恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171014091812.html
頭が切れるとは?頭の切れる人に共通する10の特徴

頭が切れるとは?頭の切れる人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
頭が切れるとは?頭の切れる人に共通する10の特徴

頭の切れる人というのは、いってみればこれが当たり前だという既成概念に囚われないで、柔軟で自由気ままな、超越的とすらいえる思考や発想ができる、その結果として多くのものを手に入れられる人のことをいいます。

  • 当たり前の発想しかできない時点で頭は切れない
  • 常に時代の先端を切り開く繊細な感性が求められる
  • 情熱的でニヒルのかけらもなくロマンに溢れている
  • 他人からどう思われるかを気にしてなどいないのだ
  • 不屈の信念と反骨精神こそが精神的支柱となっている
  • 努力を苦にしない、そもそも努力とすら感じない才能
  • ありとあらゆる旅路を積み重ねてきた集大成としての今
  • 他者に対して寛容で、喜びをストレートに表そうとする
  • 人間の持つデメリットを排除した合理主義のモンスター
  • 頭が切れる人は今日も脇目も振らずに我が道を行く
  • まとめ

1. 当たり前の発想しかできない時点で頭は切れない

当たり前の発想しかできない時点で頭は切れない

頭が切れる人というのはたいていの場合個性的な人です。 なぜなら既成概念に囚われず柔軟で自由気ままな思想や発想ができるからこそ、その人は頭が切れると周囲から思われるのです。

何も学術的なことやアカデミックなことばかり考えるからではなく。 その特異性と先進性にこそ大きな価値があります。 人と違うことを考え、実行し、完成させることができる人です。

2. 常に時代の先端を切り開く繊細な感性が求められる

常に時代の先端を切り開く繊細な感性が求められる

頭の切れる人は、既成概念に囚われないためにも常に時代の先端を切り開く繊細な感性を磨いています。 日常的により多くの情報に無意識に触れるチャンネルを持っていて、ありとあらゆる話題から必要な要素を取捨選択できます。 これが当たり前だと思っている変わり映えのしない眼前の日常に甘んじていては、その時点で頭が切れるとはいいがたいといえるでしょう。

3. 情熱的でニヒルのかけらもなくロマンに溢れている

情熱的でニヒルのかけらもなくロマンに溢れている

時代の先端を切り開ける人は情熱的です。 目の前の現実をただ甘受し、だからこそ変革の必要性対して鈍感であったり、そのことを受け入れるためにより一層ニヒルであることは、頭が切れるとはいいがたいでしょう。 情熱的だからこそ目の前に広がっている課題や問題点に対して鋭敏になり変革の必要性に対してシビアになります。 必要な未来を手に入れられるのです。

4. 他人からどう思われるかを気にしてなどいないのだ

他人からどう思われるかを気にしてなどいないのだ

頭が切れるということは、個性的で、既成概念に囚われず、柔軟で自由気ままで、人と違うことを考え、時代の先端を切り開く繊細な感性を磨いていて、多くの情報に触れていて、情熱的でロマンに溢れています。 そういう人は常に他人からどう思われていようとよくも悪くもそれをほとんど気にしません。 マイペースであるというのはつまり頭が切れるということです。

5. 不屈の信念と反骨精神こそが精神的支柱となっている

不屈の信念と反骨精神こそが精神的支柱となっている

頭が切れる人には非常に強いこだわりがあります。 自分の幸せを、必要な未来を手に入れるためにです。 妥協ではなく理想を重視します。 学生時代に仲間たちが怠惰に遊びに行っていたとしてもその輪には加わりません。

目標を達成するために不屈の信念で油断なく己を鍛錬します。 世間で重視されるのが同調圧力だとすれば頭の切れる人は反骨精神を重視するのです。

6. 努力を苦にしない、そもそも努力とすら感じない才能

努力を苦にしない、そもそも努力とすら感じない才能

頭の切れる人はすべてにおいて努力を苦にしない、そもそも必要な未来のために取るべき行動を努力とすら感じない才能があります。 好きこそものの上手なれという言葉がありますが、日常のありとあらゆることに対して頑張らなければならない人たちと、無心に、あるいは楽しみながらそれらを完成させられる頭の切れる人とでは、長い時間において大きな差が出ます。

