恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170918115554.html
ボランティア精神がある人に共通する11の特徴

ボランティア精神がある人に共通する11の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
ボランティア精神がある人に共通する11の特徴

ボランティア精神がある人にはいくつかの特徴があります。 ここではそのうちの11個を取り上げています。



  • 善いことをしたい
  • 満足感を味わいたい
  • 進んで行う
  • 見返りを気にしない
  • 面倒見がいい
  • すぐに行動する
  • 余裕がある
  • 楽観的
  • 自分を表現したい
  • 人との関りが好き
  • 人の気持ちを理解する
  • 最後にボランティア精神のある人のまとめ

1. 善いことをしたい

善いことをしたい

とにかく善いことをしたいという清い心の持ち主がいます。 このような人はたとえお金をもらえなくても人の役に立ちたいと感じ、ボランティア活不動に励みます。

恐らく人の心が満たされる一番の方法は、無報酬で誰かの幸福を願って働くことでしょう。 このような幸福感を味わえるという点で、ボランティア精神を培っている人は常に生き生きしています。

2. 満足感を味わいたい

満足感を味わいたい

上記でも考えたように、無報酬で人のために働くことには大きな幸福感や満足感が伴います。 このような気持ちを味わいたいためにボランティアに励む人がいます。

そして多くの人はあまり興味がなかったボランティア活動に一度参加したら楽しく感じられるようになり、それがきっかけてボランティアにはまってしまったという状況に陥ります。

3. 進んで行う

進んで行う

ボランティア精神を培っている人は進んで行う精神を抱いています。 そのため人が嫌がるような仕事であっても他の人の益を考えてそれを行うのです。

またこのような人は自分の益を第一にしておらず、いつもへりくだった態度で物ごとに臨むために周りの人から好かれることが多々あります。 またやる気がある人という印象を与えるために、重要な責任を与えられることもあります。

4. 見返りを気にしない

見返りを気にしない

当然のことかもしれませんが、ボランティア精神を抱いている人は見返りを気にしません。 先にも触れましたが、このような人は人が喜ぶ顔を見て幸福感を味わったり、自分が人のために何かを行えたという満足感によってモチベーションを保っています。

そのため誰かのために熱心に働いたものの、その人からの見返りが何もなくても気にしません。 もちろんその人から感謝の言葉を述べられたり、お礼という形で何かをもらうなどした場合は喜びの気持ちで満たされます。 しかしそのような見返りがなくても気にしないのがボランティア精神に富んでいる人の特徴です。

5. 面倒見がいい

面倒見がいい

ボランティア精神を培っていると面倒見が良くなります。 なぜなら誰かの面倒を無償で請け負うというのは、ボランティア精神がなければ行うことができません。

とりわけ面倒を見るわけですから、自分よりも立場や年齢が低い人のお世話をすることになります。 このような人にはお礼と称して何かをプレゼントしたりする財力がないことも多々あります。 ボランティア精神がある人はこのようなことを承知で面倒を見るのです。

6. すぐに行動する

すぐに行動する

ボランティア精神を培っている人は、いち早く行動して他の人の役に立ちたいと感じるものです。 そのため思い立ったらすぐに行動する傾向にあります。

このような行動パターンはボランティア活動に関わらず、他の活動に対しても見られます。 つまり何かを思い立ったらすぐに行動に移すのです。 このような行動パターンは落ち着きのない人として見られてしまうことがあります。 確かに無計画ですぐに行動する傾向にある人は落ち着きがないと見られれしまうかもしれません。 しかししっかりとした計画に基づいている場合、問題はありません。

7. 余裕がある

余裕がある

ボランティア活動に携わっても、それによってお金を得ることはできません。 そのため中にはこのような活動に携わりたいものの、お金のことが心配になってなかなか足を踏み入れることができないと感じる人もいます。

これとは対照的にボランティア精神を培っている人は心に余裕があります。 そのためお金のことを心配しません。 もちろん将来についてきちんと考えている人もおり、計画的にボランティア活動に携わっている人もいます。 またもともとお金持ちであるために、無償で働くことに抵抗を感じないという人もいます。

8. 楽観的

楽観的

7つ目の項目でも触れたように、ボランティア活動に携わるうえで一番心配になるのが収入や仕事の面でしょう。 ボランティア活動を行ってもお金はもらえません。 またこの活動に頻繁に携わるのであれば定職に就くことも難しいために、定期的な収入を得ることができなくなります。

このような状況ゆえに、ボランティア活動を行える人は限られてしまうのです。 しかしこの活動に携わっている人の多くは楽観的な考え方をしています。 いざというときはどうにかなるという気持ちで行動し、思い煩いを吹き飛ばすことができるのです。

9. 自分を表現したい

自分を表現したい

これまで再三考えてきたように、ボランティア活動を行っている人はそれによってお金を得ることはありません。 しかしその分、ボランティア活動を行っている人は重宝されており、状況によってはある程度自分の意見を通すこともできます。

このような状況に身を置くことが好きであり、自分のアレンジによって物事を進めていきたいと感じている人がいます。 このような人もボランティア精神を抱いていることがあります。

10. 人との関りが好き

人との関りが好き

ボランティア活動の多くは人との関りを持たなければできない仕事です。 そのためこのような関りが好きであるという人の多くも、ボランティア活動に携わることが多々あります。

誰かと常に楽しく仕事ができるとおいう環境は、人好きの人にとっては最高の環境です。 そのためこうした状況に喜びを感じ、それを続けたいという強い願いを抱く人が多いために、一度ボランティア活動を行うとそこから抜け出せないという人が多いのです。

11. 人の気持ちを理解する

人の気持ちを理解する

ボランティア精神を抱いている人は人の気持ちを理解しようと努めます。 このような努力があるからこそ人のために活動したいというモチベーションが高まるのです。 そのためボランティア精神を培っている人は優しい人という良い評判が立つことが多々あるのです。

最後にボランティア精神のある人のまとめ

これまで考えてきたようにボランティア精神を抱いている人はたくさんいますが、そのきっかけとなる出来事は様々です。 それでもお金をもらわずに人のために働くということは素晴らしいことです。

またそのような働きによって満足感を得られるというのも素晴らしいことで、私欲を無視して物事を行うというのは人間本来のあるべき姿であると言えるのかもしれません。 ボランティア活動に携わることを考えておられる人は、一歩踏み出してまず体験してみることがお勧めです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!