恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170925113305.html
変化に敏感な人に共通する10の特徴

変化に敏感な人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
変化に敏感な人に共通する10の特徴

繊細である、観察眼が鋭い、居心地の良い環境にこだわるなど、変化に敏感な人の特徴についてまとめました。



  • 繊細である
  • ネガティブである
  • 観察眼が鋭い
  • 居心地の良い環境にこだわる
  • 人の顔色をうかがうことが多い
  • 細かい作業が得意
  • 争いを好まない平和主義者
  • 臆病者で挑戦したがらない
  • 五感が鋭い
  • 刺激よりも安定を求めるタイプ
  • まとめ

1. 繊細である

繊細である

変化に敏感な人は、繊細な性格です。 細やかなことに気づき、気を配れると同時、細かな変化に動揺しダメージを受けやすいです。 優しいですが打たれ弱く、ストレスを抱え込みやすい性格と言えるでしょう。 気にしすぎて気に病むことが多いので、大らかな友人や恋人がいると、そうした心持ちがポジティブに変化するでしょう。

2. ネガティブである

ネガティブである

変化に敏感な人は、ネガティブな性格です。 どちらかというと、変化を悪い意味にとらえ、これからやってくる未来に悲観してしまうことが多いです。

時折、被害妄想的な思考に陥ってしまい、無駄に落ち込んでしまったり、決断を誤ることもあるので、気をつけましょう。 感情的になるのではなく、冷静に判断する力を身につけなければなりません。

3. 観察眼が鋭い

観察眼が鋭い

変化に敏感な人は、観察眼が鋭いです。 周囲を見渡し、さまざまなことに気づく力を持っています。 ネガティブな性格ではありますが、そうした危機察知能力によって、危険を回避できることも多いです。

時には、気になりすぎて、ストレスを抱えてしまうこともあるので、自分に関係ないことはスルーするスキルも持たなければなりません。 何事にも関わりすぎると疲れることが多いので、取捨選択できるようにしましょう。

4. 居心地の良い環境にこだわる

居心地の良い環境にこだわる

変化に敏感な人は、自分が暮らす環境についてこだわることが多いです。 部屋の広さや、空調の温度や風の強さ、壁紙の色やインテリアの配置、椅子の座り心地、全体の香りや雰囲気など、さまざまな所に目を配ります。

少し変化があるだけでも、落ち着かなくなり、イライラしてしまう場合も多いでしょう。 潔癖な性格の人も多く、部屋を汚したり散らかしたりするような人とは暮らせないということもよくあります。 また、劣悪な環境に耐えられず、ストレスを感じやすいので、サバイバル能力も低いことが多いです。

5. 人の顔色をうかがうことが多い

人の顔色をうかがうことが多い

変化に敏感な人は、人間関係においてもその敏感さを見せます。 「機嫌は良いだろうか」「不快にさせていないだろうか」「自分は嫌われていないだろうか」というように他人の顔色をうかがうことが多いです。

気を揉み、遠慮がすぎて、かえって相手の不興を買ってしまうこともあるので、ほどほどにしましょう。 譲り合うことも大切ですが、自己主張もないと関係は育ちません。 ネガティブで卑屈になりやすいので、関係がこじれやすくなるので、注意しましょう。

6. 細かい作業が得意

細かい作業が得意

変化に敏感な人は、細かい作業が得意です。 部品の欠陥を見つけだしたり、小さなパーツを組み立てたり、医療や工業においてさまざまな分析や考察をしたりと、繊細な場面で活躍することが多いです。

技術職に就いたり、工芸品の職人になったりと、手と目を使い、さまざまな物を作ったり、直したりすることも多いでしょう。 器用さと細やかさが求められる場所で、飛躍するケースが多いです。

7. 争いを好まない平和主義者

争いを好まない平和主義者

変化に敏感な人は、争いを好まない平和主義者です。 大きな変革や事変によってもたらされる、暴力や争いを厭う傾向が強いです。 戦争はもちろんのこと、家庭や組織おける変化と紛争を嫌うでしょう。

それゆえに事なかれ主義になることも多いですが、平和的に解決したいと陰で奮闘することもあります。 結果として問題に突っ込んでしまい傷付くこともあるので、気をつけましょう。

8. 臆病者で挑戦したがらない

臆病者で挑戦したがらない

変化に敏感な人は、臆病な性格で、何事においても挑戦することを避ける場合が多いです。 「食わず嫌いで新しい食べ物は食べたくない」、「新しい環境に行くくらいなら今のままがよい」というように変化と新天地を避けます。

それゆえに、成長する機会や、新しい発見をする機会を失いがちなのがネックです。 しかし、博打やリスクは避けるので、安定した生活ができるのが、魅力なのです。 ネガティブな性格ではありますが、家庭を営む上では安定感があり、結婚も堅実な場合が多いです。

9. 五感が鋭い

五感が鋭い

変化に敏感な人は、五感が鋭いです。 混ざった味やにおいが苦手だったり、派手な色や柄に目が痛くなったりと、一定の感触や音が苦手だったりと、敏感で繊細なことが多いです。 人に触れるのが嫌だ、気配を感じるのもあまり好きではないという、人嫌いで孤独を好む性格の人もいるでしょう。

敏感さゆえに、ストレスを感じやすいので、生活において様々な問題にぶつかるのがネックです。 自分なりに、対策をとったり、周囲の人間に理解をしてもらえるように努力しましょう。

10. 刺激よりも安定を求めるタイプ

刺激よりも安定を求めるタイプ

変化に敏感な人は、刺激よりも安定性を求めるタイプです。 周囲の人間や、環境に振り回されたくないので、刺激的な人間関係を避けようとします。 それゆえに激しい恋はしませんが、あたたかな家庭を営み守る力には優れています。 また、浪費を嫌い、堅実に貯金ができる、現実的な家計運営をできるのも魅力なのです。

まとめ

変化に敏感な人は、さまざまな面でストレスを受けやすいです。 しかしながら、危険を察知し、回避する能力には長けています。 平和で安定的な生き方を求める人なのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!