恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171007111436.html
雰囲気美人に共通する20の特徴

雰囲気美人に共通する20の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
雰囲気美人に共通する20の特徴

雰囲気美人とは、そこまで美人ではないにもかかわらず、総体的にみると美人に見えてしまう人のことを言います。 物理的に美人ではないのに美人に見えてしまうのはなぜでしょう。 その理由をみていきます。



  • 所作が美しい
  • 髪と肌に艶がある
  • 貧乏くさくない
  • 言葉遣いが丁寧
  • トレンドを意識した服装
  • デコルテや足のかかと、手足の爪など細かい部分まで手を抜いていない
  • いつも笑顔
  • シルエットが綺麗
  • 髪を綺麗に整えている
  • 周りの友達が美人
  • さりげなく気が利く
  • 派手ではない
  • 着物が似合いそう
  • 大人の女性
  • ブランド品をさりげなく持てる人
  • ヒールの靴を履くことが多い
  • 男っぽい性格ではない
  • 化粧が上手
  • 一日の過ごし方が充実している
  • 何よりも本人が自分を美人だと思いこんでいる
  • まとめ

1. 所作が美しい

所作が美しい

所作が美しいと、顔の造形美に関わらず、その人自身が美しく見えます。 髪をまとめるしぐさや恥ずかしそうに口に手をあて笑うしぐさなど、女性らしいしぐさができている人は所作が美しく、その人自身の魅力が引き立ちます。 女性は女性らしい行動をとった方が品があり、美人に見えやすいのです。

2. 髪と肌に艶がある

髪と肌に艶がある

髪と肌は、その人の美人度を決める鍵となります。 顔の形は誰にも変えることができないですが、髪と肌は手入れ次第で誰でも美しくなることができます。

つまり、その人の髪と肌は、その人の美意識が最も現れやすい部位でもあります。 顔に自信がない人は髪と肌のケアを気を付けるだけで、美人風に仕上げることができるので試してみましょう。

3. 貧乏くさくない

貧乏くさくない

貧乏くさい人は、毛玉のついたセーターを着ていたり、ヨレヨレのTシャツを着ていたりするので生活感が出やすく、お世辞だとしてもこういった人が美人であっても美人だとは思えません。

美人な人とは、いつも小綺麗にしていて、化粧をして、身だしなみを整えている人です。 それなりにお金をかけて作りあげています。 貧乏くさい格好をしている人は美人には到底思えません。

4. 言葉遣いが丁寧

言葉遣いが丁寧

言葉遣いが丁寧な人は美人に見えます。 いくら本物の美人であっても汚い言葉を使う人に美しさを感じることはできません。

美人を作りあげているものは、外見だけではなく、美人に合った中身も重要です。 言葉遣いが丁寧だと、育ちの良さを感じ、見た目がいまいちでも「美しい人だな」と感じる場合があります。

5. トレンドを意識した服装

トレンドを意識した服装

服装はしっかりとトレンドを意識した格好をしていることが条件です。 いつまでもひと昔前のファッションを引きずっていたり、自分の個性を追求したファッションを身に着けていては周囲の人から美人だとは認められません。

やはりトレンドをしっかりと押さえてなければ、ダサいと思われたり、趣味が悪いなどと思われてしまいます。 美人な人とは万人に受ける人のことです。 世間で流行っているものを少し自分の中に取り入れてみることが大事です。

6. デコルテや足のかかと、手足の爪など細かい部分まで手を抜いていない

デコルテや足のかかと、手足の爪など細かい部分まで手を抜いていない

デコルテや足のかかと、手足の爪など細かい部分まで手を抜いていない人は美人だと思われます。 細かい部分にまで気を配ることができるのは、その人の美意識の高さを物語っています。

そういった本人の努力が身体のあちらこちらに美人だと思われやすい雰囲気を醸し出しているのです。 手を抜きがちな部位だからこそ、誰よりもその部位を綺麗にしていると、周りの人の目を引き、美人な雰囲気を印象付けることができます。

7. いつも笑顔

いつも笑顔

美人といえども、性格がきつそうで不愛想な性格ブスだったら、だんだん美人な人だとは思えなくなります。 それと同じで、いつも笑顔で天真爛漫な人は顔がいまいちでも、美人な人に思えてきます。 美人を決めるのは顔だけではありません。

その人の性格もかなり左右します。 また、笑顔はその人の顔を一番魅力的に魅せる表情です。 笑顔が多いと、その分、その笑顔を見た人に「美人だな」と思われる機会が多くなります。

8. シルエットが綺麗

シルエットが綺麗

シルエットが綺麗な人は美人に見られやすいです。 街を歩いていると、後ろ姿が綺麗で顔を見なくても「美人な人だな」と思わせる人がいます。 そういった人は顔がどうであれ、「きっとこの人は美人なのだろう」と思わせ、思わず顔を覗きにいきたくなってしまいます。

こういった人は、大抵、シルエットが綺麗な人です。 スラリとした体にメリハリのある女性らしい体をしています。

9. 髪を綺麗に整えている

髪を綺麗に整えている

髪は美人に見える重要なポイントです。 髪の毛が薄くなってしまうと、一気に年を取った印象になりますが、髪の毛の量が多く、艶があってフサフサしていると、若く見え、その人の表情も明るく見えます。

それでいて、髪をきちんと整えている人は、その人の見た目をかなり大きく左右します。 美容院にでも行ってきたかのように、いつも髪を綺麗に整えている人は美人に見られやすいです。

10. 周りの友達が美人

周りの友達が美人

周りの友達が美人な人も、美人に見られやすくなります。 たとえ、顔がいまいちであっても、美人な子と同じレベルの美意識の高さを持っているので、服装や髪形、小物など、気を付けている人が多く、自然とその人のことも美人に思えてきます。

