恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171015154813.html
優しくない彼氏に共通する11の特徴

優しくない彼氏に共通する11の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
優しくない彼氏に共通する11の特徴

優しくない彼氏には共通するいくつかの特徴が存在しますが、ここではそのうちの11個についてお伝えしています。



  • 男らしさをアピールしたい
  • 彼女の成長を考慮している
  • 恥ずかしい
  • 優しさを示す方法がわからない
  • 忙しい
  • 友達が少ない
  • 相手の状況を即座に理解できない
  • 言葉づかいが悪い
  • 何事もはっきりと述べる
  • 欠点をはっきりと述べる
  • 一人で行動する
  • まとめ

1. 男らしさをアピールしたい

男らしさをアピールしたい

女性に対して下手にやさしく振舞ってしまうと、男らしさがアピールできなくなってしまうと感じる男性がいます。 このような男性はあえて彼女に対して優しさを示さないようにしていることがあります。 とりわけ彼女が彼氏を好きになり、お付き合いしたきっかけが「彼氏が男らしいから」というものである場合、男性は男らしさをキープしようと一生懸命になります。

しかしお付き合いを進めていくうえで優しさは必須となりますし、彼女の気持ちも変化していきますので、故意に優しく振舞わない態度は変化させるべきです。

2. 彼女の成長を考慮している

彼女の成長を考慮している

自分が彼女に対して過度の優しさを示し、何でも行ってしまうと彼女が精神的に成長できないと感じる男性がいます。 このような男性も彼女に対しての優しさをセーブすることがあります。 しかしこのタイプの男性は一見すると優しくない人と思われがちですが、実際には真の優しさを示していることになります。

そのためこのような男性の優しさはいつの日か彼女によって理解されます。 そして彼女自身は精神的に成長できるために、長い目で見ると様々なメリットを生じさせるのです。

3. 恥ずかしい

恥ずかしい

彼女に優しく振舞うことが恥ずかしいと感じる男性がいます。 このような感情は行動に現れるために、彼女に対して冷たく振舞う人もいます。 とりわけ人前では彼女に退位して非常に冷たく接する男性もいます。

しかしこのような男性のことを好きになった彼女は、彼氏が本当は優しい人であることを知っています。 そのためこのパターンは時間が経ってお互いが親密になってくれば解決されます。 彼氏も一度彼女に対して優しさを示してしまえば意地を張ることがなくなりますので、緊張がいつまでも続くことはなくなります。

4. 優しさを示す方法がわからない

優しさを示す方法がわからない

親切に行動したいという気持ちはあるものの、それをどのようにして表現したらよいかがいまいちわからないという男性がいます。 このような男性は当然のことながら親切に行動することができません。 このタイプの人は親や友達から親切を示されてこなかったために、どのようにしたらよいのかを学んでこなかったという状況にあります。

そのためこうした男性とお付きする女性は「こういう言葉をかけてくれると、嬉しく感じるよ」とか「こうしてくれると嬉しんだけど」と言って優しさの示し方を彼氏に教えてあげることができます。

5. 忙しい

忙しい

人は何かのことで忙しくしていると他のことが疎かになってしまう生き物です。 そのため大切な仕事を任されており、非常に忙しい毎日を送っている男性は彼女に対して優しさを示す余裕がありません。 このようなケースでは彼女の「会いたい」といリクエストに対して「今は忙しいからダメ」といった素っ気ない言葉で返答する場合も多くが、「おはよう」とか「おやすみなさい」といったメールを無視するなどの行動にでる男性もいます。 確かにこのような男性の心理状況も理解できますが、彼女が非常に大切な存在であることも忘れるべきではありません。

6. 友達が少ない

友達が少ない

どのような理由にせよ、上手に優しさを示せない男性は友達が少ない傾向にあります。 誰でも優しさを示されると嬉しくなり、このような人には近づきたいと感じるものです。 しかしそうでない人に対しては警戒心や不快感がでることがあり、近づこうとはしません。

