恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170922104139.html
注意できる人に共通する13の特徴

注意できる人に共通する13の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
注意できる人に共通する13の特徴

誰かがマナー違反をしている時に、すぐに注意ができる人は素敵です。 そこで注意ができる人に共通する特徴を見て行きましょう。

  • 考えすぎない人
  • 自分に自信がある
  • 気分を害されない自信がある
  • 正義感がある
  • 社会人としてのマナーがある
  • 社会常識がある
  • 愛がある人
  • 代表して注意する犠牲心がある
  • 優しい人
  • トゲのない注意の仕方ができる
  • 笑顔が素敵な人
  • 注意した経験が豊富な人
  • 覚悟がある人
  • まとめ

1. 考えすぎない人

考えすぎない人

電車の中であぐらを組んで座っている男の人がいるとします。 そして目の前には、高齢者が立っているとします。 もし男性があぐらをやめて、普通に座ったら高齢者は座れます。 電車は公共の場ですし、普通に座わることは社会的に求められていることですから、注意をしてもいい場面です。 しかしこのような時に、考えすぎてしまうと注意することができません

注意をしたら「相手にキレられて殴りかかられるかも」と考えたら、注意をすることができません。 また「注意をするなんて、いい人アピールをしていると思われかねない」と考えてしまって動けない人もいるかもしれません。 考えすぎると注意のタイミングが遅れてしまいます。 逆にすぐに注意ができる人は、考えすぎずに行動できる人です。

2. 自分に自信がある

自分に自信がある

自分に自信がある人は、すぐに注意をすることができます。 例えば「自分の考えは間違っていない」という自信があれば、相手の間違いを躊躇なく正すことができます。 また相手に殴られるかもしれない、というような状況でも、腕っぷしに自信があれば注意がしやすいはずです。 仮に殴り合いになっても勝てると思えれば、殴られるリスクを考える必要がないからです。

3. 気分を害されない自信がある

気分を害されない自信がある

自信には様々な種類がありますが、注意をする時に必要な自信を持っている人は注意をしやすいでしょう。 例えば自分の「好感度」に自信がある人は、注意がしやすいでしょう。 自分が注意をしても、相手が怒らないと思えば注意がしやすいからです。

例えばクラスでいちばん人気の女性徒なら、マナー違反をしたクラスの男子を注意しても、まずキレられることはないでしょう。 そのことを知っている自分の好感度に自信がある女性徒は、注意がしやすいはずです。 父親に愛されていることに自信がある娘が、父親の飲み過ぎや食べ過ぎに注意できるのも、同じ種類の自信です。

4. 正義感がある

正義感がある

正義感が強い人は、注意ができる人です。 人が何か不正をした時に、その不正を許せないと思う気持ちが注意することに向かわせるからです。 仮に政治家が賄賂をもらっているのを秘書が知ったとしても、秘書に正義感がなければ注意をすることはできません。 「私にも分けてください」と頼んだり、共犯者になったりするでしょう。 正義感が強い秘書なら、仕事を首になるのを覚悟で政治家に忠告するはずです。

5. 社会人としてのマナーがある

社会人としてのマナーがある

正義感と同様に、社会人としてのマナーを持っている人は、注意ができる人です。 列に割り込みをする人がいる時に、社会人としてのマナーがしっかり身についている人は、その行為がマナー違反だと気付けます。

社会マナーが身についていない人は「割り込んだ方が得だ」と思い、自分もマナー違反をしてしまうでしょう。 子どもの前で親がマナー違反をしないように気を付けるのは、子どもにはまだマナーの意識がなく、親がすることを何でもマネしてしまうからです。 子どもような感覚で大人になった人は、マナー違反に気付くことができません。

6. 社会常識がある

社会常識がある

マナー違反かどうか迷う行為があります。 例えば新幹線の車内で大声で話している集団がいたらどうでしょうか。 観光シーズンの土日の新幹線の車内なら、行楽に出かける観光客が多いため多少騒いでも仕方がないかもしれません。

