恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170922103152.html
深入りしないほうがいい人に共通する12の特徴

深入りしないほうがいい人に共通する12の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
深入りしないほうがいい人に共通する12の特徴

深入りしないほうがいい人にはいくつかの共通する特徴が存在しますが、ここではそのうちの12個を取り上げています。

  • 人依存症
  • お金の問題を抱えている
  • 精神的に不安定
  • 空気が読めない
  • 育った環境が著しく異なる
  • 一緒にいるのが辛く感じる
  • 優柔不断
  • 妬みの気持ちがひどい
  • 人の上に立ちたがる
  • ネガティブ
  • しつこい
  • 口が軽い
  • まとめ

1. 人依存症

人依存症

誰かと一緒にいなければ不安になるという人依存症の人がいます。 このような人に気に入られると常に一緒にいるようにせがまれたり、深夜であろうと電話やメールで連絡を取ろうとするために気持ちが休まることがありません。

このような人は以前に人から裏切られたり、誰からも相手にされなかったという辛い経験をしていることがあります。 そのため可哀そうではあるものの、深入りしてしまうと大変なことになるケースがあるのです。

2. お金の問題を抱えている

お金の問題を抱えている

お金の問題を抱えている人も深入りしないほうが良いケースがあります。 もちろん少額の借金であるならば助けてあげることができるかもしれません。 しかしそれが高額の借金であったり借金癖のある人である場合、お金の問題を常に抱えていることになります。

このような人を一度手助けすると「あの人に助けを求めれば大丈夫」という誤解を与えてしまうことになりかねません。 そのため正確な状況判断を行い、高額の借金、もしくは借金癖のある人には深入りしないほうが無難です。

3. 精神的に不安定

精神的に不安定

精神的に不安定な人も要注意です。 このような人は落ち着いているときは問題はありませんが、精神が落ち込んでいるときなどは家族以外の人が手を付けられないほどの状態になることがあります。

そのため他人が手助けできることは限られているのです。 このような理解を得ておらず、深入りしてしまうなら手助けのために生活のほとんどの時間を奪われてしまうことにもなりかねませんので、注意が必要です。

4. 空気が読めない

空気が読めない

周りの空気が読めない人も深入りしないほうが無難です。 このような人と仲良くしてしまうと自分も空気の読めない人と認識されてしまうことがあります。

またこのような人が周りの人を不快にするような発言をした場合、仲良くしている自分もその発言に同意したとみなされてしまうこともあります。 こうしたことが頻繁に引き起こされると誤解を招いてしまうために、要注意です。

5. 育った環境が著しく異なる

育った環境が著しく異なる

育った環境があまりに違いすぎる人とも距離を置いた方が良い場合があります。 このような人とは考え方が大きく異なるのが一般的であり、話をしていても食い違うことが多々あります。

このような状況がストレスを感じさせることもありますし、白熱すると喧嘩に発展することもあります。 そのためこうした状況を受け入れがたいと感じる人は、異なる環境で育ってきた人との関係を深めようとしないほうが無難です。

6. 一緒にいるのが辛く感じる

一緒にいるのが辛く感じる

特に何があるというわけではないものの、なぜかこの人と一緒にいても楽しくない、むしろ何となく辛く感じることがあるという状況を経験したことのある人は少なくないはずです。 もちろんこのような状況を一度や二度経験したからと言って、この人とはもう付き合うのは止めようと決意するのは正しいことではないかもしれません。

しかしこのような感情が生じるのは自分がストレスを感じる状況をこの人が作り出していることの証拠です。 そのためこの状態が長続きする場合、付き合いを止めるほうが無難です。

7. 優柔不断

優柔不断

優柔不断の人も深入りしないほうが無難です。 このような人は性格が良い場合もありますが、一緒にいると振り回されてしまいます。 その結果無駄な時間を過ごしてしまったり、行うべきことが行えなくなってしまうことがあるのです。 こうした状況が常に続くなら堅苦しく感じられてしまい、生活が楽しいと感じられなくなってしまいます。

8. 妬みの気持ちがひどい

妬みの気持ちがひどい

誰でも人を妬むことがあります。 このような気持ちが生じるのは当然のことでしょう。 しかし妬みの気持ちが強いといつも批判的になってしまいます。

そして他の人のみならず、自分も目溜まれる対象となることが多々あります。 その都度気まずい思いをすることになり、常に相手をなだめることに注意を向けなければならなくなるのです。 このようなことを経験したくなければ、妬みの気持ちがひどい人とは深く関わらないほうが無難です。

9. 人の上に立ちたがる

人の上に立ちたがる

常に自分が優位である状況を作り出したいと感じる人がいます。 このような人は周りの人を見下したり、優越感に浸ることで満足する性格の持ち主です。 そのためこのような人よりも社会的立場が上であったりするなら、辛らつな扱いを受ける可能性が高くなります。 また事あるごとになだめなければならないこともあるために、長く付き合うと疲れてしまいます。

10. ネガティブ

ネガティブ

常にネガティブな考え方をしている人がいます。 このような人は誰かの助けや慰めの言葉を必要としています。 それを口では述べず、ネガティブな発言や行動によって示すのです。 このような人と付き合っていると疲れてしまいますし、ネガティブな感情が移ってしまうこともあります。 もちろんこのような人を助けることもできますが、そうする自信のない人は深入りしないほうが無難です。

11. しつこい

しつこい

しつこい性格の人がいます。 このような人は何でも知りたがりの傾向にあり、誰にも知られたくないことであっても「どうして?」とか「どうしたの?」という質問を用いてしつこく問いただします。 このような人と一緒にいると疲れてしまいます。 そのためしつこい性格の人とは深い関係に陥らないほうが無難であると言えます。

12. 口が軽い

口が軽い

口が軽い人には深入りしないようにするべきです。 このような人は周りの人に秘密を簡単に話してしまいます。 なぜなら秘密を話したときに得られる優越感がこのタイプの人を満足させるからです。 このようなことが生じると大きな精神的ダメージを経験することになります。 また自分の評判に傷がつくこともあるために、口の軽い人を信用したり深く関わったりすることは避けるべきです。

まとめ

人間関係は喜びをもたらすこともあれば、絶望をもたらすこともあります。 そのためどのような人と関りを持つかは非常に重要なのです。 この点で深入りしてしまうと悲しい気持ちを生じさせるような人とは深く関わらないようにするべきです。 このような人との付き合いは多くの場合、デメリットをもたらすからです。

深入りしないほうがいい人にはいくつかの共通する特徴が存在しますが、ここではそのうちの12個を取り上げています。


人依存症

誰かと一緒にいなければ不安になるという人依存症の人がいます。 このような人に気に入られると常に一緒にいるようにせがまれたり、深夜であろうと電話やメールで連絡を取ろうとするために気持ちが休まることがありません。

このような人は以前に人から裏切られたり、誰からも相手にされなかったという辛い経験をしていることがあります。 そのため可哀そうではあるものの、深入りしてしまうと大変なことになるケースがあるのです。

お金の問題を抱えている

お金の問題を抱えている人も深入りしないほうが良いケースがあります。 もちろん少額の借金であるならば助けてあげることができるかもしれません。 しかしそれが高額の借金であったり借金癖のある人である場合、お金の問題を常に抱えていることになります。

このような人を一度手助けすると「あの人に助けを求めれば大丈夫」という誤解を与えてしまうことになりかねません。 そのため正確な状況判断を行い、高額の借金、もしくは借金癖のある人には深入りしないほうが無難です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!