恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170922134056.html
仕事や用事を丸投げする人に共通する8の特徴

仕事や用事を丸投げする人に共通する8の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
仕事や用事を丸投げする人に共通する8の特徴

仕事や用事を丸投げする人には共通する特徴がいくつか存在しますが、ここではそのうちの8個について取り上げています。

  • いい加減
  • 自分を過小評価
  • 人に頼る
  • 人の迷惑を考えない
  • 信用を失う
  • 結果を考えない
  • プレッシャーに弱い
  • 仕事を頻繁に代える
  • まとめ

1. いい加減

いい加減

まずこのタイプの人に言えることは、何事に関してもいい加減であるということです。 物事を真剣に考えることができず、面倒だと感じた場合はすぐに逃げ出してしまうのです。 実のところ投げ出されたことは誰かが代わりに行わなければならず、結果的に逃走に成功するわけです。 このような実情を知ってしまうと面倒なことはとりあえず投げ出してしまえばよいという感情が生まれるようになり、最後までやり通す力を失ってしまうことになるのです。

2. 自分を過小評価

自分を過小評価

一応頑張っては見るものの、壁にぶつかると「やはり思った通りだ」と感じて全てを投げ出してしまう人がいます。 このタイプの人は自分に自信が持てず、過小評価している可能性が高いと言えます。

このような気持ちが生じてしまうのは今までに何かをやり遂げたことがなかったり、大きな失敗をしてそれがトラウマになっているケースが考えられます。 このタイプの人の中には本当は能力があり、仕事ができる人もいます。 そのためまずは自分をしっかりと見つめ、正しい評価をすることで自信を得ることが必要です。

3. 人に頼る

人に頼る

1つ目の項目でも考えましたが、自分が任された仕事などを投げ出すと誰かがそれを行うことになります。 もちろんこのような状況は無責任な態度を示すもので、あってはならないことです。 しかし仕事などを丸投げしてしまう人の中にはここまでではないものの、どうにかして逃げ道を作ろうと躍起になる人がいます。

その方法の一つが人に頼るというものです。 先輩や上司などに「この仕事は自分には荷が重いので、助けてください」と懇願するのです。 一度や二度であれば問題ないかもしれませんが、丸投げする傾向にある人はこのような態度を頻繁に示します。

4. 人の迷惑を考えない

人の迷惑を考えない

これまで再三考えてきたように、自分が行うべきことを行わなければ、それは他の人の手によって成し遂げられることになります。 つまりその人にとってはエキストラワークとなり、余分な時間が取られてしまうことになるのです。 もちろん余分な仕事を行うわけですから、残業代や特別手当などが会社から支払われることもあるでしょう。 しかしこのような状況は仕事を肩代わりする人に迷惑をかけることになるのは言うまでもありません。 仕事を丸投げする人はこのように人に迷惑がかかるという事実を無視するのです。

5. 信用を失う

信用を失う

任された仕事を最後まで行わず、それを丸投げする人は信用されません。 それは当然のことと言えるでしょう。 そのため次第に友達も少なくなり、最終的には一人になってしまう可能性もあります。 このような性格の人は仕事だけではなく何に対してもいい加減であるために、友達関係や家族の間でもいい加減な態度を示します。 そのため様々なところで問題を引き起こすことがあるのです。

6. 結果を考えない

結果を考えない

仕事や用事を丸投げしてしまうのであれば、それなりの悪い結果を刈り取ることになります。 しかしこのようなことを平気で行う人は、結果について考えることはしません。 そのため今の状況だけを考えて楽をしたいと感じ、面倒なことを投げ出すのです。

しかし場合によってはその結果が重大なミスに発展することもあります。 このような状況に陥れば自分だけではなく家族や友人にも多大の迷惑がかかることになります。 そのため自分の行動が招く結果について考えるように思考を訓練していかなければなりません。

7. プレッシャーに弱い

プレッシャーに弱い

過度のプレッシャーを感じるとそれに耐えられなくなる人がいます。 そしてそれをはねのけようと頑張るのではなく、逃走という手段によって解決を求める人もいるのです。 このタイプの人は過去に嫌な思いをしていることが多く、同じような状況に直面すると必要以上にプレッシャーを感じてしまい、そこから逃げ出そうとするのです。 またこのタイプの人は優秀であることも多く、のしかかる期待が大きすぎてもそれがプレッシャーに感じられることがあるのです。

8. 仕事を頻繁に代える

仕事を頻繁に代える

これまで考えてきたように、仕事や用事を簡単に投げ出す人は信用を失います。 そのため同じ職場に留まることは難しく、頻繁に仕事を代えることになります。 多くの場合、就職面接を受けるときに面接官は転職回数をチェックします。

そこからある程度のことが読み取れるからです。 そして転職回数が多い人は何らかの問題があるかもしれないと判断されることがあるわけですが、そのうちの一つが「何でも投げ出す性格の持ち主」というわけです。

まとめ

仕事や用事はどんなに小さなものであってもしっかりと行わなければなりません。 そのようにすることで自分の信用を高め、周りの人に迷惑をかけずに済むからです。 そのため何でも投げ出すような性格はすぐにでも改善するべきであり、最後までやり通す力を得るようにするべきです。

仕事や用事を丸投げする人には共通する特徴がいくつか存在しますが、ここではそのうちの8個について取り上げています。


いい加減

まずこのタイプの人に言えることは、何事に関してもいい加減であるということです。 物事を真剣に考えることができず、面倒だと感じた場合はすぐに逃げ出してしまうのです。 実のところ投げ出されたことは誰かが代わりに行わなければならず、結果的に逃走に成功するわけです。 このような実情を知ってしまうと面倒なことはとりあえず投げ出してしまえばよいという感情が生まれるようになり、最後までやり通す力を失ってしまうことになるのです。

自分を過小評価

一応頑張っては見るものの、壁にぶつかると「やはり思った通りだ」と感じて全てを投げ出してしまう人がいます。 このタイプの人は自分に自信が持てず、過小評価している可能性が高いと言えます。

このような気持ちが生じてしまうのは今までに何かをやり遂げたことがなかったり、大きな失敗をしてそれがトラウマになっているケースが考えられます。 このタイプの人の中には本当は能力があり、仕事ができる人もいます。 そのためまずは自分をしっかりと見つめ、正しい評価をすることで自信を得ることが必要です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!