恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170925112752.html
彼氏と仲がいい・ラブラブ過ぎて不安になる理由8選

彼氏と仲がいい・ラブラブ過ぎて不安になる理由8選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
彼氏と仲がいい・ラブラブ過ぎて不安になる理由8選

彼氏と仲が良すぎて不安になる、ラブラブすぎて怖い、そんな心理状況になる理由についてまとめました。

  • 束縛が少なくドライなくらいがちょうど良いと感じているから
  • 緊張しやすく、ドキドキしやすい気質
  • 心配性で、神経質な性格
  • 家庭での愛情不足によって、彼からの愛情に慣れないから
  • 人間は幸福の後には不幸がやってくると思いこみやすいから
  • 幸せを感じすぎるのもストレスになり得るから
  • 彼氏になんらかの秘密があるのではないかと勘ぐってしまうから
  • 彼氏の浮気を疑ってしまうから
  • まとめ

1. 束縛が少なくドライなくらいがちょうど良いと感じているから

束縛が少なくドライなくらいがちょうど良いと感じているから

ラブラブすぎるのが怖い、不安になると共に、実は鬱陶しく感じている場合もあります。 彼からのベタベタとした対応に嫌気がさしていたり、常に一緒にいることに束縛されているような気持ちを感じていたりするのです。

連絡や会う回数もほどほどで、ある程度距離感があった方が良いと感じている人も多いです。 無理にべたついた関係を望むのではなく、お互いを尊重し譲り合える仲の方が、長く続きやすいのです。

2. 緊張しやすく、ドキドキしやすい気質

緊張しやすく、ドキドキしやすい気質

緊張しやすく、胸がドキドキしやすい気質がある人も、彼とのラブラブ具合に不安になる場合が多いです。 「彼がかっこよすぎて直視できない」「好きすぎて胸が痛くて辛い」というように付き合っていても、ドキドキしすぎる人もいます。

緊張して、固まりやすく、会話や態度がたどたどしくなってしまう人もいるでしょう。 そういう人は、自律神経が乱れやすく、心身のバランスを崩してしまいやすいのです。 よく言う「恋患い」にかかりやすいタイプとも言えます。 深呼吸などをして、脈拍やメンタルをコントロールできるように心がけましょう。

3. 心配性で、神経質な性格

心配性で、神経質な性格

幸せよりも、未来について考えたり、細かいことに気づきすぎる人も、恋愛において不安になりやすいです。 今のラブラブな現状に夢を見るのではなく、この先どうするのか、結婚するのか、仕事や家庭はどうなるのか、というような現実を見てしまいます。

堅実で真面目な性格ではありますが、愛を育む上では、障害になってしまうこともあるのです。 とはいえ、熱い恋愛というのは一瞬で、すぐに冷める場合が多いです。 恋にハマりすぎず、現実的な対応ができる人の方が、失敗が少なくて済むのです。

4. 家庭での愛情不足によって、彼からの愛情に慣れないから

家庭での愛情不足によって、彼からの愛情に慣れないから

家庭において愛情不足を感じている人や、愛情に飢えている人は、他人からの会いに慣れない場合も多いです。 彼からの愛情表現に戸惑い、むしろ不安を感じてしまうこともあるでしょう。

そういう場合に、彼は、熱い気持ちを伝えるだけではなく、優しく安心させるような態度をすると良いでしょう。 彼女の不安も収まりやすくなり、より安定した関係を築くことができるのです。

5. 人間は幸福の後には不幸がやってくると思いこみやすいから

人間は幸福の後には不幸がやってくると思いこみやすいから

人間と言うのは、幸せの後は、不幸がやってくると思いこみやすいです。 危機管理をする上では、そうした本能的な対応力は大切なものです。 しかしながら、常に漠然とした不安に曝されていると、鬱状態になりやすいので気をつけましょう。