しかしビジネスマンしか乗っていないような平日に、新幹線の車内で騒ぐのは明らかなマナー違反で迷惑行為です。 このように社会常識を知っていると、「これはマナー違反かどうか」のジャッジを迷わずにできます。 注意も躊躇なくすることができます。

7. 愛がある人

愛がある人

親が子どもを叱るのは、親が子どもを愛しているからです。 同じ間違いを繰り返して欲しくない親心が叱らせます。 このように注意をする人が、注意をされる相手のことを思って注意することもあります。 優しい気持ちを持ち、他人に愛情を持てる人は注意をすることができるのです。 地域に暮らす子どもに注意する高齢者は、その子どものためを思って注意をしています。

8. 代表して注意する犠牲心がある

代表して注意する犠牲心がある

誰かがマナー違反をすることで、その場にいる人全員が迷惑することがあります。 電車の中で大きな音で音楽を聴いている人がいれば、車内全員がうるさいと感じます。 そんな時に代表して、マナー違反をしている人に注意をする人がいます。 注意をするリスクはありますが、誰かが負わなければならない時は、自分が犠牲になろうと思える人です。

9. 優しい人

優しい人

例えば酔っ払いの男性に女性が絡まれているのを発見したとします。 そのまま見なかったことにすれば、その男性には全く被害が及ばない状況です。 それでも注意できる人は、女性がかわいそうだと思える優しい人です。 優しい気持ちがあるため、女性のためにリスクを負っても、酔っ払いに注意することができるのです。

10. トゲのない注意の仕方ができる

トゲのない注意の仕方ができる

注意できる勇気があっても、言い方がひどすぎればトラブルに発展します。 時々マナー違反をしている人より、注意をしている人の言動のほうが迷惑行為に思えることもあるほどです。 注意をしてもトラブルを起こさない人は、トゲのない注意の仕方ができるスマートな人です。

11. 笑顔が素敵な人

笑顔が素敵な人

笑顔が素敵な人も、注意をしてもトラブルを起こしにくいです。 笑顔が最高の緩衝材になるからです。 注意された相手が、つい笑顔になるほど、素敵な笑顔の持ち主もいます。

12. 注意した経験が豊富な人

注意した経験が豊富な人

注意した経験が豊富な人は、注意の仕方を知っています。 小さなころから正義感が強く、注意をし続けた人は、相手を怒らせないような注意の仕方も学んでいます。

13. 覚悟がある人

覚悟がある人

注意をした結果、最終的にキレられてもいいと「覚悟を決めている」人も注意ができる人です。 肝が据わっている、器の大きな人です。 不思議とこのタイプの人が注意をしてもトラブルにはなりません。

まとめ

注意できる人に共通する特徴を見ると、社会人として一人前と呼ばれる人に共通する特徴を持っていることが分かります。 知識があり、自信があり、正義感がある人は、注意ができる人です。

誰かがマナー違反をしている時に、すぐに注意ができる人は素敵です。 そこで注意ができる人に共通する特徴を見て行きましょう。


考えすぎない人

電車の中であぐらを組んで座っている男の人がいるとします。 そして目の前には、高齢者が立っているとします。 もし男性があぐらをやめて、普通に座ったら高齢者は座れます。 電車は公共の場ですし、普通に座わることは社会的に求められていることですから、注意をしてもいい場面です。 しかしこのような時に、考えすぎてしまうと注意することができません

注意をしたら「相手にキレられて殴りかかられるかも」と考えたら、注意をすることができません。 また「注意をするなんて、いい人アピールをしていると思われかねない」と考えてしまって動けない人もいるかもしれません。 考えすぎると注意のタイミングが遅れてしまいます。 逆にすぐに注意ができる人は、考えすぎずに行動できる人です。

自分に自信がある

自分に自信がある人は、すぐに注意をすることができます。 例えば「自分の考えは間違っていない」という自信があれば、相手の間違いを躊躇なく正すことができます。 また相手に殴られるかもしれない、というような状況でも、腕っぷしに自信があれば注意がしやすいはずです。 仮に殴り合いになっても勝てると思えれば、殴られるリスクを考える必要がないからです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!