これまで考えたように悪気なくても優しさを示さない人は、周りの人からは敬遠されてしまうことがあります。 そのため優しくない男性は同性からも、そして異性からも一歩引かれた存在となり、友達が少ないという傾向にあるのです。

7. 相手の状況を即座に理解できない

相手の状況を即座に理解できない

優しさというものはじっくりと考えて示せる場合と、即座に状況を考慮して示さなければならない場合とがあります。 前者の場合はそれほど問題ないかもしれませんが、後者の場合ですと状況判断力がなければ優しさは示せません。

そのため優しく振舞いたいと感じていても状況判断力がないゆえにそれができないという人もいるのです。 このタイプの男性はおどおどした行動を取ることが多い傾向にあります。 そのため普段からなんとなく不器用でおどおどしている人は、本当は優しいということが多々あります。

8. 言葉づかいが悪い

言葉づかいが悪い

言葉づかいが悪い男性は優しくないという印象を抱かせます。 しかしこれは本当に優しくない人というよりも、優しくない人という印象を抱かせる行為です。 そのため彼氏の発する言葉をよく聞いていると正論を述べているなど、彼女にとってためになることを言っていることがあります。

この場合は彼氏の言葉づかいに大きな問題があるわけですが、彼女の方も彼氏の感情を理解し、言葉づかいよりもその内容に注目することができます。 そして彼氏の動機を疑うのではなく、その言葉に耳を傾けるようにすることも大切です。

9. 何事もはっきりと述べる

何事もはっきりと述べる

何事もはっきりと述べる男性も優しさに欠けていると感じられることがあります。 誰かの間違いを正すような状況では言葉をやんわりと述べることでコレクションを受け入れやすくなります。 しかし優しくないと言われている男性の場合はストレートに「それはダメ」とか「あなたが間違っている」と発言します。

このようなことを言われると彼女は彼氏の言葉を受け入れにくく感じ、「優しくない人」という印象を与えることとなります。 しかし彼氏としてははっきりとものを言ったほうが彼女に意図が伝わりやすいと感じ、この方法をチョイスするのです。

10. 欠点をはっきりと述べる

欠点をはっきりと述べる

誰でも自分の欠点を述べられると嫌な気持ちになるものです。 しかし男性の中には彼女の欠点について本人に包み隠さずに述べる人がいます。 もちろん彼氏は彼女に自分の欠点を改善してほしいと感じ、このような行動に出るわけです。

しかし上記でも考えたようにストレートにものを言われると気分があまり良くないと感じるのは当たり前のことです。 男性の中には親しい関係にある彼女だからこそ欠点をストレートに述べるべきだと感じる人がいるわけですが、女性の中には親しい彼氏だからこそやんわりと自分を正してほしいと感じる人がいるのです。

11. 一人で行動する

一人で行動する

彼女としてはいつも彼氏と一緒に何かを行いたいと感じるものです。 しかし真の優しさを示さない彼氏はそのような行動にでないことがあります。 たとえば旅行に行くときに彼女を誘わずに一人で行ってしまったりとか、彼女が見たいと言っていた映画を一人で見てしまったりするのです。

このような男性は優しさが示されない人と言うよりは空気が読めない人と表現したほうがマッチしているかもしれません。 そのため彼女は「私もこの映画を見に行きたいから、絶対に一緒に行こうね」と念を押すようにするべきです。

まとめ

本当に優しくない男性とはお付き合いするべきではありません。 もちろんこのような男性にも魅力があるわけですが、多くの場合は外見がかっこいいというものでしょう。 そのため外見に惑わされることがあってはなりません。

しかしその男性の性格に引かれてお付き合いを始めた場合、彼氏が優しさを上手に示せないだけであることもあります。 このような場合は彼氏の性格を理解し、良いところを引き出す必要があります。 また場合によっては率直に話し合うことも必要であり、そうすることで恋愛がスムーズに行われるようになります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!