恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170921141326.html
スキンシップが多い人の心理や特徴8選

スキンシップが多い人の心理や特徴8選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
スキンシップが多い人の心理や特徴8選

あなたの周りにもスキンシップが多いなと感じる人はいませんか。 相手によっては、それを不快に感じてしまう人もいるでしょう。 また好意を持っている相手からだと、その理由が気になりますよね。 そこで、スキンシップが多い人の心理や特徴をいくつか紹介したいと思います。

  • 好きだから
  • 好かれたいから
  • 反応を見たい
  • 嫉妬させたい
  • 体目的
  • 寂しがり屋
  • サービス精神
  • 環境
  • まとめ

1. 好きだから

好きだから

異性として好意を抱いているからこそ、スキンシップをしてくるという心理です。 好きな人には近づきたいですし、触りたくなってしまうものですよね。 また、好きだからこそ他の人には触れさせたくない、独占したいと思う気持ちもあります。

べたべたすることで、周りの人より特別な存在になりたい気持ちがあります。 またスキンシップにより、好きだというアピールを一生懸命しているのかもしれません。 相手から意識されたいがためにスキンシップをしている可能性もあります。

2. 好かれたいから

好かれたいから

スキンシップをとることで好かれたいという心理です。 仲良くなりたい、と思うからこそ、スキンシップをとりたがります。 触ってくる方は、心がオープンな状態なのでしょう。

会話だけではなく、ボディタッチが入ると距離が縮まり、さらに仲良くなれたりします。 この心理は、異性として好きという気持ち以外にも、人として好きという場合にもあり得ます。 好かれたくて、仲良くなりたくて、スキンシップをしてくるのでしょう。

3. 反応を見たい

反応を見たい

特に女性は、良く思っていない人からのスキンシップを嫌うものです。 そこで、スキンシップをしても嫌がられないかを確認しているかもしれません。

軽いスキンシップからはじまり、激しいスキンシップになってきても、喜んでいれば異性として可能性があります。 また、相手からスキンシップを返してくれる場合はかなり良好な関係といえます。 脈のありなしの判断をするための一つの手段としてスキンシップをしてきます。

4. 嫉妬させたい

嫉妬させたい

スキンシップをとっている人とは別の人を嫉妬させたいという心理です。 例えば、好きな人が誰か自分以外の人とベタベタしていると気になりますよね。 それをわざとする事で相手の反応を試しているのです。

スキンシップをする相手に対しては、何も感情もなく、別の誰かにそれを見せたいという心理です。 好きという気持ちを確かめるために、意図的に別の人とスキンシップをとるのです。 それにより好きと意識させたい、または嫉妬させたいのでしょう。

5. 体目的

体目的

いやらしい触り方をしてくる人は、体目的の可能性があります。 特に男性から女性へのスキンシップだと、そういう目的も十分にあり得ます。 セクシーな女性などは特に簡単に落ちるのではないかと思われてしまうことがあります。

男性からすると、異性としての好意というよりは、体目的です。 そのため、あまり仲良くない段階で、すぐに距離を縮めようとしてきます。 軽いスキンシップではなく、腰などに手をまわしてくる場合は要注意でしょう。

6. 寂しがり屋

寂しがり屋

人に触れていたいという、寂しがり屋の可能性もあります。 スキンシップをとることで、安心感を得ているのかもしれません。 そういう人は異性や同性に関わらず、心許せる相手であれば、スキンシップをとりたがるでしょう。

また、甘えたがりで、母性を感じて近寄ってくるのかもしれません。 寂しいとき、癒されたいときや、慰めてほしいときなどに人の温もりを求めることもあります。 スキンシップをとり、気持ちを安定させているのでしょう。

7. サービス精神

サービス精神

スキンシップを誰もが好きだと思っていて、スキンシップをしてくるサービス精神豊かな人もいます。 特に、かわいい人やかっこいい人など、どちらかといえばナルシストタイプな人に多いです。 かわいい人から触れられたら、男性は嬉しいものです。

女性もかっこいい人からの軽いスキンシップはテンションが上がりますよね。 このように、これまでの人生で、スキンシップによって人から嫌がられた経験がないのでしょう。 むしろそれにより、喜ばれたり、自分にとっても良い事があったりしたと思われます。 自分の魅せ方として、スキンシップをしているといえます。

8. 環境

環境

生まれ育った環境によるものです。 スキンシップを特別に考えておらず、無意識にスキンシップをする人もいます。 例えば外国だと、日本と比べてスキンシップやボディタッチが自然な環境です。

仲良い家族で、スキンシップが当たり前の環境で育ったのであれば、何ら不思議はありません。 おそらく他の人もそうだと思っているため、気に留める事なく触れてくるのでしょう。 男女関係なくフレンドリーなタイプは、この無意識型のスキンシップの可能性が高いです。

まとめ

嫌いな相手には、基本的にはスキンシップはとらないでしょう。 それが恋愛からくるものか、人として好きかはまた別ですが、好意を持っている事は間違いないです。 スキンシップをとってくる人に対して、その理由を考えてみましょう。 その相手を自分がどう思っているかによって、行動を起こすといいかもしれません。

あなたの周りにもスキンシップが多いなと感じる人はいませんか。 相手によっては、それを不快に感じてしまう人もいるでしょう。 また好意を持っている相手からだと、その理由が気になりますよね。 そこで、スキンシップが多い人の心理や特徴をいくつか紹介したいと思います。


好きだから

異性として好意を抱いているからこそ、スキンシップをしてくるという心理です。 好きな人には近づきたいですし、触りたくなってしまうものですよね。 また、好きだからこそ他の人には触れさせたくない、独占したいと思う気持ちもあります。

べたべたすることで、周りの人より特別な存在になりたい気持ちがあります。 またスキンシップにより、好きだというアピールを一生懸命しているのかもしれません。 相手から意識されたいがためにスキンシップをしている可能性もあります。

好かれたいから

スキンシップをとることで好かれたいという心理です。 仲良くなりたい、と思うからこそ、スキンシップをとりたがります。 触ってくる方は、心がオープンな状態なのでしょう。

会話だけではなく、ボディタッチが入ると距離が縮まり、さらに仲良くなれたりします。 この心理は、異性として好きという気持ち以外にも、人として好きという場合にもあり得ます。 好かれたくて、仲良くなりたくて、スキンシップをしてくるのでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!