また、美人と同じグループに所属していることで、周りから美人のグループという先入観をもって見られやすくなり、美人な人と思われるようになります。

11. さりげなく気が利く

さりげなく気が利く

美人といえども、重要なのは顔だけではなく中身でかなり左右するので、中身を磨くことも大事です。 その磨くべき中身の一つには、さりげなく気が利く人になるということも挙げられます。 気が利かず、うだつの上がらない人を美人だとは認識できません。

「何もしないのに外見ばかり綺麗にしやがって」などと思われるだけです。 さりげなく気が利く人は、人から感謝され、良い印象に受け取られやすいので「美人な人だな」と思われやすいです。

12. 派手ではない

派手ではない

地味な人は美人にはなれませんが、派手すぎる人も美人とは思えません。 美人は周りの人から好感を持たれやすい人のことをいいます。

胸が見えそうなほど肌を露出していたり、原色の濃い服を着て見たり、化粧が厚かったりする人は、好感が持てず、美人と認識されない傾向があります。 美人に見られたいのなら、人から好感を持たれるような服装をしなければなりません。

13. 着物が似合いそう

着物が似合いそう

着物が似合いそうだという言葉は、奥ゆかしさや女性らしい所作ができる女性に使われる言葉です。 いくら美人であっても、「ガハハハ」と大きい口で笑ったり、足を広げて座っている人のことを「着物が似合いそうですね」などと声をかける人はいないでしょう。

着物が似合う人というのは、おしとやかな、それでいて凛とした佇まいをしている女性です。 そういった女性は雰囲気が良いので美人に見られやすいです。

14. 大人の女性

大人の女性

美人は大人の女性でないと使わない言葉です。 どこか幼さが残っていたり、子供っぽい思考回路を持っていると、美人だとしても子供っぽさが全面に出てしまい、美人だとは思えなくなります。

写真で見る分には、顔のみで美人だと判断されますが、実際に会って美人だなと感じるのは、しっかりとした大人の女性です。 子供っぽい人は、子供っぽい振る舞いや行動で次第に美人に見られにくくなってしまいます。

15. ブランド品をさりげなく持てる人

ブランド品をさりげなく持てる人

ブランド品をさりげなく持てる人は美人に見られやすいです。 というのも、ブランド品が似合う人とは、服装も髪型もそれなりに整っている人だからです。

貧乏くさいヨレヨレのズボンを履いている人がブランド品を持ったとしても、ブランド品だけが浮いてしまい、似合いません。 ブランド品をさりげなく持てるということは、それだけブランド品に合った格好をしているという証拠です。

16. ヒールの靴を履くことが多い

ヒールの靴を履くことが多い

ヒールは美人の定番です。 スニーカーを履いて動きやすさを求めたカジュアルな格好をするよりも、ヒールにスカートという女性らしさを武器にしている格好の方が性的魅力が増し、美人に見られやすくなります。

また、カジュアルな格好をしていると、どうしても子供っぽい格好に見られやすくなります。 それよりは大人の女性を意識したコンサバな格好をした方が、大人の色気を醸し出すことができるので、良い雰囲気に仕上がります。

17. 男っぽい性格ではない

男っぽい性格ではない

美人を作りあげるには、その人のキャラクターが大事です。 キャラクターが男っぽいサバサバしたタイプの女性だと、女性の魅力が半減し、せっかくの美貌も台無しになります。

それよりは、多少、不細工でも、ほんわかした性格や仕草をする女性の方が美人に見られやすくなります。 美人に感じるかどうかは、その人のキャラクターによります。

18. 化粧が上手

化粧が上手

化粧が上手な人とは厚化粧をする人のことではありません。 いかに、素顔に近い自然な感じに化粧ができるかということです。 そして、トレンドの化粧方法を押さえていることも大事です。

眉毛の太さやリップの色などは、流行りがあるので気を付けなければなりません。 それと、アイメイクは過剰に施してしまう人がいますが、できればナチュラルに仕上げた方がより好感のもてる顔になります。 やりすぎると化粧がかえって、その人の魅力をなくしてしまうことがあります。

19. 一日の過ごし方が充実している

一日の過ごし方が充実している

美人な人には、自分の生活が充実しているようにみせかけるのが上手です。 自分を良く見せるための手段をよく心得ているので、毎日、充実している自分をSNSなどに載せていたりします。

実際に地味な生活を送っていても、それを見せないのが美人です。 地味な生活を送ることは悪いことではないのですが、いつも明るく元気な印象を持たれた方が美人に見られやすいので、地味な部分はあまり表に出さない方が良いでしょう。

20. 何よりも本人が自分を美人だと思いこんでいる

何よりも本人が自分を美人だと思いこんでいる

雰囲気美人は周りの人が「よく顔を見るとそこまでではないな」と思っていても、本人は「私は美人なのだ」と強く信じている場合が多いです。 本人が自分のことを美人だと認識しているため、自然と所作や言葉遣いも美人風に仕上がり、本物の美人にも臆することなく話しかけ友達になったりします。

雰囲気美人になりたいのなら、自分のことを美人だと思うことは大切です。 まずは自分が美人だと思わなければ、絶世の美女といわれるほど顔の造形が美しくない限り、美人な自分にはなれません。

まとめ

雰囲気美人は、美意識の高い人だけがなれる美人です。 本物の美人よりも、好感のもてる、感じの良い人が多く、周りからも次第に美人で素敵な人だと思われるようになります。 雰囲気美人は中身のすばらしさを伴っているからこそなれる美人でもあるので、見習ってみましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!