恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170926094514.html
すぐ顔色を伺う人の特徴や心理10選

すぐ顔色を伺う人の特徴や心理10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
すぐ顔色を伺う人の特徴や心理10選

嫌われたくない、友達が少ない、自分に自信がないなど、すぐ相手の顔色をうかがう人の特徴や心理についてまとめました。

  • 繊細で優しすぎる
  • 友達や仲間が少なく心細い
  • 臆病で引っ込み思案
  • 敵を作りたくないネガティブな八方美人タイプ
  • 自分に自信がない
  • ネガティブで卑屈な性格
  • 変化を嫌う神経質な性格
  • 他人に甘える依存的な性格
  • 足元を見て他人を付け込みたい卑怯者
  • 争いを避けたい平和主義者
  • まとめ

1. 繊細で優しすぎる

繊細で優しすぎる

すぐ顔色をうかがう人は、繊細で優しすぎる場合が多いです。 他人の表情や、環境の変化など、周囲は気付かないような細かなことに敏感で、気にしてしまうことが多いです。 それゆえに、気配りができ、思いやりをもって接することができますが、気を揉んでストレスを抱えやすいのがネックです。

全てを把握し、マネジメントすることは不可能です。 自分のできることと、できないことを理解して、相手と接するようにしましょう。 また、世話を焼きすぎて、おせっかいをしてしまうこともあるので、気をつけましょう。

2. 友達や仲間が少なく心細い

友達や仲間が少なく心細い

すぐ顔色をうかがう人は、コミュニケーションが苦手で、友人や仲間が少なく心細さを感じている場合が多いです。 恥ずかしがりやで、自己表現が苦手なので、なかなか友達ができません。 クラスや職場で孤立してしまうこともあるでしょう。

それゆえに仲間はできなくても、せめて嫌われたくないという思いから、相手の顔色をうかがって行動するのです。 コソコソとしがちで、逆に不審がられることもあるので気をつけましょう。

3. 臆病で引っ込み思案

臆病で引っ込み思案

すぐ顔色をうかがう人は、臆病で引っ込み思案です。 新しい人間関係や環境が苦手で、すぐに緊張してしまい、ストレスを感じやすいです。 入学時や入社時などは憂鬱で、体調を崩してしまうこともあるでしょう。

深呼吸をしたり、脈拍を整えることで、メンタルをコントロールする術を身につけましょう。 また、相手についてばかり考えるのではなく、自分の好きな事や目標のために行動すると良いでしょう。

4. 敵を作りたくないネガティブな八方美人タイプ

敵を作りたくないネガティブな八方美人タイプ

すぐ顔色をうかがう人は、敵を作りたくない、ネガティブな方向性の八方美人な性格です。 誰にでも好かれたいというよりは、誰からも嫌われたくないという気持ちが強く、無難で無害な人であろうとします。

過度な自己主張をせず、周囲に合わせて生きるように努めます。 それゆえに、自分の本当意思や願望を遂げられずに、知らぬ間にフラストレーションを溜めてしまっていることも多いです。

人生は一度きりですから、自分が何をしたいのか、何をするべきなのか、立ち止まって考えることも大切です。 後悔のないように生きるようにしましょう。

5. 自分に自信がない

自分に自信がない

すぐ顔色をうかがう人は、自分に自信がない場合が多いです。 周囲の視線ばかりが気になり、自分の能力が上手く発揮できず、思うようなパフォーマンスができないのがネックです。

緊張せず、堂々とするためには、それだけの経験や練習、そして強いメンタルが必要です。 精神状態を安定化させコントロールできるように、メンタルトレーニングをすることも大切なのです。 心の奥にもやもやを溜め込みやすいので、紙に書いて文章化すると良いでしょう。

