恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170928103349.html
自責の念が強い人に共通する13の特徴

自責の念が強い人に共通する13の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
自責の念が強い人に共通する13の特徴

自分の行ったことが正しかったのか、自分がなにか悪いことをしてしまったといった思いが強い人を自責の念が強いといいますが、ではいったいどのような人が自責の念が強いのでしょうか。 自責の念が強い人に共通する特徴をご紹介します。



  • 責任感がある
  • 自信がない
  • 白黒はっきりさせたい
  • 被害妄想が強い
  • 心配性
  • 人目を気にしている
  • 過去を気にしすぎる
  • マイナス思考
  • 反省しなくてはいけないと思い込んでいる
  • 実は自己中心的
  • 向上心が高い
  • 固定観念にとらわれやすい
  • 一人でかかえてしまう
  • まとめ

1. 責任感がある

責任感がある

何事にも責任感がある人は自責の念が強い人によく見られる特徴とされています。 連帯責任であっても、自分があのとき失敗をしなければ、あのときもっとスピーディーに対応できていたらと、責任感があるからこそ後悔してしまう、自責の念が強い人の特徴とされています。

2. 自信がない

自信がない

自責の念が強い人というのは、自分が悪いのだと思い込む、自分に自信を持つことが出来ないタイプの人が多いとされています。

自信があったら自分が悪いなど考えもつきませんが、自分に自信を持てないタイプの人は常に自分が失敗をしたのではないかなど不安になる傾向にあります。

3. 白黒はっきりさせたい

白黒はっきりさせたい

誰が悪いのかをはっきりさせないと気がすまないような、白黒をはっきりさせたいタイプの人というのは、白黒はっきりさせるためにあれこれ考えられる傾向にありますので、結論を自分が悪いからだと固めてしまう傾向にあります。

曖昧にしておくのを嫌う人こそが、自分で自分の首を絞めるような、自責の念が強い人の特徴とされています。

4. 被害妄想が強い

被害妄想が強い

もしかして私の悪口をあの人たちは言っているのではないかといったような被害妄想が強いタイプの人というのは自責の念が強い人の特徴でもあります。

被害妄想が強い人というのは、常に自分のあら探しをしているような状態でもあります。 そのため、自分が悪いからこうなったと結論付けてしまい、自責の念でいっぱいになってしまう傾向にあります。

5. 心配性

心配性

常にあらゆること対して心配しているような日とというのは、自責の念が強いタイプです。 あのときの自分の行動が正しかったのか、自分の下した決断が間違いだったのではないだろうかとあれこれ心配になってきて、やはり自分が悪い、自分の責任だと自責の念に苛まれて苦しんでしまう傾向にあります。 心配性な人というのは、自責の念にかられながらとどうしたらよいのか心配も同時にするタイプとされています。

6. 人目を気にしている

人目を気にしている

常に人の目を気にしていきている人というのは、自分のことを客観的に見ているような気分になっているかたも多く、なにかが起きると自分が悪いと思い悩むタイプです。 人目を気にしているということは、自分に負があると思い込んでいることの現れでもあります。

7. 過去を気にしすぎる

過去を気にしすぎる

自責の念が強い人というのは、過去にとらわれている傾向にあります。 自責の念というのは過去の出来事を引き合いに出すことによって生まれる反省点や後悔をしているポイントの復習のようなものです。

過去を気にしすぎてしまう人というのは、何十年も昔のことを思い起こして悩まれる傾向にあります。 反省すべき過去ばかりを掘り起こしてしまうタイプのため、自責の念が強くなっているとされます。

8. マイナス思考

マイナス思考

自責の念が強い人というのは、言うまでもなくマイナス思考の人が多いのが特徴となっています。 自分の行動に対して反省点しかつけることができずに、よい点を見つけてあげようという前向きな心がないため、自分で自分の行動を責めてしまうというのが特徴とされています。 マイナス思考の人は自責の念が強いと言えるのです。

9. 反省しなくてはいけないと思い込んでいる

反省しなくてはいけないと思い込んでいる

何事に対しても反省するということは確かに大切なことですが、自責の念が強い人というのは、絶対に反省点を見つけなくてはならないとどこかで思い込んでいるタイプでもあります。

そのため、無理矢理自分の悪い点を見つけて反省をしていくうちに、反省部分が増えていき消化しきれなくなり、自責の念が強い傾向にあります。 無理矢理反省点を探すので、本来なら思い悩むような出来事ではなくても、一人で悩まれてしまう傾向にあります。

10. 実は自己中心的

実は自己中心的

自責の念が強い人というのは、実は自己中心的である可能性が高いと言えます。 自分ばかり責めてしまい、自分ばかりに責任があると思っているタイプというのは、自分以外が見えていない傾向にあります。 つまり自分以外は興味がない現れでもあります。

自分だけが悪いなんてことはあり得ないのですが、自己中心的な人というのは自分以外を見ていないので誰がどのような言動をとっていたのかなど見えてもいません。 もし、しっかりと周りを見えていたら、自分以外の人も同じことをしていたり、他の人の欠点も見えてきます。 そうすると自分だけが悪いなどという自責の念が強くなることはありません。

11. 向上心が高い

向上心が高い

もっと上を目指したいという、向上心が強い人というのは、自責の念が強い人でもあります。 思ったように実力が伸びなかった場合など、必要以上に自信を責めてしまう傾向にあります。 時には頑張りを自分自身で喜んであげることが大切となります。

12. 固定観念にとらわれやすい

固定観念にとらわれやすい

こうしなくてはならないといった固定観念にとらわれている人というのは、自責の念が強い人の特徴とされています。

こうしなくてはならないという枠から少しでもはみ出してしまうと、自身がとてつもなく悪人にみえてしまいがちです。 固定観念にとらわれていると少しでも間違ったことをしてしまったら、自分を責めてしまい、自責の念でいっぱいになるのです。

13. 一人でかかえてしまう

一人でかかえてしまう

自責の念が強い人というのは、悩みを一人で抱えてしまう傾向にあります。 誰かに相談することで、自分を責めることではないということが分かると思うのですが、一人であれこれ考えてしまい、その考えに対しては自分自身が答えを出さなくてはならないため、自分が悪い、悪いところを治さなくてはと焦ってしまう傾向にあります。 自責の念が強くならないためには、誰かに相談することが大切とされています。

まとめ

自責の念が強い日とというのは、責任感があったり、一人で抱えてしまう人というのが特徴的です。 そのため、時には誰かに頼ることが大切です。 また、自責の念が強い人は周りを見ているようで見ていない傾向にありますので、周りを見てみると自分をそこまで責めることはないということが分かると言えます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!