなければ先に進みません。

そして商品の良いことばかりでなく、欠点もあえて言えることがコツでもあるのです。 普段から欠点をさらけ出せる訳ですから、商品のデメリットな部分も隠さず言えるのですね。 このような正直なところがお客さんにもうけて、結果的に営業職に向いていると言えるのです。

まとめ

自嘲や自嘲気味の意味や特徴をあげていきました。 自嘲とは自分の欠点や失敗を軽蔑して嘲笑うことです。 そして同時に自嘲する人と自虐的な人との違いは明確になりましたね。

混合して使われているので迷う方もいたと思います。 自嘲する人は決してそこまでの深刻な欠点を持っているわけではありません。 笑える程度ですので。 そんな自嘲する人は自分に自信がなくても、良いところもたくさんあるのです。 人に好かれますし、気持ちのなかに入り込むこともできるのですね。

よく「自嘲する」や「自嘲気味に」なんて言葉を聞きます。 ではこの言葉の意味や、それをする人の特徴とは何なのか、あげていきます。


自嘲とは自らを嘲笑うこと

自嘲というとなかなか聞きなれない方もいるかもしれません。 普段なかなか使うことがない言葉でもあります。 しかしその意味を解ってくると、自嘲している人は周りに結構いるのではないでしょうか。 自嘲とは自らを軽蔑して嘲笑うことです。

何となく解ってきた方もいるでしょうか。 つまりは自分の弱味や変なところを自ら認めて、そこに自分で突っ込みをいれて笑うことです。 例えば「僕なんて背が低いから誰にも気づかれなくて、ははは」「いやー、昨日は酔っぱらってしまって町のど真ん中でこけちゃいましたよ、ははは」というようなことです。 このように自分の欠点をネタにしてしまうという事ですね。

自虐というほどではない

よく自嘲と自虐の違いを問う方がいますが、この二つは大きな違いがあります。 それは軽蔑することの規模ですね。 自嘲というのは嘲笑うことなので、あくまで軽い軽蔑です。 分かりやすく言うと自分の失敗や弱点をネタにできる、ジョークにできるくらいの軽さがあります。

自らを嘲笑い、周りにいる人も笑えるくらいのことですね。 しかし自虐はそうではなく、本当に自分を追い詰めています。 笑えることではありません。 「僕は仕事も失敗して迷惑かけてばかりのダメな人間だ」「昨日彼女にフラれてしまって、もうこれで三人連続で半年ももってないよ」というように、内容は深刻であることを自ら発することです。 もちろん周りで聞いている方も笑えませんよね。 今では自嘲レベルの話を「自虐的」と言ってしまうので、混合してしまったのでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!