恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170919175240.html
顔が広い人に共通する10の特徴

顔が広い人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
顔が広い人に共通する10の特徴

これはもちろん間違っていないでしょうが、もっと細かく、もっと具体的に、顔が広い人の特徴や特性について述べてみます。



  • 何事にも興味を持つ
  • マメである
  • 人見知りしない・物怖じしない
  • キレイ好き
  • 身だしなみに気を使う
  • 声が通る
  • ポジティブ
  • 頼りになる
  • お金の使い方をわきまえている
  • 敵を味方にする
  • まとめ

1. 何事にも興味を持つ

何事にも興味を持つ

自分の知らないこと、経験したことがないことにすぐに興味を持ちます。 退屈な日常に刺激を求めているのでしょうか、自分の知らない世界に対して興味関心を持つ度合いが強いです。

仕事であれ趣味であれ、未知の世界に飛び込んでは、その中で人脈を広げるという能力に長けています。 あまつさえ、その中の中心的存在になってしまうことさえあります。

2. マメである

マメである

知人友人の誕生日を覚えていたり、何か事があれば顔を出したり、挨拶状を出したりします。 メールやLINE、FACEBOOK等で自分の近況を報告したり、相手の様子を聞いてみたりして、何かにつけて自ら情報発信をするか直接連絡を取ろうとします。 相手がうっとおしく感じない程度の距離感で、マメにコミュニケーションを取ることができるのです。

3. 人見知りしない・物怖じしない

人見知りしない・物怖じしない

初めて会う人、初めて行く場所、初めての経験、どんなことに対しても失敗や間違いを恐れません。 嫌われたらどうしよう、とか、恥をかいたらどうしよう、のような不安も持ちません。 何があっても命までは取られないと達観しています。 もしくは、失敗なんてしない、というほど自分に自信がある場合もあります。

4. キレイ好き

キレイ好き

自分の部屋、自分の職場の机など身の回りをきちんと片付け、小綺麗にしています。 車やバイクの手入れもしっかりしますし、自分の持ち物の汚れも気にします。 身の回りが一定の清潔さに保たれることで、感染症などの病気を遠ざけ、健康で活発でいられることに通じるのです。 身体が健やかであることも人間的魅力の源となります。

5. 身だしなみに気を使う

身だしなみに気を使う

オシャレとまでいかなくても、見苦しくない格好、年相応の服装を心がけています。 清潔感があり、髪の毛や爪どころか靴の先まで手入れが行き届いています。 汚ならしい服装や、派手な、あるいは奇抜な格好をしている人に、顔が広い人はいません。

6. 声が通る

声が通る

声質が高くても低くても、通る声をしています。 通る声は大人数の中でも響きやすく、彼もしくは彼女に存在感を持たせる理由となります。 もちろん、通らない声でモゴモゴ言う人よりも、はるかに印象がよいですし、より社交的なイメージを周りに持たせることができます。 壇上に立たせてスピーチをさせれば、聴衆の心の奥底まで言葉を届かせることができます。

7. ポジティブ

ポジティブ

多くの場合、自分は成功する、うまくいく、というイメージを強く持って物事に取り組みます。 失敗をしたとしても、大抵のことではあきらめないし、挫けません。 負けず嫌いな性格を持つことが多いですが、勝負事には執着しすぎずに潔く負けを認める柔軟さもあります。

8. 頼りになる

頼りになる

困っている友人がいれば、必ず力になろうとします。 いえ、友人でなくても、助けを必要としている人がいれば、率先して助けようとする気概があります。 また、「何かあったら連絡して」「任せといて」のように、自分を頼るようにわざと仕向けているのではないかと思わせるほど、自分を頼りにするように促す言葉を発することがよくあります。

9. お金の使い方をわきまえている

お金の使い方をわきまえている

裕福な家庭の生まれであっても、そうでなくても、無駄遣いは基本的にしません。 しかしながら、使うべきときにはケチケチせずに大金を使います。 お金に対して、というより、その対価に見合った金額かどうかをしっかり判断できるのです。 高すぎるものはもちろん、不当に安すぎるものに対しても猜疑心を持って購入を見送ることができます。

10. 敵を味方にする

敵を味方にする

自分の振る舞いに関わらず、やっかみや嫉妬が原因で、相手から一方的に嫌われる、あるいは敵対的な態度を取られることがあります。 相手から避けられていたとしても、何かの折りに相手の硬化している態度を和らげることに成功してしまいます。

直接相手本人とコミュニケーションを取ることで誤解を解くこともあれば、相手を、または相手の大切な人を助けることで、直接的にないし間接的に恩を売るような状況が起こります。 人脈が広いがために、いずれは敵対している相手と交遊関係を持つ人たちも取り込んでいくので、仮に最後まで敵対心を持ち続ける者がいたとしても、結果的にその者だけが取り残されることになります。

まとめ

顔が広い人は、個人的な能力やいろいろな素養が高いですし、地元の有力者の子女であることも多いです。 とは言え、嫌われ者では決してなることができないものです。 もちろん、単に人として好かれるだけでも顔が広い人物になれるとは言えません。 能力や生まれに関わらず、上記の特性のほとんどもしくはすべてを持つ者は、相応の年齢になればかなりの人脈を持っているはずです。

顔が広い、すなわち、幅広い人脈を持つ人物とは、大多数の人に好かれる要素を持ち、かつ関係を保ちたいと思われるような人間性を持っています。 そして、本人が意識しなくても周りの人を惹き付け、自然と人が集まるような言動をするのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!