恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171010142252.html
洗脳されない人に共通する8の特徴

洗脳されない人に共通する8の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
洗脳されない人に共通する8の特徴

洗脳されない人というのはいったいどのような特徴のある人なのでしょうか。 人間というものは、何度も同じことを聞かされていると知らないうちにそうかもしれない、と考えるようになってしまうものです。 ところが中には絶対に洗脳されない、なかなか洗脳されにくい人がいます。 ここではそのような特徴を持つ人について考察してみたいと思います。

  • 自分の意思が強い
  • かなり頑固
  • ぼんやりしすぎている人
  • 自分の世界観をしっかりと持っている人
  • 常に与えられた情報に疑問を持って考える人
  • 情報をあまり収集しない人
  • 社会とつながりを持たない仙人風な人
  • 一つのことに執着しない人、飽きっぽい人
  • まとめ

1. 自分の意思が強い

自分の意思が強い

自分自身の意思が大変強く、周囲からいろいろな話を聞いて参考程度にはするものの、最終的には自分自身の意思をなかなか変えず、よって、自分の意志を貫き通す強さがある人は洗脳されにくいと言えるでしょう。

2. かなり頑固

かなり頑固

基本的にとても頑固であれば洗脳はされにくいでしょう。 頑固な人というのは、人の話を聞きません。 特に自分の意志などとは関係なく、周囲を受け付けない姿勢が「頑固」な人の特徴です。

相手が現れた瞬間に、バリアを張り巡らしてしまい、絶対に他人を自分の領域に侵入させない気合が入っているのが「頑固」な人。 こういったタイプの人はなかなか洗脳されないでしょう。

3. ぼんやりしすぎている人

ぼんやりしすぎている人

洗脳しようとしても、ぼんやりしすぎている人というのは逆になかなかツボにはまってくれません。 洗脳のポイントさえもつかめないのです。 人の言っていることの的を射ることがなかなかできないので洗脳しようと近づいていってもこういったタイプの人はなかなか洗脳されません。

4. 自分の世界観をしっかりと持っている人

自分の世界観をしっかりと持っている人

自分自身の世界観をしっかりと持っていて、周囲に流されないタイプの人は洗脳されません。 洗脳されてしまう人というのは、他人の意見などに「そうかもしれない」と安易に思ったり、飛びついたりしてしまう人です。 自分の世界に自信があり、他人の意見にも「そうではない」と思える人はぐらつきがなく洗脳されにくいと言えるでしょう。

5. 常に与えられた情報に疑問を持って考える人

常に与えられた情報に疑問を持って考える人

与えられた情報に対して、発信源をきちんと調べたり、根拠は何か?怪しい部分はないか?裏に何か詐欺的なものが隠されていないか?など多方面から疑問を持って調べることができる人は洗脳されにくいでしょう。

人の話を鵜呑みにしたり、すぐに信じ込む人はすぐに洗脳されてしまいます。 悪い意味ではなく、疑いを持って情報を調べるという作業ができる人は洗脳されません。

6. 情報をあまり収集しない人

情報をあまり収集しない人

もともと外からの情報に対して疎かったり、情報収集しない人は洗脳されてしまうという機会が少ないでしょう。 情報に対して貪欲でない人は、洗脳される情報に会う機会も少ないので洗脳されにくいと思います。 ただこの場合には、洗脳されないというよりは、洗脳される機会が少ないということも言えるかもしれません。

7. 社会とつながりを持たない仙人風な人

社会とつながりを持たない仙人風な人

社会とのつながりがあまりなく、仙人のような生活をしている人はなかなか洗脳されないでしょう。 このような人は、自分自身の暮らしの中で満足しているタイプの人が多いので、例えば外からこういった人を洗脳しようと近づいてもあまり反応がありません。 興味を持ってもらえないからです。 門前払いが関の山です。

8. 一つのことに執着しない人、飽きっぽい人

一つのことに執着しない人、飽きっぽい人

一つのことに執着しない人は洗脳されても長続きしません。 例えばすぐに洗脳されたとしても飽きっぽければすぐに飽きてやめてしまうからです。 こういった人は本当の意味で洗脳されたとは言えないでしょう。 洗脳されたくなければある意味ラッキーな特徴と言えます。

まとめ

いかがでしたか?洗脳されない人というのは、様々な特徴があるということがご理解いただけたでしょうか。 「洗脳」という言葉はネガティブな響きがありますので、なるべく洗脳されないように生活をしたいものですね。

「ぶれない人」という言葉をよく聞きますが、洗脳されない人というのはこの「ぶれない人」に該当すると思います。 自分自身の考えをしっかりと持って、周囲からの情報に振り回されたあげく洗脳されてしまうということのないように十分心がけて生活をしていきましょう。

洗脳されない人というのはいったいどのような特徴のある人なのでしょうか。 人間というものは、何度も同じことを聞かされていると知らないうちにそうかもしれない、と考えるようになってしまうものです。 ところが中には絶対に洗脳されない、なかなか洗脳されにくい人がいます。 ここではそのような特徴を持つ人について考察してみたいと思います。


自分の意思が強い

自分自身の意思が大変強く、周囲からいろいろな話を聞いて参考程度にはするものの、最終的には自分自身の意思をなかなか変えず、よって、自分の意志を貫き通す強さがある人は洗脳されにくいと言えるでしょう。

かなり頑固

基本的にとても頑固であれば洗脳はされにくいでしょう。 頑固な人というのは、人の話を聞きません。 特に自分の意志などとは関係なく、周囲を受け付けない姿勢が「頑固」な人の特徴です。

相手が現れた瞬間に、バリアを張り巡らしてしまい、絶対に他人を自分の領域に侵入させない気合が入っているのが「頑固」な人。 こういったタイプの人はなかなか洗脳されないでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!