恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171014154254.html
飲み会中の彼氏から連絡の来ない理由!冷静になるのが大事!10選

飲み会中の彼氏から連絡の来ない理由!冷静になるのが大事!10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
飲み会中の彼氏から連絡の来ない理由!冷静になるのが大事!10選

飲み会中の彼氏から連絡の来ないからといって焦る必要はりません。 ときには下記の理由で連絡できないこともあるのです。



  • 盛り上がって連絡できない
  • マナーモードにしたままで気づいてない
  • 真剣な話をしていて携帯を見れない
  • 上司と話をしている
  • 飲み会での接待
  • 酔っていて連絡が返せない
  • 返したと思い、忘れている
  • すでに家に帰っている可能性もある
  • 飲み会を邪魔されたくない
  • もともと連絡を頻繁に取り合わない性格
  • まとめ

1. 盛り上がって連絡できない

盛り上がって連絡できない

当然のことながら飲み会が盛り上がっていると電話に気づくことができません。 みんなで騒いでいれば電話の音が鳴ったかどうかもわかりませんので、こうした状況では彼女がいくら飲み会に参加している彼氏に電話をしても、彼氏がそれに応答することはありません。

盛り上がりが収まり、ふと電話を見ると彼女らの不在着信がたくさんあったことに気づき、慌てて電話するという状況はよくあることです。

2. マナーモードにしたままで気づいてない

マナーモードにしたままで気づいてない

仕事中に個人的な用事で携帯電話を使用することが許されていない職場があります。 そのような職場ではみなマナーモードに設定しており、着信音は鳴りません。 そして仕事が終わった後に飲み会があり、携帯電話のマナーモードを解除し忘れたまま飲み会会場に行ってしまうことがあります。

そして携帯電話をカバンの中に入れたままにしておくならばバイブレーションが反応しても音が鳴らないために着信に気づくことができません。 こうした状況ゆえに飲み会中の彼氏となかなか連絡がつかないことがあります。

3. 真剣な話をしていて携帯を見れない

真剣な話をしていて携帯を見れない

飲み会と言えどもその場で彼氏がバカ騒ぎをしているとは限りません。 仕事上の重要な話をしていることもあれば、同僚の相談に乗っていることもあります。 このような真剣な話をしているときに電話に出ることのは相手に対して失礼であると感じている人がいます。

このような理由で彼女だけではなく他の人からかかってくる電話にもあえて反応しないようにしている男性もいます。 彼氏が友人や同僚から信頼された人である場合、こうした理由で飲み会の席での電話に出ることができないことが多々あります。

4. 上司と話をしている

上司と話をしている

飲み会の席で上司の隣に座ることになり、いろいろと話しかけられることがああるかもしれません。 もちろん気さくな上司であるなら彼女から電話がかかってきたときに「すみません」と話を遮り、対応することができます。

しかし真面目な上司であったり昇進がかかっているような時期であるなら、上司との会話を遮るのは容易ではありません。 このような状況下でも彼氏は彼女からの電話に出ないことがあります。

5. 飲み会での接待

飲み会での接待

飲み会は何も気の知れた仲間や会社の人たちとのみ開催されるものではありません。 ときにはクライアントとの接待のために催されることもあるのです。 このようなケースでは一緒にお酒を飲んでいるのは大切なクライアントであるために、彼らの気分を害するような行動は絶対に避けなければなりません。

中にはせっかく盛り上がっているのに携帯電話で話をする人を嫌うクライアントもいます。 こうした状況を考慮に入れ、接待中に携帯電話に出ないようにしている人もいるのです。

6. 酔っていて連絡が返せない

酔っていて連絡が返せない

お酒に弱い人はすぐによって記憶を無くしてしまったり、眠ってしまいます。 しかしこのような状況を面白がってお酒が弱い人にたくさんのお酒を飲ませる人もいます。 もし彼氏がお酒が弱い人であるのならばその場で酔ってしまい、自分が何をしているのかわからなくなったり寝ているという状況も考えられます。

このような状況を心配なさるのでしたら、彼氏と一緒に飲み会に参加している人の電話番号をゲットし、その人から状況を知らせてもらうことができます。

7. 返したと思い、忘れている

返したと思い、忘れている

彼女といつも決まった時間に連絡を取り合っている男性がいます。 そして飲み会の予定があらかじめわかっている場合は彼女と連絡を取り合う時間だけその場を少し抜け出し、電話しようと決めていることでしょう。 しかし飲み会が楽しくなり、周りの人との会話が盛り上がり過ぎて彼女との時間のついつい忘れてしまうことがあります。

またお酒が入っているために思考力も曖昧になっており、彼女との約束を破ってしまうのです。 このような状況に気づいたとき、彼氏はかなり焦ります。 そのため焦った口調で遅れて電話をしてきた場合は状況を考慮し、許してあげるべきです。

8. すでに家に帰っている可能性もある

すでに家に帰っている可能性もある

疲れているとお酒が回るのが早く、すぐに酔ってしまいます。 そのためいつもより酔いが早いと感じた場合、安全のためにすぐに帰宅する人がいます。 そのた目飲み会中の彼氏に電話をしても一向につながらないと感じているとき、実は彼氏はすでに帰宅していて就寝していることもあります。

そのため普段から仕事が忙しいと嘆いている彼氏などにはこうしたことが生じる可能性もあるということを覚えておくべきです。

9. 飲み会を邪魔されたくない

飲み会を邪魔されたくない

その場にいる人たちとの親睦の場であり、尚且つ日頃のストレスを一気に解消するために飲み会に参加する男性がいます。 このような男性にとって飲み会はいわば特別な催し物であり、自分の世界に入り込みたいと感じるものです。

そのため普段の生活を忘れて盛り上がるために、携帯電話をあせてオフにしているという男性もいるのです。 先にも触れたように携帯電話をオフにしたり着信があっても出ないようにしている人はたくさんいますが、ここで述べているタイプの人は他の人のためではなく、自分のために携帯電話をオフにします。

10. もともと連絡を頻繁に取り合わない性格

もともと連絡を頻繁に取り合わない性格

もともとそれほど頻繁に連絡を取り合わないカップルがいます。 しかし彼女の方が彼氏が飲み会に参加するからと言って心配になり、そのときに連絡することがあります。 しかし彼氏の方は彼女から電話がかかってくるなどと思っていないために、普通に見過ごしていることがあります。

こうした状況は意外と多く、次に会うときに彼女が「どうしてあのとき電話に出なかったの?」と興奮して尋ねると、冷静に「何で?」と彼氏に言い返されることがあります。

まとめ

彼氏が飲み会に参加すると聞くと、そこに女性はいないのかとか、飲み会と偽って他の女性と会っているのではないかという心配な気持ちが彼女に内に湧き起ることがあります。

しかし飲み会の席では彼女からの電話に出れなかったり、彼氏の方から彼女に電話できない状況が多々あることも忘れてはなりません。 そのため飲み会イコール彼氏の怪しい行動という思考は決して正しいとは言えません。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!