恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170917175129.html
無関心、無感情な人に共通する13の特徴

無関心、無感情な人に共通する13の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
無関心、無感情な人に共通する13の特徴

何事にも無関心であったり、感情を示さない人がいます。 ここではそのような人の特徴のいくつかを取り上げます。



  • 趣味がない
  • あえて周りを気にしない
  • 気持ちが理解できない
  • 一人が好き
  • 寝るのが好き
  • 無難が好き
  • 怒られても無表情
  • 言葉数が少ない
  • 自分の評判を気にしない
  • 同じものを食べる
  • おしゃれではない
  • 部屋が殺風景
  • 経験がない
  • まとめ

1. 趣味がない

趣味がない

何事にも興味を示さない人がいます。 多くの場合、何かに興味を示すことで生活にハリがもたらされるわけですが、生活できていること自体に満足してしまい、それ以上のことに気を向ける必要はないと感じてしまう人がいるのです。

このような人は無関心、無感情であることがあります。 そのため表情はいつも暗く、笑顔が見られないのが一般的です。

2. あえて周りを気にしない

あえて周りを気にしない

とにかく今の自分に集中するために、周りからの情報をシャットアウトしようと考える人がいます。 このような人は周りからの雑音さえも嫌うことがあり、文字通りまっすぐ前を向いて歩いたり、険しい表情をして日々の生活を送ることがあります。 このタイプの人も生活を楽しもうとする気持ちはなく、行うべきことだけを行いたいという考え方をしています。

3. 気持ちが理解できない

気持ちが理解できない

楽しい話や悲しい話を聞いてもピクリとも動かない人がいます。 このような人は話の中に出てくる登場人物の気持ちを理解できません。 それゆえに感情が湧いてこないのです。

感情が鈍くなる原因はたくさんあります。 ただ周りの人に無関心であるだけの場合もありますが、幼い頃に心に大きなショックを与えるような出来事が生じた場合も感情が失われることがあります。

4. 一人が好き

一人が好き

感情は鍛えることができます。 しかしそれは誰かと一緒にいるときや動物などの愛情を注ぐ対象がそばにいるときに鍛えられるものです。

そのため誰かと一緒に時間を過ごすよりも一人でいるほうが好きであるという人の場合、感情が乏しくなってしまいます。 このような人は次第に孤立していきますが、このような状況に置かれても平気であるために感情がどんどん薄れていくことがあります。

5. 寝るのが好き

寝るのが好き

とにかく時間があれば寝て過ごすという人がいます。 もちろん趣味などを持っており、それらを行って疲れた後に寝るというのは問題ありませんが、仕事が休みの日などにひたすら布団の上で横になっているという人がいます。

このような生活は無関心を生じさせます。 テレビもつけず、新聞も読まずしてただゴロゴロとしていると非常に乏しい外部の情報しか知ることができません。 そうなると増々関心を持つものが見つかりにくくなり、感情は薄れていきます。

6. 無難が好き

無難が好き

無関心、無感情の人は向上心を抱くことがありません。 そのため仕事においても頼まれたことや自分が行うべきことはきちんと行いますが、それ以上のことを行って自分の評価を高めようとか、仕事に喜びを見出そうと考えることはないのです。 そのため常に無難な生活を送るようになり、信頼を得たり責任あるポストに就くことは滅多にありません。

7. 怒られても無表情

怒られても無表情

普通、怒られると気まずい思いをするものです。 怒られるということは自分が何かのミスを犯し、それに対しての叱りの言葉を浴びせられていることになります。

そのため申し訳ないという気持ちが先立ち、シュンとなってしまうものです。 しかし無関心の人はそのような感情を抱くことはありません。 そのため怒られていても無表情であり、淡々としています。

8. 言葉数が少ない

言葉数が少ない

物事に興味がなく、人にも興味がない人は何かに関する詳しい知識を有しているわけでも、人に対する気遣いを示すわけでもありません。

そのため誰かと話をしていても言葉数は非常に少なく、必要最低限のことしか言いません。 中には必要最低限の言葉すらしゃべらない人もいます。 そのためこのタイプの人は扱いにくい人として見られてしまうこともあります。

9. 自分の評判を気にしない

自分の評判を気にしない

物事、そして他人に興味がないだけでなく、自分自身に対しても興味がないという人がいます。 このような人は自分が周りの人たちにどのように思われているのかを気にしません。

そのため自分に関する悪いうわさが立ったとしてもそれを放っておくのです。 そして淡々と日々の生活を送り、いつも通り職場に現れては何事もなかったように仕事を行います。

10. 同じものを食べる

同じものを食べる

何事にも無関心であるからと言え、味覚が鈍感である人はいません。 そのため自分が好きなものを食べたいという気持ちは抱いています。

しかし自分の健康に関しては関心を持つことがないために、好きなものばかりを食べてしまう傾向にあります。 このような状況は当然のことながらよくありません。 偏った食生活はモチベーションを高めることはありませんし、逆にやる気を殺ぐことにつながりかねません。

11. おしゃれではない

おしゃれではない

何事にも無関心な人は当然のことながら自分の服装にも無関心です。 そのため流行遅れの服を着たり、サイズの合っていないものを購入することが多々あります。

また中には同じものを何日も着用する人もおり、このような人は不潔であるという印象を与えてしまうことにもなります。 このようなことが原因で、周りから避けられてしまうこともあるのです。

12. 部屋が殺風景

部屋が殺風景

無関心な人は自分が生活する空間に対しても興味を持ちません。 必要最低限のものが存在すればよいと考え、インテリアに関しては全く手を付けないのです。 そのため部屋が殺風景になることが多々あります。

しかし余計なものが存在しない分、部屋を広く使うことができたり、こぎれいな印象を与えることもあります。 このような点に関しては無関心が生み出すメリットと言えるかもしれません。

13. 経験がない

経験がない

様々な経験をしていると人の感情が理解できるようになります。 とりわけ悲しい思いをしている人の感情を理解できる人の多くは、同じような経験をしています。

しかしそうした経験がないと「なぜあの人はそんなに悲しんでいるのだろう」という疑問を抱いて終わってしまうのです。 このような経験不足は過保護な親の元に育てられた人やお金持ちであり、何一つ不自由しない生活を送ってきた人によく見られます。

まとめ

これまで見てきたように、何事にも無関心である人には様々な特徴が存在します。 このような性格を改善することもできますが、それにはまず周りの人の協力が不可欠です。 そのためこうした人を助けたいと感じた場合、諦めずに長期的な援助することが必要です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!