恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171002150450.html
自己顕示欲が弱い人に共通する10の特徴

自己顕示欲が弱い人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
自己顕示欲が弱い人に共通する10の特徴

恥ずかしがり屋である、目立ちたくない、謙遜する、など自己顕示欲が弱い人の特徴についてまとめました。



  • 恥ずかしがり屋である
  • 欲深くなくドライである
  • 人見知りである
  • 目立つことが苦手である
  • おとなしい性格
  • 他人を思いやり気配りができる
  • いつも謙遜している
  • 感情表現が穏やかである
  • 冷静沈着である
  • 実は自分に自信がある
  • まとめ

1. 恥ずかしがり屋である

恥ずかしがり屋である

自己顕示欲が弱い人は、恥ずかしがりである場合が多いです。 自分の感情や欲を表に出すことは恥ずかしいことであり、むしろ隠そうとすることが多いでしょう。 下手にアピールするよりは黙っていた方がよいと、物静かになる場合も多いです。 また、緊張してしまったり、のぼせやすくなるのも原因であることが多いです。 恥ずかしい気持ちを克服するには、心身共に鍛え、ケアすることが大切です。

2. 欲深くなくドライである

欲深くなくドライである

自己顕示欲が弱い人は、欲深くなく、よくも悪くもドライな場合が多いです。 深入りせず、執着せず、少し足りないくらいがちょうど良いと感じ、出過ぎた事をしないのが長所です。 冷めた印象は強いですが、現実的で、危機回避能力も高いので、人生を生きる上では無難な性格と言えるでしょう。 冒険したがらないのがネックですが、堅実に歩むことができる人なのです。

3. 人見知りである

人見知りである

自己顕示欲が弱い人は、人見知りであることも多いです。 自己アピールや自己紹介することが苦手で、初対面の人や初めての環境だと、黙ってしまうことも多いでしょう。 コミュニケーション自体が苦手な場合も多く、会話に困ることもしばしばです。 友人ができにくいのがネックと言えるでしょう。 しかし、根は真面目で落ち着いているので、一度信頼を獲得すると、さまざまな人が慕ってくることも多いのです。

4. 目立つことが苦手である

目立つことが苦手である

自己顕示欲が弱い人は、目立つことが苦手です。 発表会やパフォーマンスが苦手で、緊張のあまり体調を崩してしまうこともあるでしょう。 また、成績が良いと目立ってしまうと考え、八分目の力しか発揮できないような人もいます。 何よりも目立つことが苦手で、友人の後ろに隠れてしまったり、自分の意見を言いそびれてしまうのがネックです。 自分の能力を十二分に発揮するためにも、自身を持って前向きに取り組めるよう努力しなければなりません。

5. おとなしい性格

おとなしい性格

自己顕示欲が弱い人は、おとなしい性格です。 喧騒が苦手で、静かな環境でなければ落ち着かないという人もいるでしょう。 行事やイベントの中心に行くのが苦手で、人の輪から外れて見守るような人も多いでしょう。 中には、大きな声を出したり、聞いたりするのが嫌で、人がたくさんいる気配だけでも苦手という過敏な人もいます。 声が小さく、物静かで、地味な雰囲気の場合が多いです。

6. 他人を思いやり気配りができる

他人を思いやり気配りができる

自己顕示欲が弱い人は、他人を思いやり気配りができる人です。 「自分が」「俺が」とでしゃばり、他人をないがしろにするのではなく、いつも相手を優先し、心配りができます。 細やかな性格で、さまざまな事に気づき、さりげない優しさを見せることができる、紳士的な人なのです。 表にははっきりと出しませんが、真面目で情に厚いので、最後まで親身なってくれる心優しい人が多いのです。

7. いつも謙遜している

いつも謙遜している

自己顕示欲が弱い人は、いつも謙遜しています。 能力が高くても、成績が良くても、自慢せず、油断せず、相手を称える尊敬の気持ちが強い人です。 自分の力に驕り溺れることがなく、いつも高みを目指そうと努力できる、真面目で意識の高い人でもあります。 それゆえに多くの人から尊敬され、愛されるレジェンドになることが多いのです。 また、相手を見下さず、思いやりと誇りを持って接することができる、気高い人でもあるのです。

8. 感情表現が穏やかである

感情表現が穏やかである

自己顕示欲が弱い人は、感情表現が穏やかです。 めまぐるしい感情の変化に振り回されず、失敗しても成功しても平常心でいられます。 それゆえに、常に努力を続けられ、練習の通り能力を発揮できる人です。 ですから、失敗が少なく、確実に成功を掴める人なのです。 そして、周囲の人間の感情にも影響されず、自分の感情をぶつけたりもしないので、心穏やかなムードメーカーとしても役立つことが多いのです。 いつも優しい笑顔で見守るような、母性に溢れた人も多いでしょう。

9. 冷静沈着である

冷静沈着である

自己顕示欲が弱い人は、冷静沈着です。 感情や欲求に流され、影響されることなく、自分のやるべきことを完遂できる人です。 計画性もあり、真面目で落ち着いているので、確実に課題や仕事をクリアすることができます。 また、問題やトラブルが生じても、慌てることなく対処できるので、リスクマネジメント能力が高い人ともいえるでしょう。 ローリスクで結果を出せるので、組織やチームにとっても必要な人材となるのです。

10. 実は自分に自信がある

実は自分に自信がある

自己顕示欲が弱い人は、実は自分に自信がある場合も多いです。 自分に自信がない人ほど、嘘をつき、誇張し、自己顕示欲を満たそうとします。 逆に、能力があり、満足している人ほど、自己アピールせず、黙々とやるべきことをこなせる場合が多いのです。 口ばかりで何もしないのではなく、まず考え、体を動かせる有能な人物なのです。

まとめ

自己顕示欲はあまり強くない方が、生きやすいです。 自分の能力や欠点について、客観的に評価し、相手に称賛を求めるのではなく、自分のために行動できるような人になりましょう。 そして、周囲に気配りを忘れずに、思いやりつつ、動ける人になりましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!