恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171009113444.html
地元の友達が最高に大切な理由

地元の友達が最高に大切な理由 | 恋のミカタ

恋のミカタ
地元の友達が最高に大切な理由

地元の友達は、社会人になってからの友達とは少し感覚が違います。

社会人の友達と違い、地元の友達にしかない大切にすべき理由があります。

果たして、地元の友達が最高に大切なのは、なぜなのでしょうか。



  • 自分の全てを理解している
  • 長い時間をかけた分だけ友情が熱い
  • 損得勘定なしでのお付き合い
  • 実家が近いからいつでも会える
  • ダメな部分を指摘してくれる
  • ありのままの自分でいられる
  • 家族のようなもの
  • 誰にもできない相談事ができる
  • 帰れる場所があるから頑張れる
  • 地元の友人と切磋琢磨できる
  • 喧嘩を乗り越えてきた分だけ強い絆で結ばれている
  • 一番の理解者
  • ストレスが発散できる
  • 自分が不調のときを察してくれる
  • 居心地が良すぎる
  • 馬鹿なことが平気でできる
  • 気を遣う必要がない
  • 心から自分を信頼してくれている
  • 心が温まる
  • 地元の友達が何よりの生きがい
  • まとめ

1. 自分の全てを理解している

自分の全てを理解している

地元の友達が大切な理由の一つに、自分の全てを理解しているということが挙げられます。

幼少あるいは学生の頃から共に人生を歩んできた分だけ、他の人が知らない自分についてよく知っています。

自分を丸ごと知った上で、仲良くしている存在なので、よき理解者でもあります。

地元の友達は良いことも悪いことも広い心で受け止めてくれます。

2. 長い時間をかけた分だけ友情が熱い

長い時間をかけた分だけ友情が熱い

幼少あるいは学生の頃から長い時間をかけて友情を育んでいるので、その分、友情が熱いです。

社会人になって今の自分しか知らない友達よりも、子供の頃からの自分を知っている友達の方が安心できるし、信頼度も高いです。

その上、長い時間をかけて友情を育んでいるので、その分、情もあります。

社会人になってからの友達とは一線を画します。

3. 損得勘定なしでのお付き合い

損得勘定なしでのお付き合い

社会人になってからの友達はどこか打算的になって作った友達の場合もあります。

例えば、自分の立場を高めるために綺麗な友達を周りに置きたいとか、仕事を円滑に遂行するために仲良くしておきたいとか、何かしらの理由で友達になっている場合があります。

でも、地元の友達の場合、卒業後、離れたにもかかわらず、それでも未だに友達でいるのは、損得勘定なしで、かけがえのない存在であるからです。

4. 実家が近いからいつでも会える

実家が近いからいつでも会える

地元の友達のメリットに実家の近さも挙げられます。

社会人からの友達の場合は、出身地が違っていたりして、一度、離れてしまうとなかなか会えなくなったりします。

ですが、地元の友達ならお正月やお盆といった帰省時に、気軽に会うことができます。

実家が近いと、夜遅くまで友達と気兼ねなく遊べるのも大切なポイントです。

5. ダメな部分を指摘してくれる

ダメな部分を指摘してくれる

地元の友達は、お互いに自分の良い部分も悪い部分も理解しており、それでもなお友達としてお付き合いしています。

自分のいわば、分身のような大切な存在です。

そんな地元の友達は、自分のダメな部分もしっかりと指摘してくれます。

指摘された方も、自分の分身のような友達からの忠告は、素直に受け止められます。

6. ありのままの自分でいられる

ありのままの自分でいられる

子供の頃からの自分を知っているので、ありのままの自分でいられます。

悪口を言ったり、自分のダメな部分をさらけ出したり、弱さを見せるといった自分の悪い部分も、お互いに信頼しているからこそ、さらけ出せます。

社会人になってからの友達では、「こんなこと言ったらどう思うかな」などと相手の様子を見ながら会話しますが、地元の友達の場合はそんなことをしなくても、大切な友達として存在し続けます。

