恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170922134337.html
情が移りやすい人の特徴

情が移りやすい人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
情が移りやすい人の特徴

感受性が強い、優しいなど、打たれ弱いなど、情が移りやすい人に共通する特徴についてまとめました。



  • 感受性が強い
  • 繊細である
  • 優しい性格
  • ドラマや漫画などの感動シーンに弱い
  • 泣き虫である
  • 打たれ弱い
  • 暗いニュースを見ると落ち込んでしまう
  • 五感が鋭い
  • 争い事が苦手
  • ダメな人にひっかかりやすい
  • 騙されやすい
  • 喜怒哀楽が激しい
  • リーダーシップに欠ける
  • まとめ

1. 感受性が強い

感受性が強い

情が移りやすい人は、感受性が強いです。

感情豊かで、他人の感情まで自分の感情のように感じとれる敏感さがあります。

それゆえに相手に同調できる思いやりを持っていると共に、あまりに敏感なためストレスを抱えてしまう場合も多いです。

自分は自分、相手は相手と割り切ることも大切です。

また、相手の悩みやトラウマまで背負いこんでしまうこともあるので、注意が必要です。

2. 繊細である

繊細である

情が移りやすい人は、繊細です。

細やかな変化に気づきやすく、さまざまな情報を受け取る能力を持っています。

空気が読め、周囲に気遣いできる性格ですが、神経質になりやすいのがネックです。

あまり気にしすぎると、ストレスを感じやすくなるので、鈍感力を鍛えることも必要でしょう。

また、劣悪な環境には心折れやすいので、サバイバル力に欠けるという面も短所です。

3. 優しい性格

優しい性格

情が移りやすい人は優しい性格です。

相手の気持ちを考え、思いやりと配慮のある行動ができます。

多くの人を受容する心があり、相手を包み込むような優しさを見せるでしょう。

それゆえに優しすぎて、相手に利用されたり、付け込まれたりすることもあるので気をつけましょう。

優しさと甘やかしは違うということを自覚しなければなりません。

4. ドラマや漫画などの感動シーンに弱い

ドラマや漫画などの感動シーンに弱い

情が移りやすい人は、ドラマや漫画、アニメ、小説などの感動シーンにめっぽう弱いです。

すぐに心打たれ、感動を抱き、泣くこともしばしばあります。

激しく感動を訴えるあまり、周囲の人から引かれる場合もあるので気をつけましょう。

TPOを考えて、感情表現をするようにしましょう。

しかし、その素直で熱い気持ちに好感を抱いている人もいるのです。

5. 泣き虫である

泣き虫である

情が移りやすい人は、泣き虫である場合が多いです。

自分のことに関わらず、相手のことにまで心揺さぶられて、泣いてしまうことがあるでしょう。

思いやりのある優しい人ですが、泣きすぎて嫌がられる場合もあるので気をつけましょう。

また、すぐに泣いてしまい、心が折れてしまいやすいのもネックです。

時には、耐えて、戦い抜く意地を見せることも大切です。

泣くことでストレスを解消することもできますが、ほどほどにしましょう。

6. 打たれ弱い

打たれ弱い

情が移りやすい人は、打たれ弱いことが多いです。

困難や難問にぶつかると、すぐに根をあげてしまい、諦めることも多いです。

それゆえに、「軟弱者だ」「ヘタレだ」「弱虫だ」と、卑下されることもあるでしょう。

時には、心の揺れに耐え、努力し、挑戦し続けることも大切です。

さまざまな経験や、学習を通して、心の強さを育てましょう。

もともと優しい性格ですから、それに芯の強さが加わると、より魅力的な人間になれるでしょう。

7. 暗いニュースを見ると落ち込んでしまう

暗いニュースを見ると落ち込んでしまう

情が移りやすい人は、暗いニュースを見たり、読んだりすると落ち込んでしまう場合が多いです。

感受性が強いので、まるで自分に起こったことのようにショックを受け、悲しむこともあるのでしょう。

ですから、あまり悲惨なニュースの場合は、映像や文章を見ないようにした方が良いです。

時には、自分の体験ではないのに、トラウマを抱えてしまうこともあるからです。

下手にネットの情報に触れるのも、ストレスを抱えやすくなるので、避けるようにしましょう。

8. 五感が鋭い

五感が鋭い

情が移りやすい人は、繊細で五感が鋭いです。

大きな音が苦手だったり、色がちらつきやすかったり、味やニオイ、感触に敏感だったりします。

それゆえに、他の人よりも、たくさんの情報を集めやすく、ストレスをたくさん抱えやすいのがネックです。

苦手な事柄が多く、実生活において苦労することも多いでしょう。

苦手な刺激からは、出来る限り避ける、周囲の人に理解してもらうなどの対策をして、暮らすようにしましょう。

9. 争い事が苦手

争い事が苦手

情が移りやすい人は、優しすぎるため、争い事が苦手です。

喧嘩を避けるために、相手に譲ることや我慢することが多いので、ストレスを抱えやすいのがネックです。

また、たとえ相手が悪くても、争いたくないために許してしまう場合も多いでしょう。

時には、自己主張をし、公平な関係を作ることも大切です。

また、繊細な性格で、たとえ自分は関係なくても、怒鳴り声や罵声を聞くと、萎縮してしまうことも多いです。

攻撃的な人が苦手で、避けることもよくあるでしょう。

10. ダメな人にひっかかりやすい

ダメな人にひっかかりやすい

情が移りやすい人は、ダメ人間にひっかかりやすいです。

優しさを通り越して、甘さがでてしまうために、相手から依存されてしまうことが多いのです。

相手が間違いを犯しても、許してしまうことが多いので、問題がさらに悪化してしまうことも多いでしょう。

時には、叱ることや諭すことを忘れないようにしましょう。

甘やかし、甘える関係は、健全な状態にならず、互いの成長を妨げてしまうことが多いので、気をつけましょう。

11. 騙されやすい

騙されやすい

情が移りやすい人は、騙されやすいことが多いです。

相手の悩みや苦しみに寄り添いすぎて、利用されたり、足元をすくわれる場合が多いです。

感情的なドラマ仕立ての振り込め詐欺にも飲まれやすく、騙されやすいので気をつけましょう。

気が動転しやすく、信じ込みやすいので、慌てずに、他の信頼できる人に相談することが大切です。

助けたつもりが、仇で返されることもあるので、慎重に他人と付き合うことが大切です。

12. 喜怒哀楽が激しい

喜怒哀楽が激しい

情が移りやすい人は、喜怒哀楽が激しい場合が多いです。

それゆえに、周囲を巻き込んでしまいがちなので、気をつけましょう。

TPOを考え、感情をコントロールすることも大切です。

純粋で実直な性格を好ましいと感じる人もいますが、激しい感情表現はほどほどにしましょう。

13. リーダーシップに欠ける

リーダーシップに欠ける

情が移りやすい人はリーダーシップに欠ける場合は多いです。

心が揺れやすく、つい優しさが先行してしまうため、冷静さや、判断力を失いやすいです。

それゆえに、チームや組織を引っ張れずに、自滅してしまうことも多いでしょう。

冷徹さや、厳しさも、長になる上では大切な心構えなのです。

まとめ

情が移りやすい人は、繊細で優しいです。

その優しさゆえに、失敗することも多いでしょう。

しかし、厚い情があるからこそ、多くの人から慕われるという長所もあるのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!