恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171012133941.html
言葉を選べない人に共通する10の特徴

言葉を選べない人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
言葉を選べない人に共通する10の特徴

TPOに応じた話し方ができない、無神経な発言が多い、など言葉を選べない人に共通する特徴をまとめました。

  • 思った事をすぐ口に出してしまう
  • 敬語を知らない
  • 無神経な発言が多い
  • 語彙力や表現力が低い
  • TPOを考えて行動できない
  • マナーやモラルを守れない
  • 思いやりや気づかいに欠ける
  • 態度や言葉遣いが悪い
  • 猪突猛進で向う見ずな性格
  • わがままで自分勝手な行動が多い
  • まとめ

1. 思った事をすぐ口に出してしまう

思った事をすぐ口に出してしまう

言葉を選べない人は、思ったことをすぐに口に出してしまう場合が多いです。 感情の変化が激しく、忍耐力が低いので、失言や暴言が出やすいのがネックです。

子供のように素直に考えず、言葉を発してしまうことが多いです。 また、リアクションが大きく、うるさい人だと評価されることもよくあるでしょう。 何かを発言する場合は、一呼吸おいて、相手のことを考えて話しましょう。

2. 敬語を知らない

敬語を知らない

言葉を選べない人は、敬語を知らない場合が多く、礼儀知らずな態度をしてしまうことが多いでしょう。 先輩に対してタメ口で話してしまったり、敬語を使ったとしてもちぐはぐでおかしかったりと、社会に出てから問題を起きてしまうことも多いです。

敬語を使うというのは、大人になるうえで最低限のマナーなので、学習し常に使うことで、敬語を身につけるように心がけましょう。

3. 無神経な発言が多い

無神経な発言が多い

言葉を選べない人は、無神経な発言が多いです。 考えずに、思うがままに発言してしまい、相手の怒りや不興を買ってしまうことが多いです。 たとえ初対面の人に対しても、礼儀を失した態度や言葉遣いをしてしまうこともあるので、気をつけなければなりません。 相手を不用意に傷つけないように、尊敬する気持ちを胸に、配慮や遠慮をすることを覚えましょう。

4. 語彙力や表現力が低い

語彙力や表現力が低い

言葉を選べない人は、言葉を知らない場合も多いです。 語彙力や、表現力が低く、いつ話しても小学生の感想のような、低レベルで単調な発言をしてしまうことも多いです。

言葉と言うのは意識的に学ばなければ身になりません。 基本的な国語力を習得するには、読書をしたり、新聞を読み、積極的に会話をするようにしましょう。 深い表現力を身につけるために、話す力、聞く力、読み取る力を鍛えていきましょう。

5. TPOを考えて行動できない

TPOを考えて行動できない

言葉を選べない人は、TPOを考えて行動することができません。 いつでも自由気ままにふるまい、周囲の人間から、顰蹙を買ってしまうこともあるでしょう。 中には、式典や儀式の時など、神妙に振る舞うべき時も、奔放な態度をしてしまう人もいます。

周囲を気づかう心持ちや、空気を読む力が足りないので、周囲に迷惑をかけてしまうことが多いのです。 家族やパートナーに恥をかかせないためにも、大人の振る舞いができるようにしましょう。

6. マナーやモラルを守れない

マナーやモラルを守れない

言葉を選べない人は、マナー違反をしたり、モラルのない行動をしてしまうことが多いです。 自分の快と不快に従って生きるタイプで、勝手な振る舞いによって、問題を起こしてしまうことも多いです。

社会的な評価が低く、変人扱いされることもあるでしょう。 人の個性はそれぞれですが、常識を知っていないと、自分も周囲の人も困ってしまうことが多いです。 基本的なルールやマナーは守るように心がけましょう。

7. 思いやりや気づかいに欠ける

思いやりや気づかいに欠ける

言葉を選べない人は、思いやりや気遣いに欠けることが多いです。 相手のことを気遣った言葉をかけることができず、失言や暴言をぶつけてしまうことがあります。

素直すぎて、直接的な場合も多く、オブラートに包んだ発言ができないのもネックです。 率直な言葉が好まれる時もありますが、多くの場合は相手を傷つけたり、怒りを煽ることに繋がります。 よく考えてから発言するように気をつけましょう。

8. 態度や言葉遣いが悪い

態度や言葉遣いが悪い

言葉を選べない人は、態度や言葉遣いが悪い場合が多いです。 汚い言葉を遣ったり、横柄で高圧的な態度を取り、相手を不快にさせることも多いでしょう。 中には、恥ずかしがり屋で、あえて悪ぶってしまうような人もいます。

しかしながら、そうした突っ張った態度は子供だから許されるものであります。 大人になってからも、素直じゃない態度をとっていると損することも多いです。 悪い言葉や態度には、悪い人間関係もついてきます。 誠実に、清く正しく生きるように心がけましょう。

9. 猪突猛進で向う見ずな性格

猪突猛進で向う見ずな性格

言葉を選べない人は、猪突猛進で向う見ずな性格です。 自分のやりたいことは、なりふり構わず行動してしまい、周囲を巻き込んでしまうことが多いです。 発言においてもその通りで、考えずに失言をしてしまい、相手の不興を買ってしまうことも多いです。

計画性がなく、衝動的なため、失敗や損失が多いのもネックです。 何かを始める時は、見通しを持って、周囲と話し合いつつ行動するようにしましょう。

10. わがままで自分勝手な行動が多い

わがままで自分勝手な行動が多い

言葉を選べない人は、わがままです。 言いたい事を言い、したいことをする、自由奔放な性格で、迷惑をかけることが多いです。 罪悪感が少なく、しばしば相手を利用したり、貶めたりするサイコパスな性格の場合も多いです。 社会的に評価が低く、孤立することもよくあるでしょう。 自分の行動や発言を反省し、振る舞いや態度を改めなければなりません。

まとめ

言葉を選べない人は、社会においてさまざま問題を起こしがちです。 何か言う前に、いったんブレーキをかけ、考えてから発言するようにしましょう。 誠意と思いやりを持って他者と接することが大切です。

TPOに応じた話し方ができない、無神経な発言が多い、など言葉を選べない人に共通する特徴をまとめました。


思った事をすぐ口に出してしまう

言葉を選べない人は、思ったことをすぐに口に出してしまう場合が多いです。 感情の変化が激しく、忍耐力が低いので、失言や暴言が出やすいのがネックです。

子供のように素直に考えず、言葉を発してしまうことが多いです。 また、リアクションが大きく、うるさい人だと評価されることもよくあるでしょう。 何かを発言する場合は、一呼吸おいて、相手のことを考えて話しましょう。

敬語を知らない

言葉を選べない人は、敬語を知らない場合が多く、礼儀知らずな態度をしてしまうことが多いでしょう。 先輩に対してタメ口で話してしまったり、敬語を使ったとしてもちぐはぐでおかしかったりと、社会に出てから問題を起きてしまうことも多いです。

敬語を使うというのは、大人になるうえで最低限のマナーなので、学習し常に使うことで、敬語を身につけるように心がけましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!