6. ネガティブで卑屈な性格

ネガティブで卑屈な性格

すぐ顔色をうかがう人は、ネガティブで卑屈な性格です。 「どうせ私の意見なんて無視される」「ですぎたことをするくらいなら目立たない方が良い」というように偏屈で後ろ向きな考えを持っています。 相手の顔色をうかがいつつも、心の奥では馬鹿にしているような時もあります。 自分に対して攻撃的なように、相手に対しても皮肉屋で否定的なのです。

表面だけは賛同していても、実は相手が大嫌いということもあります。 そして自己主張はできないため、鬱屈とした嫌悪感を溜めてしまいがちなのがネックなのです。 切りたい縁は放っておくのではなく、断ち切ることも大切です。

7. 変化を嫌う神経質な性格

変化を嫌う神経質な性格

すぐ顔色を伺う人は、変化を嫌う神経質な性格です。 他人の顔色と同様に、環境や状況の変化に目ざとく気付き、指摘する場合もあるでしょう。 こまごまとしすぎて、相手から嫌われてしまうこともあるので気をつけましょう。 時には、鈍感であることで、ストレスを緩和することができるのです。

8. 他人に甘える依存的な性格

他人に甘える依存的な性格

すぐ顔色をうかがう人は、他人に甘えがちで依存的な性格である場合も多いです。 自分の行動や言動について責任が持てず、すぐ相手の意見に頼り、気持ちに添うことばかりしてしまいます。 自己主張ができず、自分の想いを溜め込みがちなのもネックです。

大人になるということは、自分で考え、自分で決めるということです。 自立心を高め、依存的な関係性から一人立ちできるように努めましょう。

9. 足元を見て他人を付け込みたい卑怯者

足元を見て他人を付け込みたい卑怯者

すぐ顔色をうかがう人の中には、ずるい人もいます。 相手の表情や言動から、足元を見て、弱点や欠点をついてつけこもうとするのです。 卑怯なやり方で、相手を利用したり、見下したりすることが多いでしょう。 そうした性格から、本当の友人がおらず、孤立する場合も多いので気をつけましょう。 自分の心の弱さを認め、相手を思いやり気遣うことが大切です。

10. 争いを避けたい平和主義者

争いを避けたい平和主義者

すぐ顔色をうかがう人は、争いを避けたい平和主義者でもあります。 さまざまな感情や環境の変化に敏く、読み取ることで、危険を回避しようとします。 時には、自分だけが逃げてしまい卑怯者扱いされることもあるので気をつけましょう。 自分のためだけではなく、全体の平和のために行動できるようにしましょう。

まとめ

すぐ顔色うかがう人の根幹にあるのは心の弱さです。 自己防衛のために、感情や環境の変化に気づく力を持っているのです。 その力を自分のためだけではなく、多くの人のために使い、平和や安定を守れるように努めましょう。

嫌われたくない、友達が少ない、自分に自信がないなど、すぐ相手の顔色をうかがう人の特徴や心理についてまとめました。


繊細で優しすぎる

すぐ顔色をうかがう人は、繊細で優しすぎる場合が多いです。 他人の表情や、環境の変化など、周囲は気付かないような細かなことに敏感で、気にしてしまうことが多いです。 それゆえに、気配りができ、思いやりをもって接することができますが、気を揉んでストレスを抱えやすいのがネックです。

全てを把握し、マネジメントすることは不可能です。 自分のできることと、できないことを理解して、相手と接するようにしましょう。 また、世話を焼きすぎて、おせっかいをしてしまうこともあるので、気をつけましょう。

友達や仲間が少なく心細い

すぐ顔色をうかがう人は、コミュニケーションが苦手で、友人や仲間が少なく心細さを感じている場合が多いです。 恥ずかしがりやで、自己表現が苦手なので、なかなか友達ができません。 クラスや職場で孤立してしまうこともあるでしょう。

それゆえに仲間はできなくても、せめて嫌われたくないという思いから、相手の顔色をうかがって行動するのです。 コソコソとしがちで、逆に不審がられることもあるので気をつけましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!