恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171012133956.html
勘違いしやすい人に共通する13の特徴

勘違いしやすい人に共通する13の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
勘違いしやすい人に共通する13の特徴

普段から勘違いが多い人っていますよね。 勝手に聞き間違えて激怒したり、落ち込んだりとちょっと困った時もありますね。 また常に自信満々で相手の話を聞き入れないといった面も目立ちます。 そのような勘違いしやすい人の特徴をまとめてみました。



  • 自信過剰
  • 疑り深い性格
  • 相手を見下している
  • モテていると思い込んでいる
  • 決めつける
  • プライドが高い
  • 被害妄想が激しい
  • 自分に甘い
  • 人の話をよく聞かない
  • 相手を支配したがる
  • 自分が上に立たないと気が済まない
  • 見栄っ張り
  • 謙虚さがない
  • まとめ

1. 自信過剰

自信過剰

勘違いしやすい人は自分に自信があります。 実力以上に自分はデキる!と信じ込んでいるので厄介です。 実際は大して仕事の能力がないのに本人だけは自分がこの会社を動かしてやっているんだと信じていたりして、周りからは「イタイ奴」と思われていたりします。 自信を持つことは大事ですがそれが行き過ぎると単なる勘違いな人です。

2. 疑り深い性格

疑り深い性格

勘違いしやすい人は、自分以外の人を信用できないという性格です。 自分が正しいと思い込んで、相手からいくら指摘されても聞き入れず後で大きなミスに繋がることもあります。 また相手の話を信用せず嘘と決めつけてしまうこともあり人間関係が長続きしません。

3. 相手を見下している

相手を見下している

勘違いしやすい人というのは、自分が一番である、最高であると思っているふしがあり、他の人を見下す傾向があります。 自分が相手を格下だと思い込んだら、かなり失礼な態度をとります。

そこが勘違いしやすい人の悪い特徴ともいえますし、浅はかな部分です。 見下していた相手が実は上司の関係者だった、実力者だったということが判明して真っ青!なんてこともあります。 馬鹿にしていた相手が上司のお気に入り、結局自分が左遷されたなんて実例もあります。

4. モテていると思い込んでいる

モテていると思い込んでいる

勘違いしやすい人、これは男女共に言えることですが自分のことを魅力的で異性にモテていると思い込んでいることです。 自分に自信があり自分が大好きというナルシストタイプですが、自分だけがそう思っているだけで実際はモテていない、むしろ異性から「キモイ」と思われて嫌われていることもあります。

相手の表情や態度から気が付きそうなものですが、この手のタイプはなぜか鈍感で一向に気が付かないまま、異性に関しては無駄にポジティブ思考であるのが特徴的です。

5. 決めつける

決めつける

勘違いしやすい人は、自分がこうと思ったらすぐに決めつけて結論を出してしまいます。 ですから人間関係も自分が気に入らない要素を相手に見たらその日限りで縁を切る、リセットというようなことを繰り返します。 話し合うことをしないので勘違いのまま仲が悪くなるということが多いのです。

6. プライドが高い

プライドが高い

勘違いしやすい人は、仕事でも恋愛でも自分の持っている実力以上のものを持っていると自分に都合のいい勘違いをしています。 無意識のうちに、上から目線的な考え方、言い方、態度になっていて、周りからは「勘違いしすぎ」と思われることも多いです。

本人としては自己肯定感がありますし、無駄にプライドが高いのでいつまでもそんな調子で勘違いしたままです。 異性に対して選り好みをしているうちに自分の年齢が高くなって婚期を逃してしまうこともあります。 自分がいくら年齢が上がっても、条件が悪くなっても相手に妥協をしない、高望みをする、そんな傾向もあります。

7. 被害妄想が激しい

被害妄想が激しい

勘違いしやすい人は、日頃から被害妄想が激しいのが特徴です。 自分大好き、自分可哀そうといった性格ですので、ちょっと気に入らないことがあったら自分への嫌がらせとか、自分を妬んでいると決めつけるのです。

8. 自分に甘い

自分に甘い

勘違いしやすい人は、自分に甘いことが多いです。 努力することが嫌いです。 そもそも自分は努力などしなくても実力が備わっているとなぜか自己評価が高いのです。 人のミスは責め立てるけど自分の間違いには甘いのも特徴です。 また反省心もありません。

9. 人の話をよく聞かない

人の話をよく聞かない

聞き間違い、勘違いが多い人は往々にして人の話をよく聞いていません。 途中で分かったような気になったり、相手の話をさえぎったりと失礼な態度が目立ちます。 その上、最後まで聞かず勝手に怒ったり、傷ついたりすることもあるので、誤解を招くことが非常に多く、人間関係でトラブルになりやすいです。

10. 相手を支配したがる

相手を支配したがる

勘違いしやすい人ほど自分は何でもできる、実力がある、魅力的であると自信があります。 そういった思いは人とのつきあいにも表れます。 自分はこんなに偉いのだから、従えという気持ちが強く、相手を自分の思い通りにしようとする、支配したがる性格です。

11. 自分が上に立たないと気が済まない

自分が上に立たないと気が済まない

勘違いしやすい人は、自分が上に立たないと気が済まない性質があります。 どんな行事にも顔を出してきます。 自分がいないと仕切れない、頼りにされていると思い込んでいますし、周りもそう言わないといけないような雰囲気になっているのでそういったことを言って持ち上げることが多いです。 ですからますます本人は勘違いしますし、自信を深めていくのです。

12. 見栄っ張り

見栄っ張り

勘違いしやすい人は、人のことを見た目で判断する傾向があります。 いい家、車、ブランド品、こういった物で相手の経済力を判断します。 そういう思いがありますので、自分も相手に馬鹿にされてはならないと、無理をして見栄を張ってしまうのです。 本当は稼ぎが少ないのに、お金持ちの人に負けたくないとローンを組んで同じことを楽しもうと頑張ったりします。

13. 謙虚さがない

謙虚さがない

勘違いしやすい人は、謙虚さというものがありません。 本当はコンプレックスの裏返しなのかもしれませんが、常に自信満々な様子、仕事もできる、知識もあるというところを見せようとします。 身に着けるものはさりげなくブランド品で他の人とは違う自分をアピールしようとしたりします。

また態度も少々傲慢なくらいが自信があっていいだろうと思っていたりもします。 本当に尊敬できる人というのは決して威張ったりすることはなく謙虚なものですが、それを理解できず威張っている方が偉く見えるなどと勘違いしているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 勘違いしやすい人の特徴をまとめました。 仕事でも恋愛でも勘違いしやすい人って本人はいいと思ってしている言動なのでしょうが、周りから見ると勘違いしてイタタなんて笑われているものです。

なかなか直りにくい性格ですし、関わりすぎるとトラブルに巻き込まれる原因となりますのでさらっとかわして上手くつきあっていくのがベストでしょうね。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!