7. 家族のようなもの

家族のようなもの

地元の友達は家族のようなものです。

家族のように、自分をさらけ出して、気を遣う必要がありません。

お互いの家族も友達のことを知っている場合が多いので、家族ぐるみのお付き合いをしているようなものです。

社会人になってからの友達と違って、しょっちゅう会っていなくても、家族のようなものなので友情が壊れることもありません。

8. 誰にもできない相談事ができる

誰にもできない相談事ができる

地元の友達は家族のようなものですが、友達でもあるという頼もしい存在です。

そんな地元の友達には、普通は誰にも言えないような悩み事を打ち明けることができます。

家族にも言えないような悩みであっても、友達には話せてしまうというメリットがあります。

家族でもあり、友達でもある関係はとても自分にとって頼りになる存在です。

9. 帰れる場所があるから頑張れる

帰れる場所があるから頑張れる

社会に出ると、嫌なことがたくさんあります。

恋人に裏切られたり、上司に怒られたりと、落ち込むこともたくさんあるでしょう。

しかし、気分が落ち込んでしまっても、地元の友達の声を聞くだけで元気になれることがあります。

それは、自分には地元の友達という、失敗しても帰れる場所があるという心強さからくるものです。

社会に出て、どんなに嫌な目に遭ったとしても、地元の友達がいる限り、人間不信に陥ることはありません。

信頼できる友達がいる人は頑張れます。

10. 地元の友人と切磋琢磨できる

地元の友人と切磋琢磨できる

子供の頃からお互いに知っている地元の友達とは、人生において良い意味で切磋琢磨できます。

仕事がうまくいかないときも、地元の友達と電話で話すだけで「あいつも頑張っているから俺も頑張ろう」などと活力をもらうことができます。

地元の友達は今までの自分の人生を知っている分、人生においての同士でもあります。

11. 喧嘩を乗り越えてきた分だけ強い絆で結ばれている

喧嘩を乗り越えてきた分だけ強い絆で結ばれている

地元の友達とはお付き合いが長い分、喧嘩もたくさんしてきたことでしょう。

それでも、それを乗り越えて友達でいられるのは強い繋がりがあるからこそです。

お互いに信頼しあっていなければ、成し遂げられることではありません。

また、喧嘩をすると、その分、お互いの腹が分かち合えて良い意味で気を遣わなくなります。

気を遣うことがないので一緒にいて楽しいのです。

12. 一番の理解者

一番の理解者

地元の友達は、自分を丸ごと知り尽くしているので、一番の理解者でもあります。

周りが反対しても、地元の友達が賛成してくれるのなら、それは強い励みになりますし、逆に周りが賛成しても、地元の友達が反対するのなら、心にも迷いが生じます。

そのくらい地元の友達への信頼は厚く、自分の一番の理解者であるということです。

地元の友達の発言は影響力が強く、自分の人生の分岐点においても良きアドバイザーになってくれる大切な存在です。

13. ストレスが発散できる

ストレスが発散できる

地元の友達と一緒にいて楽しいのは、一緒に童心に戻って馬鹿な遊びができるということです。

地元の友達に会うと、一気に子供の頃の自分に戻り、馬鹿なことができるのです。

自分を飾る必要がないので、一緒にいるとストレスが発散できます。

気を遣うことなく、失態を犯しても笑って許してくれるので安心して遊ぶことができます。

どんなに年をとっても、会えば童心に戻れるのが地元の友達の良さです。

14. 自分が不調のときを察してくれる

自分が不調のときを察してくれる

地元の友達は自分のことをよく理解しているがゆえに、自分が不調のときを察する力が強いです。

何も言わなくても、会った時の元気のなさやノリがいまいち悪いなどのちょっとした行動で、自分の不調を見抜いてくれます。

そして、励ましてくれたりします。

何も言わなくても、自分のことを察してくれる人はなかなかいないので貴重な存在です。

15. 居心地が良すぎる

居心地が良すぎる

子供の頃からのお付き合いで、半分、家族のような地元の友達は、とても居心地が良いです。

家族のように気を遣わなくてよいというメリットと、友達として一緒に遊べるというメリットがうまく混ざっているのが地元の友達です。

自分をさらけ出して遊ぶことができるので、地元の友達には居心地の良さを感じます。

地元の友達と遊ぶと、居心地が良いので、お酒もいつもより美味しく飲めますし、なにより一緒に共有できる時間がとても楽しく、つい長時間遊んでしまいがちです。

地元の友達と遊んで、人付き合いが疲れてぐったりすることもありません。

16. 馬鹿なことが平気でできる

馬鹿なことが平気でできる

大人になったらこんなことをしたらひくであろうという行為も、地元の友達の前なら平気でできる場合もあります。

酔っぱらってお店の看板に抱きついたり、記憶がなくなるほどお酒を飲んで失態を犯しても、地元の友達なら許してくれるという懐の大きさがあります。

それは、お互いに信頼しあっているからこそ許し合えるということです。

長い年月をかけて育んできた友情だからこそ、こういったことも平気でできるのです。

17. 気を遣う必要がない

気を遣う必要がない

「部屋が汚くてごめんね」とか「お茶とコーヒー、どちらがいいか」など言わなくても、地元の友達の嗜好は知り尽くしているし、わざわざ今さら気を遣う必要もありません。

気取った自分を演出する必要がなく、そのままの自分でいられるので、一緒にしてとても気が楽です。

気を遣う友達は、会うと疲れるのでだんだん足が遠のいてしまいますが、気を遣う必要のない地元の友達とはストレスなくお付き合いができます。

18. 心から自分を信頼してくれている

心から自分を信頼してくれている

地元の友達の良さは、自分を信頼してくれている友達であるということです。

こういった地元の友達がいると、人生において失敗をして、世間にそっぽを向かれても、精神的にそこまでダメージを受けることはありません。

それは、どんなに周りが自分を評価しなくても、自分を信じてくれる人がいるという自信があるからです。

地元の友達のおかげで人生をたくましく切り開いていくことができます。

19. 心が温まる

心が温まる

地元の友達といると、心がホッと温まります。

それは、地元の友達も自分も、気兼ねすることなく、ありのままの姿でお付き合いできるからです。

例えば、地元の友達が「可愛いね」といったら、気遣いから言われた言葉ではなく心の底から本当に可愛いと思っているからこそ出た言葉だと分かります。

つまり、お互いに心をさらけ出して会話ができるので、気持ちを共有することができて、心が温まるのです。

20. 地元の友達が何よりの生きがい

地元の友達が何よりの生きがい

地元の友達がいると、お正月やお盆の帰省時がとても楽しみになります。

一緒に馬鹿なことができる唯一の存在でもあるので、地元の友達に会うことが何よりの生きがいになっている場合もあります。

また、恋人と過ごすよりも地元の友達と一緒にいた方が居心地が良いという人もいるかもしれません。

地元の友達は自分にとって、かけがえのない存在です。

まとめ

地元の友達は最高です。

大人になってからの友達では、なかなかここまで強い絆で結ばれる友達はいません。

地元の友達は大切にしましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!