恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170917091440.html
ワンパターンな人の特徴

ワンパターンな人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
ワンパターンな人の特徴

同じ失敗を繰り返す、工夫が見られない、分かりやすい性格など、ワンパターンな人に共通しがちな性格についてまとめました。



  • 単純で分かりやすい性格
  • 同じ失敗を繰り返しやすい
  • 工夫が少なく苦労が多い
  • 料理のレパートリーが少ない
  • 指導者に向いていない
  • 飽きられやすい
  • 人間的な深みが足りない
  • 同じような服を買うことが多い
  • 反省が見られない
  • 秘密が少なくオープンな性格
  • まとめ

1. 単純で分かりやすい性格

単純で分かりやすい性格

ワンパターンな人は、単純で分かりやすい性格と言えるでしょう。

同じ事柄や同じ場面には、同じ感情しか示さないことが多く、他人の混乱を招かないという点では良いと言えるでしょう。

しかしながら、オブラートに包まず、はっきりと気持ちを伝えることも多いので、他者との軋轢がさけられないこともあります。

思いやりや気配りを持って接しましょう。

2. 同じ失敗を繰り返しやすい

同じ失敗を繰り返しやすい

ワンパターンな人は、同じ失敗を繰り返しやすいです。

同じ手法にこだわったり、知識や経験が浅いせいで同じ方法に頼らざるを得ない面が強いです。

それゆえに、何度も同じエラーを繰り返してしまうのです。

学習能力はあっても、勉強不足が否めないことも多いでしょう。

知識や経験は自然に得られるものではありません。

自分で努力することを学びましょう。

3. 工夫が少なく苦労が多い

工夫が少なく苦労が多い

ワンパターンな人は、工夫が少なく不器用な人が多いです。

単純なやり方に頼らざるを得なくなり、結局、何を為すにも遠回りしてしまう場合があるでしょう。

不器用さをカバーするのは多くの学びや経験です。

人よりトライ&エラーが多いことを自覚し、諦めないことが大切なのです。

はっきりとした才能がなくても、努力でカバーできることも多くあるのです。

4. 料理のレパートリーが少ない

料理のレパートリーが少ない

ワンパターンな人は、料理のレパートリーが少ないという特徴もあります。

この材料なら、この料理を作るというようにパターン化してしまう場合が多く、家族がマンネリを感じてしまうことも多いので気をつけましょう。

また、同じ味が続いても大丈夫だったり、違う料理なのに味付けが似通ったり、被ることもあります。

面倒くさがりな人も料理がワンパターンになりがちです。

時には、レシピ本やレシピサイトなどを見て、さまざまな味を研究することも大切です。

5. 指導者に向いていない

指導者に向いていない

ワンパターンな人は指導者に向いていません。

生徒や後輩、チームメンバーというのは、人それぞれ性格も、特性も、得意不得意も違うものです。

それなのに、同じ教え方で通そうとすれば、上手く指導できないのは当然のことです。

結局、自分のわがままを通そうとしているのと同じことなのです。

また、スポーツなどでも、攻め方や守り方がパターン化されるのも危険です。

臨機応変にチーム編成や作戦を変えることで、勝つことができるのです。

6. 飽きられやすい

飽きられやすい

ワンパターンな人は、飽きられやすいです。

特にエンターテイメントに関わる人たちは、そうしたパターン化によって流行から外れてしまう場合もあるでしょう。

同じパターンが愛される人と言うのは、一握りです。

時代の潮流や、流行り廃りを敏感に感じ取り、多くのことを学び吸収し、さまざまな表現ができる人が生き残れるのです。

7. 人間的な深みが足りない

人間的な深みが足りない

ワンパターンな人は人間的な深みが足りていないことが多いです。

経験が浅く、甘ったれで薄っぺらい人生を歩んでいる人も多いでしょう。

どんなに辛くても、苦痛から逃れているばかりでは、何も得られません。

さまざまな経験や知識を得、自分自身で考え、行動することが大切なのです。

そうすることで、冷静な判断力と共に、思いやりや優しさを培うことができるのです。

8. 同じような服を買うことが多い

同じような服を買うことが多い

ワンパターンな人は、好みがワンパターンな場合も多いです。

それゆえに、同じような色やデザインの服を買い集めてしまう場合も多いでしょう。

自分にとっては、違いがあるように見えても、外からは分かりづらいことも多いです。

そして、同じ物を集めるばかりで、新しいものを取り入れにくいという地盤もできてしまいます。

変化が欲しい、イメージを変えたいのであれば、違う色やデザインにチャレンジすることも大切です。

服装だけではなく、さまざまな事柄に置いて、そうした新風を取り入れることが大切なのです。

9. 反省が見られない

反省が見られない

ワンパターンな人は反省が見られない場合も多いです。

同じ失敗を繰り返しやすい上に、自分自身について省みないので、周囲から呆れられてしまうことも多いでしょう。

変に楽観視してしまい、とんでもないトラブルや問題に巻き込まれることもあります。

「自分は大丈夫、他の人とは違う」 といった思い込みによって、間違いを犯すこともあるでしょう。

挑戦することは大切ですが、無謀であれば危険なだけです。

考え、学び、反省することを覚えてから、何事にも真面目に取り組んでいきましょう。

10. 秘密が少なくオープンな性格

秘密が少なくオープンな性格

ワンパターンな人は分かりやすい性格ゆえに、秘密が少ないことが多いです。

オープンでフレンドリーな性格ともいえるでしょう。

誰とも仲良くはなりやすいですが、明け透けな点が強く、つい無礼を働いてしまうのが欠点です。

自分の思い通りに行動するのではなく、相手を思いやって行動しましょう。

まとめ

ワンパターンな人は失敗が多いです。

同じ手法を繰り返すことが大切な時もありますが、工夫がなければ人間は進歩しません。

学習し、経験し、反省する気持ちを持って活動しましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!