7. ありとあらゆる旅路を積み重ねてきた集大成としての今

ありとあらゆる旅路を積み重ねてきた集大成としての今

頭の切れる人は一瞬にして作り出されるわけではありません。 少年のころから大人になるに至るまで非常に多くの情報を処理し、苦もなく努力し、ありとあらゆる旅路を積み重ねてきたからこそ、膨大な経験値が備わっています。

人の何倍もの経験値です。 その力が持ち前の柔軟な個性によって駆動します。 ただ生活している人と目標に向けて旅をしている人の違いです。

8. 他者に対して寛容で、喜びをストレートに表そうとする

他者に対して寛容で、喜びをストレートに表そうとする

頭が切れる人は日常生活においてもスマートです。 他人との諍いよりも融和を好みます。 自分の喜びをストレートに表現するから相手からも好かれるのです。

目標に向けて旅をしているので必要な未来が手に入るため、相手が最も望んでいる物事を効果的に提供できます。 意地を張ったり嫉妬したり憎悪したりすることもありません。 ある意味で非人間的とすらいえます。

9. 人間の持つデメリットを排除した合理主義のモンスター

人間の持つデメリットを排除した合理主義のモンスター

頭が切れる人は世間で常日頃から取り沙汰されているノイジーな同調圧力的事象に拘泥しません。 自分自身の内側から湧いてくるネガティブな感情にもです。 目標に対して、幸せに対して、必要な未来に対してのみ忠実です。 頭が切れることは結果的に非世俗的だということです。 個性的なのも柔軟なのも、他人と同じ、頭が固いといった世俗性を排しているのです。

10. 頭が切れる人は今日も脇目も振らずに我が道を行く

頭が切れる人は今日も脇目も振らずに我が道を行く

人間が大勢いるとお互いに同調圧力が発生しパフォーマンスが低下してしまいます。 頭の切れる人はそんななかでも己を見失わず最適な行動が取れます。 たとえそれが変わり者だと周囲から思われる原因になろうとも。 頭が切れるというのはただ単に脳の性能やアカデミックな知識の披露ではなく「人間や社会に対して超越的な立場を築けていること」を意味するのです。

まとめ

もちろんただひとつの類型に限られるはずもなく、頭が切れる人とひと口にいってもいろいろなタイプがいることでしょう。 しかし彼らに共通しているのはつまるところその超越性、独自性なのだといえます。

周囲の人間との際限のない競争や嫉妬に明け暮れてなどいません。 彼らには目指すべき目標が、手に入れたい未来があるのです。 彼らがいろいろな成功を手にしているように見えるのは必然であり、結果論に過ぎないのです。

頭の切れる人というのは、いってみればこれが当たり前だという既成概念に囚われないで、柔軟で自由気ままな、超越的とすらいえる思考や発想ができる、その結果として多くのものを手に入れられる人のことをいいます。


当たり前の発想しかできない時点で頭は切れない

頭が切れる人というのはたいていの場合個性的な人です。 なぜなら既成概念に囚われず柔軟で自由気ままな思想や発想ができるからこそ、その人は頭が切れると周囲から思われるのです。

何も学術的なことやアカデミックなことばかり考えるからではなく。 その特異性と先進性にこそ大きな価値があります。 人と違うことを考え、実行し、完成させることができる人です。

常に時代の先端を切り開く繊細な感性が求められる

頭の切れる人は、既成概念に囚われないためにも常に時代の先端を切り開く繊細な感性を磨いています。 日常的により多くの情報に無意識に触れるチャンネルを持っていて、ありとあらゆる話題から必要な要素を取捨選択できます。 これが当たり前だと思っている変わり映えのしない眼前の日常に甘んじていては、その時点で頭が切れるとはいいがたいといえるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!