恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171009111951.html
刑務所上がりの人の特徴

刑務所上がりの人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
刑務所上がりの人の特徴

刑務所上がりの人は、なんとなく分かります。

なんとなく、「若い頃にやんちゃをしてきたんだろうな…」と思わせる人です。

「実は…」と打ち明けれて「やっぱり、そうか」と納得してしまいます。

なぜ、刑務所上がりだと分かるのか、刑務所上がりの人にありがちな特徴について触れていきます。



  • 腕っぷしに自信がある人や気性が荒い人が多い
  • 自営業を営んでいる方が多い
  • 声が大きい
  • 気さくでも怒らせると恐ろしく怖い
  • 見た目が怖い方が多い
  • ルール違反をしやすい
  • 地元の悪い人はたいがい友達
  • 黒い知り合いがいる
  • 上下関係に厳しい
  • 高校や大学を中退している方が多い
  • 細かくない、太っ腹な方が多い
  • 力ずくで最後は解決しようとする事もある
  • まとめ

1. 腕っぷしに自信がある人や気性が荒い人が多い

腕っぷしに自信がある人や気性が荒い人が多い

刑務所上がりの人は、大抵、若い頃からやんちゃをしています。

腕っぷしに自信があり、なんでも最終的に殴り合いの喧嘩で解決をしてきた人が多いです。

大人になってからも、問題の解決を話し合いではなく、殴り合いの喧嘩で解決しようとします。

大人になってからも、何度も殴り合いの喧嘩で警察沙汰になっている人が多いのも特徴です。

2. 自営業を営んでいる方が多い

自営業を営んでいる方が多い

刑務所上がりの人は、大抵、自営業を営んでいます。

というのも、刑務所上がりの場合、普通の企業で働くことは難しいからです。

といって、刑務所上がりの人を個人のお店で雇ってくれる人もなかなかいません。

となると、自分でお店を開いて生きていくしかありません。

飲み屋やスナック、食堂など、自分で開業資金を知人などに頼んで調達し、経営している人が多いです。

3. 声が大きい

声が大きい

刑務所上がりの人にありがちな特徴に声が大きいという特徴があります。

一緒にお店に入ると、うるさすぎて、他の客からクレームがきて店員に何度も注意を受けることもあります。

他の客のことを考えてないわけではないでしょうが、普段から常に声が大きいので、いつでもどこでもその調子で話すことが多いです。

ボソボソと小声で話すようなことはしません。

4. 気さくでも怒らせると恐ろしく怖い

気さくでも怒らせると恐ろしく怖い

刑務所から出てきて更生したからといっても、やはり、怒らせて感情をむき出しにさせてしまうとかなり迫力があり怖いです。

下手をしたら、殺されてしまうのではないかといった怖さです。

こういった人たちは、警察のことを怖いとは思っていません。

「警察を呼ぶぞ」と脅かしてもなんとも思わないばかりか、「くだらないこと言いやがって」とさらに激怒させてしまいます。

一般人とは違い、一度火がついたら沈静させるのが難しいです。

5. 見た目が怖い方が多い

見た目が怖い方が多い

刑務所上がりの人は見た目で納得できるような怖い人たちが多いです。

その辺の衣料品店で買ったような普段着を着ていても、目の鋭さで分かります。

目を合わせたくないなと思ってしまうような怖さを持っています。

あとは態度に昔、やんちゃをしていた頃の様子がにじみ出ています。

変にへりくだるようなことはせずに、いつも堂々としています。

6. ルール違反をしやすい

ルール違反をしやすい

殺人や泥棒などの犯罪については、やってはいけないことだと認識し、法に乗っ取って生活をしていますが、 日常生活においての細かいルールについてはあまり気にしていません。

例えば、車を運転しながら携帯電話で話す、酔っ払い運転をする、スピード違反をするといったことです。

細かいルールについては、気にしていないのか、悪びれた様子もなくルール違反を犯します。

7. 地元の悪い人はたいがい友達

地元の悪い人はたいがい友達

刑務所上がりの人にありがちな特徴に、地元で有名な悪い人たちは大抵、友達や知り合いであることが挙げられます。

何か事件が起きれば、警察が調べるよりも、その人脈を使って調べた方が有力な情報が得られる場合もあります。

類は友を呼ぶという言葉通り、似たような雰囲気を持つ者同士、集まりやすい傾向にあります。

8. 黒い知り合いがいる

黒い知り合いがいる

刑務所上がりの人にありがちな特徴に、黒い知り合いがいることが挙げられます。

刑務所で知り合ったケースもあれば、もともと地元の友人だった人がやくざになってしまったというケースもあります。

悪さをしてきた人たちは、そういう人たちでつるみやすいので、その中からやくざの道に進んでいく人も多いため、自然とやくざの知り合いが増えるのです。

9. 上下関係に厳しい

上下関係に厳しい

上下関係については、トコトン厳しい人が多いです。

自分より立場が下の人が敬語や態度がなっていないと、本気で怒られます。

年齢での上下関係だけでなく、立場などの上下関係においても、しっかりわきまえている人が多いです。

一般人よりも、挨拶や態度がしっかりとできています。

10. 高校や大学を中退している方が多い

高校や大学を中退している方が多い

刑務所上がりの人は、大抵、高校や大学を中退しています。

勉強が嫌い人が多く、成績が振るわず、どちらかといえば、遊ぶ方に力を注いできた人が多いです。

高校や大学を中退して、他の人よりも早い年齢から社会に出て働いている人も多く、世の中の酸いも甘いも知っているような人が多いです。

11. 細かくない、太っ腹な方が多い

細かくない、太っ腹な方が多い

刑務所上がりの人には太っ腹な人が多いです。

面倒見が良いという一面があり、気配りができます。

なにかと仲間内で集まっては鍋をごちそうしたり、焼肉をしたりして、他の人の面倒を見ようとします。

仲間内では、兄貴といった存在です。

先陣を切って場を盛り上げようとしてくれます。

12. 力ずくで最後は解決しようとする事もある

力ずくで最後は解決しようとする事もある

何か問題がおきたら、始めは大人しく話し合いに応じますが、それではいつまでも埒が明かないと思ったら、力ずくで問題を解決しようとします。

例えば、話し相手の顔を殴るといったようなことです。

腕っぷしに自信があり、すぐに暴力で解決しようとしてしまうところがあります。

まとめ

刑務所上がりの人にありがちな特徴について挙げてみましたが、社会のルールい縛られない自由さとルールを守れない生きにくさの両方を持っています。

冷静なときは優しく気さくな人が多いですが、一度、感情的になると暴走しやすい傾向があります。

根は良い人なのでしょうが、お付き合いするには、一般的な常識が合わなくて難しい場合もあります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!