恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170928145157.html
騒がしい人の特徴や心理10選

騒がしい人の特徴や心理10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
騒がしい人の特徴や心理10選

声が大きい、リアクションが大きい、面白くてひょうきんなど騒がしい人の特徴や心理についてまとめました。



  • 明るくて元気
  • 大ざっぱな性格
  • 声が大きい
  • リアクションが大げさ
  • 目立ちたがり屋
  • ひょうきんで人を笑わせることが好き
  • よくもわるくも周囲を巻き込む性格
  • TPOを考えずに行動してしまう
  • いざとなったら頼りないことも多い
  • 実はさびしがり屋で甘えん坊
  • まとめ

1. 明るくて元気

明るくて元気

騒がしい人は、明るくて元気な性格の人が多いです。 ポジティブではきはきとした言動や行動をしますが、それがうるさく感じられてしまう場合もあるのです。 周囲の迷惑にならないように気遣い、動くことも大切です。

また、テンションがあがりすぎて、失敗してしまうおっちょこちょいな面もあるので、気を引き締めて行動しましょう。 単なるお調子者と思われないように、自重することが大切です。

2. 大ざっぱな性格

大ざっぱな性格

騒がしい人は大ざっぱな性格です。 細かいことを気にせず、鷹揚に対応できますが、その分繊細なやり取りができないのがネックです。 相手を雑に扱ってしまったり、周囲に配慮できず、顰蹙を買ってしまうことも多いでしょう。

気遣いのできなさから、つい感情を出してしまい、騒がしい印象になってしまうのです。 心配りを忘れずに行動できるようにしましょう。

3. 声が大きい

声が大きい

騒がしい人は、もともと声が大きい場合が多いです。 また、家で大きな声で話す人が多いと、自然と自分の話し声も大きくなってしまいます。 それゆえに、自分だけではなく「騒がしい家族だ」と、ひとまとまりで批判される場合もあるでしょう。

すぐに感情を表出されるのではなく、一間おいてから話すようにすると、声も抑えることができるので心がけましょう。 また、TPOに合わせて、声のボリュームを調整できるようにしましょう。

4. リアクションが大げさ

リアクションが大げさ

騒がしい人は、一つ一つのアクションや、反応が大げさな場合が多いです。 感情表現が激しく、身振り手振りを大いに絡めて、自分の気持ちを伝えようとします。 それゆえ「うるさい」「鬱陶しい」「騒がしい」というような印象も抱かれやすいのです。 時には、面白さや感情の豊かさで周りを惹きつけますが、迷惑になることも多いので気をつけましょう。

5. 目立ちたがり屋

目立ちたがり屋

騒がしい人は目立ちたがり屋です。 わざとリアクションを大きくして、周囲の視線を集めようとする人も多いでしょう。 中には、問題を引き起こして注目を集める様な、トラブルメーカータイプの人もいます。

嘘つきな狼少年のような性格の人もおり、たびたび迷惑をかけてしまうことも多いです。 悪い意味で目立つと、批判されることが多いので、自重して行動しましょう。 また、わざと炎上を煽るような発言や行動は控えるべきです。

6. ひょうきんで人を笑わせることが好き

ひょうきんで人を笑わせることが好き

騒がしい人は、ひょうきんな性格で、人を笑わせたり楽しませたりすることが好きな人が多いです。 話を面白おかしく伝えるのが得意で、言葉の使い方も巧みです。 しかしながら、時に誇張や嘘が混じることもあるので、気をつけましょう。

また、相手を傷つけるようなお笑いをしないようにしましょう。 おどけたり笑わせること自体は悪くないですが、TPOを考えて、他人を思いやって行動しなければなりません。

7. よくもわるくも周囲を巻き込む性格

よくもわるくも周囲を巻き込む性格

騒がしい人は、よくもわるくもムードメーカーです。 明るい振る舞いと大きな声で、場を盛り上げて、良い雰囲気にすることもできます。 一方で、騒ぎすぎて、調子に乗ってしまい、失敗や問題を起こし、空気をぶち壊してしまうこともあるのです。 自分の感情や行動が、チームや組織に影響することを自覚し、メンタルをコントロールできるように心がけましょう。

8. TPOを考えずに行動してしまう

TPOを考えずに行動してしまう

騒がしい人は、TPOを考えずに行動してしまうことが多いです。 真面目な会や行事の時も、騒がしくしてしまったり、ふざけてしまうこともあり、周囲から顰蹙を買うこともあるので気をつけましょう。

おしゃべりに夢中になりすぎて失敗することが多いので、周囲を見渡し、気を配ることが大切です。 また、空気を読んで、黙る時は黙る、神妙にする時は神妙にする、話す時は話す、というようにメリハリのある行動が必要です。

9. いざとなったら頼りないことも多い

いざとなったら頼りないことも多い

騒がしい人は、騒ぐだけ騒いで、いざとなったら頼りない場合が多いです。 何か出来ないことや、困難にぶつかると、すぐに弱音を吐き騒ぎだします。 子供用に駄々をこねる人も多く、モラハラ的な行動をしてしまうでしょう。

家族や友人、恋人からの評価も下がり、孤立してしまう場合も多いです。 わめき立てて、クレームを言ったり、わがままを言ったりするのではなく、自分で解決するように心がけましょう。 また、誰かに頼らないと生きていけない、依存的でサバイバル能力が低いのもネックです。

10. 実はさびしがり屋で甘えん坊

実はさびしがり屋で甘えん坊

騒がしい人ほど、実はさびしがりやで、甘えん坊な場合も多いです。 騒ぐことで、周囲の注目を集め、構ってもらおうとするのです。 何かにつけて頼りがちで、甘ったれな姿勢が抜けないのはネックです。

自立心を持ち、自分の行動や言動に責任を持つことが大切です。 また、感情や欲求に流されず、自制の出来る人になりましょう。

まとめ

騒がしい人は、良い時は場を盛り上げ、悪い時は雰囲気を壊してしまいます。 明るい気持ちを持ちつつも、周囲に気遣うことで、よりよいムードメーカーになることができるでしょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!