恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170918152700.html
ヒステリックな人の特徴

ヒステリックな人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
ヒステリックな人の特徴

女性ホルモンの関係からか、ヒステリックな人は、女性に多く見られます。

ヒステリックな人の感情は、一度、爆発すると、とても手が付けられない状態になりますので、そうならない前に、相手の特徴を知って、対策を講じたいものです。



  • 承認欲求が強い
  • 嫉妬心が、非常に強い
  • 感情を表に出しやすい
  • 自己愛が、強すぎる
  • 外面がよい
  • 責任転嫁が多い
  • 態度が大きい
  • 自分の価値観へのこだわりが強い
  • まとめ

1. 承認欲求が強い

承認欲求が強い

みんなに認められたい、ちやほやされたいという、承認されることへの欲求がとても強いので、座の中心的な存在やグループの主たる位置に据えてもらわないと、感情が爆発寸前の状態となります。

こうなると、いつ何時、何が引き金になって、ヒステリー状態が起きるか分かりません。

かといって、リーダー的な存在には、決してなりません。

つまりは、外野席からあれこれ言うのがよいのであって、全体のことを考え、全体をリードしていくような面倒なことはしません。

また、そうした力量もなく、その器でもありません。

2. 嫉妬心が、非常に強い

嫉妬心が、非常に強い

例えば、彼氏が、別の女性に長く目線を送ったり、特定の女性のことをよく話題にしたり、テレビで好きなタレントさんの番組を欠かさず見たりすると、ひどく嫉妬することがあります。

その嫉妬も尋常ではなく、突然テレビを消す、顔をつかんで視線の向きを直すなど、考えもしない驚くような行動に出ることがあります。

スマホの送信履歴や受信履歴、電話帳の蘭を異常に見たがったり、入浴中に黙って盗み見したりすることもあります。

だからといって、それらの行動をあまり責めると、突然、何の前触れもなく、異常な泣き方と共に、ヒステリーを越し、手が付けられない状態になることさえあります。

3. 感情を表に出しやすい

感情を表に出しやすい

端から一見しただけで、今の機嫌の状態が分かるほど、感情が表に出やすいタイプでもあります。

喜怒哀楽の一つ一つが、声の大きさや口調、顔の表情や動作に、顕著に表れるので、逆に言えば、分かりやすい人と言えるかも知れません。

笑い声も大きく、集団の中でも、何かと目立つ存在でもあります。

4. 自己愛が、強すぎる

自己愛が、強すぎる

自分に対する愛情が異常に強く、何かにつけて自分は正しいという判断をしたり、不利な立場に立たされると、自分を悲劇のヒロインに仕立てたりして、不幸を一手に引き受けているような態度にでます。

たとえ失敗しても「〇〇さんの書類が不備だったから」とか「あの日は、微熱があったから」と、何かと理屈をつけて自己弁護を重ね、結局、自分は悪くなかった、周りが、体調が、悪かったといういう結論にしてしまって、自分を守る、自分可愛さの方向にまとめてしまいます。

5. 外面がよい

外面がよい

自分が気に入らないと爆発し、一見、誰にでも感情をぶつけているように見えますが、その実、感情を爆発させる相手は、自分より弱い立場の人を選んでいます。

例えば、会社の後輩や部下であり、家庭での旦那や子供です。

決して目上の人や上司に向かって、爆発することはなく、穏やかでよい人を演じ分けています。

ある面、外面をよく見せる才があるとも言えます。

6. 責任転嫁が多い

責任転嫁が多い

4とも関係しますが、「こんなに自分は、忙しくしているのに」とか「自分はうまくやっているのに」といった、周りが悪いからうまくいかないという思考回路が、常に働いていますので、何か引き金になるものさえあれば、一触即発で感情の爆発が、起きる状態でもあります。

日頃から、周りへの責任転嫁をくり返し、内面に不平不満を蓄積させてきていますので、それが表に出たときには、自責を感じていない分、さんざん周りへ当たり散らす結果となるわけです。

7. 態度が大きい

態度が大きい

場の中心的な位置におかないと気に入らず、うるさいことから、周りが配慮していることを誤解して、自分はできる、もてると思うのか、次第に態度が大きくなってくる傾向にあります。

同様に、ある程度のことは、周りが許容しているうちに、わがままな面も生じてきて、意が通らない時には、感情の爆発を伴う結果となっています。

8. 自分の価値観へのこだわりが強い

自分の価値観へのこだわりが強い

自分の定めた価値観へのこだわりが強く、これがベストという考えで、全てを判断し、行動していきます。

それで、どうしても他人の行動規範が許せなくて衝突したり、自分の規範を批判されたりすると、激しく反撃にでたりするなど、自分の価値観に対する自信とこだわりが強いというよりも、むしろ、強すぎる傾向にあります。

その強さが、目に見える形となって表に現れた現象が、ヒステリーだとも言えます。

まとめ

ヒステリックな人は、一言で言えば、「自己愛の強すぎる人」とも言えます。

自分が正しく、自分が可愛いので、様々な不利なことについては、周りが悪い、全て周りのせいだという、責任の転嫁を図ることで、私は悪くないという、結論を得ることができます。

そうすれば、自分は傷つくこともなく、自分の価値観の範疇内で、行動することができます。

それでも、さらにそこを攻撃されたり、侵略されたりすると、ヒステリーという手段で感情を爆発させ、無理矢理にでも、自分の価値観の範疇に持ち込もうとするのが、ヒステリックな反応を示す人の特徴と言えます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!