恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171003173654.html
人の心が読める人の特徴

人の心が読める人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
人の心が読める人の特徴

読心術というのはスピリチュアルな能力ではなく、心理学や統計学などの知識を踏まえて相手を観察し分析する力です。

そんな人の心が読める人の特徴についてまとめました。



  • 感受性が高い
  • 観察眼が鋭い
  • 繊細で神経質である
  • ストレスを感じやすい
  • 五感が鋭い
  • コミュニケーション能力が高い
  • 頭の回転が早い
  • 先を読む力に優れている
  • 冷静沈着な性格
  • 心理学や統計学など様々な知識を持っている
  • まとめ

1. 感受性が高い

感受性が高い

人の心が読める人は、感受性が高い場合が多いです。

相手の感情に影響を受けやすく、まるで自分のことのように感じる人もいるでしょう。

他者と喜びや悲しみを共有できる、情に厚く優しい人ですが、時に相手の心の重さに潰されそうになる時もあります。

こまめにストレスを解消し、心身をケアすることが大切です。

また、鬱鬱とした内容のニュースや作品には触れすぎないようにしましょう。

主観的になるのではなく、客観的に物事を受け取るように心がけましょう。

2. 観察眼が鋭い

観察眼が鋭い

人の心が読める人は、観察眼が鋭いです。

相手の表情や、体の動き、声の高低など、さまざまな変化をつぶさに発見し、相手の感情を読むことができます。

特に、嘘を見抜く力が優れており、ごまかしや隠し事をしてもすぐに暴いてしまいます。

浮気や不倫の証拠を見つけたり、友情にヒビが入るような秘密を見つけたりと、修羅場に繋がる場合もあるでしょう。

それゆえに、人間不信になってしまう場合もあるので、秘密を暴くことはほどほどにした方が良いです。

また、秘密に気付いていて、スルーしていても、耐えられないのであれば、早めに縁を切ると心身共にストレスが少なく済むでしょう。

3. 繊細で神経質である

繊細で神経質である

人の心が読める人は、繊細で神経質である場合が多いです。

周りが気付かないような細かいことに気づくゆえ、相手の感情や行動が読めることが多いです。

また、さまざまなことに気を配り、思いやりのある接し方もできます。

しかし、気づきすぎて気になってしまうため、イライラしてしまったり、落ち込むことも多いのがネックです。

場合によっては、気づいてもスルーするスキルを身につけるようにしましょう。

4. ストレスを感じやすい

ストレスを感じやすい

人の心を読める人は、ストレスを感じやすいです。

周囲の感情の変化を受け取るセンサーが敏感なので、他の人よりも疲れやすいです。

気にしすぎたり、悩み過ぎてしまうことも多いので、ストレスを抱えてしまうのです。

密接しすぎたコミュニケーションを嫌い、人と距離を置くような人もいるでしょう。

5. 五感が鋭い

五感が鋭い

人の心を読める人は、五感が鋭い場合が多いです。

目によって表情や所作を観察し、耳によって声の変化を観察するように、五感をフルに活動させて、相手の感情を読み取ることができます。

中には、汗の量や呼吸の変化などを感じとれる人もいるでしょう。

感覚過敏な人も多く、派手な色がちらついて見える、大きな音が苦手、混ざったニオイが苦手といった悩みを持っている人もいるのです。

6. コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い

人の心を読める人は、コミュニケーション能力が高いです。

相手を観察しつつ、会話をしたりスキンシップをしたりする中で、相手の感情を読み取ることができます。

話し上手で聞き上手なので、相手の本音を引き出すことも得意です。

しかしながら、相手の本心が読めてしまうのが嫌で、深い関係を避ける様な人もいるでしょう。

心の繊細さゆえにさまざまなことが見えますが、その分傷付きやすいのがネックなのです。

7. 頭の回転が早い

頭の回転が早い

人の心を読める人は、頭の回転が早いです。

常に目まぐるしく変わる状況を把握し、分析する力を持っています。

それゆえに相手の感情を読み、どう対応すべきか考えられるのです。

機転が利き、先輩からは可愛がられ、後輩からは尊敬されることも多いでしょう。

有能で気が利く人という印象が強いのです。

8. 先を読む力に優れている

先を読む力に優れている

人の心を読める人は、先見の明に優れています。

相手の感情や行動を読むことで、近い未来を予測し、自分の行動や表現について計算し計画することができます。

それゆえに、トラブルへの対応も早く、的確に行動できるのです。

そして、相手を上手く扱い立ち回ることもできるので、リスクの回避ができることも魅力なのです。

9. 冷静沈着な性格

冷静沈着な性格

人の心を読める人は、冷静沈着な性格な場合も多いです。

心の根幹は感受性が高く、情に厚い面がありますが、そればかりだと情に流されて失敗してしまうこともあります。

ですから、常は、冷静に判断し、行動するように心がけている人が多いのです。

相手の感情が読めても、全部受け止め共感するのではなく、客観的に分析し対処しようとします。

メンタルトレーナーや、カウンセラーとして活躍する人もいるでしょう。

10. 心理学や統計学など様々な知識を持っている

心理学や統計学など様々な知識を持っている

人の心を読める人は、心理学や、統計学など、さまざま学問における知識を持っていることも多いです。

人の感情や行動というのは、ある程度パターン化することができます。

それゆえに、学問として成り立ち、知識として学ぶことができるのです。

しかしながら、そうした心理の穴を突いて、悪事に使う人もいます。

振り込め詐欺や、デート商法など、相手の心に付け込み、操るような人もいるので気をつけましょう。

まとめ

人の心を読める人は、感受性が高く、繊細な場合が多いです。

それゆえにストレスも抱えやすいですが、優しく気配りができる人でもあるのです。

また、冷静に相手を分析し、アドバイスする能力も高いでしょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!