恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171012131016.html
わがままを言う人の特徴や心理10選

わがままを言う人の特徴や心理10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
わがままを言う人の特徴や心理10選

甘えたい、束縛したい、自己中心的など、わがままを言う人の特徴や心理についてまとめました。

  • 甘えん坊な性格
  • 相手を束縛したい
  • 自己中心的な行動が多い
  • マナーやルールを守れない
  • 頑固である
  • さびしがり屋である
  • リーダーシップに欠ける
  • マイペースである
  • 喜怒哀楽が激しい
  • ストレスがたまっている
  • まとめ

1. 甘えん坊な性格

甘えん坊な性格

わがままを言う人は、甘えん坊な性格な場合が多いです。 何か辛いことやキツイことがあると、すぐに他人を頼ってしまうことがよくあります。 それゆえ周囲を巻き込むことも多いでしょう。

また、できるだけ、楽をしたい、面倒から逃げたいという怠け癖も強く、職務や役目を放棄してしまう場合もあるでしょう。 責任感が足りず、社会的な信頼を失いやすいので気をつけましょう。

2. 相手を束縛したい

相手を束縛したい

相手を束縛したい時に、わがままを言うこともよくあります。 「自分以外を見て欲しくない」「これくらいワガママを言っても平気」というように、束縛心と依頼心が強い傾向があります。 それゆえ、わがままを言って相手を振り回し、自分の思い通りに動かそうとします。 そうした自分勝手な態度がかえって、関係の崩壊を招くこともあるので気をつけましょう。

3. 自己中心的な行動が多い

自己中心的な行動が多い

わがままを言う人は、自己中心的な行動が多いです。 いつでも、どこでも自分中心に考え、勝手気ままな振る舞いをしがちです。 優しさや思いやりに欠け、奔放な行動や無神経な言動のせいで、相手を傷つけてしまうこともあるでしょう。 自分勝手な行動をするのではなく、周囲に気遣い、心砕いて対応することが大切です。

4. マナーやルールを守れない

マナーやルールを守れない

わがままを言う人は、マナーやルールを守れない場合も多いです。 中には、ルールを破っても「知らなかった」と白を切るような、非常識な人もいるでしょう。 しばしばモラルハザードを起こしがちで、社会的な信頼を失墜させやすいです。

また、自分の要求が通らないと、文句をまくし立てる、モンスターカスタマーやモンスターペアレントになる場合も多いでしょう。 周囲の迷惑にならないように、気配りのできる人にならなければなりません。

5. 頑固である

頑固である

わがままを言う人は、頑固です。 こうと決めたら、自分の意思を貫き通さないと気が済まず、しばしば周囲の人間を巻き込んでしまいます。 さらに、猪突猛進で、周りが見えなくなってしまいやすいのも厄介です。

そして、計画性のない、衝動的な行動パターンも多いので、問題を起こしがちです。 自分が動けば、周りも動いてくれるという勘違いから目を覚まし、自重して行動しなければなりません。 何かを始めたいのであれば、家族や友人に相談して、打ち合わせをしてから行いましょう。

6. さびしがり屋である

さびしがり屋である

わがままを言う人は、さびしがり屋である場合も多いです。 誰かに依存したい、頼りたい、甘えたいという気持ちが強く、それゆえにわがままで相手を振り回してしまうことが多いです。

しかしながら、わがままを言っても、根本的な寂しさを解消できず、孤独感を募らせる場合が多いです。 結局、わがままばかり言うせいで、周囲から孤立してしまうこともよくあるのです。 相手を思いやり、絆を深めることで、孤独から解放されるでしょう。

7. リーダーシップに欠ける

リーダーシップに欠ける

わがままを言うひとは、リーダーシップに欠けます。 ワンマンな組織運営で、しばしば分裂や崩壊を起こしてしまうことも多いです。 チームのために動くことができず、自分勝手な振る舞いで、失敗することもよくあります。

また、冷静さを失いやすいので、問題が起こっても上手く対処ができません。 組織やチームというのは、自分の意のままに動く駒とは違う、ということを理解しなければなりません。 相手を思いやりつつも、時には全体のための判断をすることが大切なのです。

8. マイペースである

マイペースである

わがままを言う人は、マイペースであることが多いです。 全体に合わせることをせず、自分のペースで物事を進めたいので、しばしば勝手気ままに行動しがちです。 自己主張が強すぎて、孤立することも多いので気をつけましょう。 欲求や衝動に流されることなく、集団行動ができるように気を配り、集中して誠実に取り組むことが大切です。

9. 喜怒哀楽が激しい

喜怒哀楽が激しい

わがままを言う人は、喜怒哀楽が激しい場合が多いです。 激しい感情の変化によって、周囲を巻き込んだり、他者を傷つけたりすることが多く、迷惑をかけやすい性格です。 また、強い怒りをぶつけた後は、ケロリとしている場合が多く、そうした態度がかえって相手の怒りを買うこともあるでしょう。

わはままで誠実さに欠けるので、友人や恋人を失いやすいのも欠点です。 自分の感情や衝動をコントロールし、穏やかでいることが大切です。

10. ストレスがたまっている

ストレスがたまっている

わがままを言う人は、ストレスをため込んでいることもあります。 特に上からの圧力にストレスを感じ、自分より弱い人や、下の立場の人にわがままを言ったり、攻撃的になったりします。

パワハラやいじめ起こしてしまうこともあるので、怒りや攻撃性を抑えるように気をつけましょう。 どうしても感情をコントロールできない場合は、医療機関に相談したり、カウンセリングを受けることも大切です。 お互いの心身が傷付いてしまわないように、配慮しなければなりません。

まとめ

わがままを言う人は、精神的に問題がある場合が多いです。 感情の攻撃性が深刻な場合は、病院や保健所などに相談することも大切です。 多くの問題が起こらないうちに、早めに対処しましょう。

甘えたい、束縛したい、自己中心的など、わがままを言う人の特徴や心理についてまとめました。


甘えん坊な性格

わがままを言う人は、甘えん坊な性格な場合が多いです。 何か辛いことやキツイことがあると、すぐに他人を頼ってしまうことがよくあります。 それゆえ周囲を巻き込むことも多いでしょう。

また、できるだけ、楽をしたい、面倒から逃げたいという怠け癖も強く、職務や役目を放棄してしまう場合もあるでしょう。 責任感が足りず、社会的な信頼を失いやすいので気をつけましょう。

相手を束縛したい

相手を束縛したい時に、わがままを言うこともよくあります。 「自分以外を見て欲しくない」「これくらいワガママを言っても平気」というように、束縛心と依頼心が強い傾向があります。 それゆえ、わがままを言って相手を振り回し、自分の思い通りに動かそうとします。 そうした自分勝手な態度がかえって、関係の崩壊を招くこともあるので気をつけましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!