彼との今の愛について喜びを噛みしめつつ、冷静であることを忘れないようにする、そうした精神のバランスが大切なのです。 そしていざとい時は、感情的になりすぎず、対応できるようにしましょう。

6. 幸せを感じすぎるのもストレスになり得るから

幸せを感じすぎるのもストレスになり得るから

幸せを感じすぎるということも、ストレスになり得る場合があります。 感受性が強く、心の揺れが大きい人は、幸せさえも強い刺激になってしまうことがあるのです。

そのような性格の彼女は、激しく熱い恋愛よりも、安定感や安心感のある関係を求めるでしょう。 また、刺激を受け続けるよりも、多少マンネリになった方がいいとさえ感じる場合もあります。 また、情に流されやすく、喜怒哀楽が激しいですが、その分、思いやりや優しさのある人でもあるのです。

7. 彼氏になんらかの秘密があるのではないかと勘ぐってしまうから

彼氏になんらかの秘密があるのではないかと勘ぐってしまうから

ラブラブすぎて、逆に疑わしいと感じてしまう人もいるでしょう。 浮気の傾向はなさそうだが、実は重大な秘密を持っているのではないかと、勘ぐってしまう彼女もいるのです。 借金はあるのか、仕事は安定しているのか、何か悩みはないのか。

など、結婚を目前にして、さらに不安を感じ、彼に探りをいれてしまうこともあるでしょう。 あまり秘密を暴くような態度をとりすぎると、相手にとって失礼なので、ほどほどにしましょう。 しかしながら、自分の人生が絡むことなので、お互いに知らせるべきことや知るべきことを開示し合うのも、大切なことなのです。

8. 彼氏の浮気を疑ってしまうから

彼氏の浮気を疑ってしまうから

この愛は実は嘘なのではないか、彼には他に恋人がいてそちらにも同じくらい愛を向けているのではないか。 というように、彼氏の浮気を疑ってしまうことも多いです。 ラブラブであるほど、そうした白々しさを感じてしまい、愛を疑ってしまうこともあるのです。

そして、本当に浮気があった、不倫をしていた、というケースもあるので、疑いは深まるばかりなのです。 ですから、ほどよい関係や、熱すぎない関係の方が良い、不安を感じないという女性も多いのです。 また、急にラブラブしだしたという状況にも、不安や疑惑を抱きやすいのが女性の性質でもあるのです。

まとめ

ラブラブすぎるというのは、心身に刺激が強く、ストレスになってしまう場合も多いです。 そして、幸せの裏に隠された、浮気や嘘や不幸を疑ってしまう場合も多いのです。 ですから、ある程度の距離感を保ちながら、相手を尊敬し大切にできるように努めていきましょう。

彼氏と仲が良すぎて不安になる、ラブラブすぎて怖い、そんな心理状況になる理由についてまとめました。


束縛が少なくドライなくらいがちょうど良いと感じているから

ラブラブすぎるのが怖い、不安になると共に、実は鬱陶しく感じている場合もあります。 彼からのベタベタとした対応に嫌気がさしていたり、常に一緒にいることに束縛されているような気持ちを感じていたりするのです。

連絡や会う回数もほどほどで、ある程度距離感があった方が良いと感じている人も多いです。 無理にべたついた関係を望むのではなく、お互いを尊重し譲り合える仲の方が、長く続きやすいのです。

緊張しやすく、ドキドキしやすい気質

緊張しやすく、胸がドキドキしやすい気質がある人も、彼とのラブラブ具合に不安になる場合が多いです。 「彼がかっこよすぎて直視できない」「好きすぎて胸が痛くて辛い」というように付き合っていても、ドキドキしすぎる人もいます。

緊張して、固まりやすく、会話や態度がたどたどしくなってしまう人もいるでしょう。 そういう人は、自律神経が乱れやすく、心身のバランスを崩してしまいやすいのです。 よく言う「恋患い」にかかりやすいタイプとも言えます。 深呼吸などをして、脈拍やメンタルをコントロールできるように心がけましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!