恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171003173638.html
ブランド品が嫌いな人に共通する10の特徴 

ブランド品が嫌いな人に共通する10の特徴  | 恋のミカタ

恋のミカタ
ブランド品が嫌いな人に共通する10の特徴 

高級品、ブランド品が大好きな人に対して、そういった物に価値を見出さない、興味がないという人も一定数存在します。 ここではブランド品が嫌いな人に共通する特徴をまとめてみました。 参考にしてみてくださいね。



  • 一目で見てわかるブランドは持ちたくない
  • 実用性があって安価なものが好き
  • 人と一緒が嫌という反骨精神がある
  • しっかり堅実派
  • 個性的なお洒落を楽しむ
  • 身の丈にあった生活をしている
  • 流行に疎い
  • 無駄にお金を使いたくない
  • 質素好み
  • 物より経験にこだわる
  • まとめ

1. 一目で見てわかるブランドは持ちたくない

一目で見てわかるブランドは持ちたくない

ブランド好きな人は一目でブランドとわかるバッグや服、時計、小物を身に着けるのが好きです。 高価な物は質が良い、質が良いものを持っていると気分が上がる、財力があると思わせることができる、そのブランドが好きと、まあブランド好きの人にもそれぞれ理由があります。 ブランド品が嫌いな人というのは全てその逆の価値観を持っているのです。 つまり一目でわかるブランド品は持ちたくありません。 財力があるとか、ないのに無理をしているとか人にあれこれ詮索されるのも気恥ずかしくて嫌だと感じるのです。 また質がいい物はブランド品でなくても探せばいくらでもあるという考え方です。

2. 実用性があって安価なものが好き

実用性があって安価なものが好き

ブランド品が嫌いな人は、物というのは実用性があればいい、安い方がいいという考え方をします。 もちろん安くて質が悪いというのは無駄な買い物になることもありますので安さだけにこだわるわけではありません。 バッグや服などはつきつめて考えれば消耗品という考えのもと、実用性、耐久性があって捨てる時に惜しいと思わないぐらいの物が好きなのです。

3. 人と一緒が嫌という反骨精神がある

人と一緒が嫌という反骨精神がある

ブランド品というのは誰が見てもわかりますし、人とかぶってしまうことが多々あります。 人気のブランド品であればあるほど、街中に行けば同じ物を身に着けている人と出会う確率が上がりますよね。 人と一緒が嫌、人気のブランドに流されて同じようなファッションになるのが嫌という反骨精神が旺盛なタイプはブランド品より、一点ものなどにお金をかける傾向があります。 人気のブランドより、オーダーやセミオーダーなどで自分だけの物を作ったりする人もいます。

4. しっかり堅実派

しっかり堅実派

ブランド品が嫌いな人にその理由を聞いたらよく返ってくる答えは「値段が高いから」というのがあります。 同じようなものでもブランド品というのは高くなります。 タグやショップの袋などにもお金がかかっています。 ノーブランドであればかからないブランド料というものが入っているのです。 ブランドが好きな人はだからこそブランド品を選ぶのですが、しっかり堅実派の人はブランド品にお金をかけません。 その分貯金した方がいいという考えです。

5. 個性的なお洒落を楽しむ

個性的なお洒落を楽しむ

ブランド品が嫌いな人は、人と同じような格好はつまらない、自分らしさを追求したいという考え方をします。 個性的で誰にも真似できないセンスを持った人って時々いますよね。 古いものを上手く組み合わせたり、手が器用な人は自分で手作りして世界に一つだけのものを作り出すこともあります。 ブランド品で全身決めている人は確かに素敵で上質に見えますが、お金さえ出せば誰でも同じようなお洒落ができますし、個性がなくなってしまうということもあります。 ファッション誌の服をそのまま真似して着れば誰だってそこそこお洒落ですが、個性的かといえば違ってきますよね。

6. 身の丈にあった生活をしている

身の丈にあった生活をしている

ブランド品が嫌いな人は、自分の収入には見合っていない、気恥ずかしいと感じることがあります。 芸能人やセレブは高収入ですから高級なブランド品を身につけることができますし、それが当たり前の感覚でもあります。 庶民とは桁外れの収入ですから、高級ブランドを持つことは贅沢ではなく彼らにとってはいたって普通のことなのです。 そう考えると無理をしてローンを組んでブランド品を持つのはちょっと違う、恥ずかしいと考えるのです。

7. 流行に疎い

流行に疎い

お洒落が好きな人は流行りのアイテムを欲しい、身に着けたいと思います。 ミーハーだとはわかっていても、それに乗っかりたいのです。 一方でブランド嫌いの人はもともと流行に疎い、お洒落にこだわりがないということもあります。 清潔さ、シンプルさにこだわり、自分なりのスタイルができあがっているタイプであれば今更別のテイストを取り入れたくないですし、その必要性も感じないのです。

8. 無駄にお金を使いたくない

無駄にお金を使いたくない

ブランド嫌いの人の特徴として、現状お金に余裕がないということもあります。 無駄にお金を使いたくない、少しでも節約したい、そういう気持ちが強ければブランド品に興味を持つ余裕もないでしょう。

9. 質素好み

質素好み

ブランド嫌いの人の特徴に、質素ということがあります。 ブランド品というのは良くも悪くも目立ちます。 質素にしていたい、目立ちたくないというタイプにとっては相性が悪いのです。 できれば値段やメーカーなどわからない方がいいという価値観の持ち主もいるのです。

10. 物より経験にこだわる

物より経験にこだわる

ブランド品が嫌いな人は、物欲自体が少ないのです。 物にかけるお金があったら、まだ行ったことのない場所に行きたい、読んだことのない本を読みたいなど、物より、経験にお金を使いたいと考えています。

まとめ

以上が、ブランド品が嫌いな人に共通する特徴でした。 ブランド品が好きな人はクローゼットの中にずらりとコレクションしたい、眺めていたいという気持ちが強いかもしれません。 ブランド品が嫌いな人の気持ちが理解できないかもしれませんが、上記のような価値観もあるということは理解してあげてくださいね。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!