恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170916163345.html
キャバ嬢が使うテクニック10選

キャバ嬢が使うテクニック10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
キャバ嬢が使うテクニック10選

キャバ嬢たちは、非日常の疑似恋愛を求めてやってくる男性に対して、どのようなテクニックを使っているのでしょうか。 キャバ嬢が使うテクニックをまとめていきます。



  • 連絡をマメにする
  • メモをとって記録しておく
  • プライベートを見せる
  • 仲良くなるとニックネームで呼ぶ
  • あなただけ特別と言う
  • 方言を使う
  • 独自の魅力をアピール
  • ギャップを見せる
  • リアクションを良くする
  • 話をよく聞く
  • まとめ

1. 連絡をマメにする

連絡をマメにする

基本中の基本ですが、キャバ嬢はお客様をお店に呼ぶことが仕事です。 その為には、マメな連絡は必須です。 自分という存在を忘れられることなく頭の片隅に入れて置いてもらうために、マメに連絡して、自分のことを日ごろから印象づけることができます。

連絡を受ける男性からしても、この子は自分のことを考えてくれているんだなぁと、親近感を感じられるのです。 連絡が多いとそれだけ、距離も縮まっていくように感じられます。

2. メモをとって記録しておく

メモをとって記録しておく

顧客管理もキャバ嬢の重要な仕事のうちの一つです。 お客様データ管理ノートを作って、キャバ嬢はお客様の情報を細かくメモにとって記録しています。 キャバ嬢やホステス専用のお客様管理ノートが商品としても売られているくらいです。

日々たくさんのお客様と接していても、好みなどの基本情報はもちろんのこと、以前にした会話の内容なども、メモを見返して思い出しておくことで、ちゃんとあなたのことを覚えていますよとアピールできるという訳です。

3. プライベートを見せる

プライベートを見せる

夜はお店でキャバ嬢の仕事モードで接客をしていますが、お昼間は普通の女の子としても生活をしているキャバ嬢。 お家でお料理をしたりといった、そんな何気ないプライベートな日常であっても、その写メを送ったりなどして、お客様に伝えるというテクニックがあります。

お客様の男性側からすると、キャバ嬢のプライベートが見られたということを嬉しく感じるものなのです。 また、「ネイルを新しく変えてみたの」ということを伝えたくて連絡をしたという風に見せかけて、そこから「今度見に来てね」などと、営業をかけるというテクニックもあります。

4. 仲良くなるとニックネームで呼ぶ

仲良くなるとニックネームで呼ぶ

ニックネームで呼ぶということは、 親密な関係であるという証になります。 苗字にさん付けで呼ばれるよりも、ニックネームで呼んでもらえた方が、距離感が縮まったように感じられますよね。

その為、キャバ嬢はテクニックとしてお客様のことをニックネームで呼ぼうとすることがあります。 最初は苗字にさん付けで呼ばれていたのに、ある日ニックネームで呼ばれ始めると、2人の関係性に明確な変化が生じたと感じられますよね。

なので、始めからニックネームをつけるということはせずに、ある程度仲良くなってきた段階で、距離が縮まった証として、絶妙なタイミングで呼び方をニックネームに変えるのです。

5. あなただけ特別と言う

あなただけ特別と言う

たくさんのお客様と接して、多くの男性たちから好意を向けられるように振る舞うのがキャバ嬢。 多くの男性から口説かれることを仕事としているキャバ嬢から特別扱いをされると、舞い上がってしまいますよね。

キャバ嬢に限らず、自分のことを特別扱いしてもらえるということは、嬉しいものですよね。 それが、キャバ嬢から、大勢の男性客の中の1人である自分にされるとなれば、嬉しさは倍増です。 恋愛の基本テクニックであるこの特別扱いをするというテクニックは、キャバ嬢が使うと威力が格段にあがるテクニックとなります。

6. 方言を使う

方言を使う

キャバクラでは、地方から出てきて働いているという女の子がたくさんいます。 そこで有効なテクニックが、方言など自分の出身地の言葉を使うということです。

普段から耳にしている言葉遣いとは違う喋り方は、印象的にも残りやすいですし、方言を可愛いと感じたり、何と言っているのか気になってしまうものです。 また、方言から、同郷ということがわかった場合も、共通点が持てたということで、話もますます盛り上がります。

7. 独自の魅力をアピール

独自の魅力をアピール

キャバ嬢は自分のお客様を捕まえる為に、様々なテクニックを駆使して、自分のことをアピールします。 綺麗な女の子たちがたくさんいるキャバ嬢たちの中で、みんなと同じようなことをしているようでは、勝ち残ることはできません。

自分のことをアピールする為には、他の子とは違う自分ならではの魅力を伝える必要があります。 例えば、絵を描くことが得意なキャバ嬢は、接客中にイラストを描いてみたり、歌が上手いキャバ嬢はカラオケなどで歌声を聞かせたりと、自分の特技などを最大限に披露します。

8. ギャップを見せる

ギャップを見せる

ギャップを見せて好印象を与えるというテクニックは、キャバ嬢の定番のテクニックです。 豪華絢爛で華やかな派手な世界で働いているキャバ嬢は、綺麗なドレスで着飾り、メイクやネイルも派手で、 男性からちやほやされて大金を稼いでいてるということで、悪いイメージを持たれがちなのです。

浪費癖があって高級ブランド好きなど、お金に関する悪いイメージも多いです。 そんなキャバ嬢だからこそ、「意外と○○なんだ!」と、プラスなイメージを与えるギャップは効果絶大という訳です。

9. リアクションを良くする

リアクションを良くする

「さすが」「知らなかった」「すごい」という、男性が喜ぶワードを盛り込むのはもちろんのこと、男性の会話に対して良いリアクションをとることで、場を盛り上げて、お客様に楽しんでもらえるように努めます。

相槌も、大袈裟に「うん!うん!」とうなずくことで、あたなの話に興味を持っていますよというアピールにもなります。 相手に気持ちよく喋ってもらう為には、良いリアクションをするということは大事なのです。

10. 話をよく聞く

話をよく聞く

女の子はお喋りが大好きな生き物というのはよく耳にしますが、男性だってたまには自分の話も聞いてもらいたいものなのです。 普段、会社や家庭であまり自分の話をしないというタイプの男性であっても、キャバクラでは自分の話がたくさんできるという人も多いのです。

聞き上手の女性はモテるとの言いますが、熱心に話を聞いてもらえると、自分のことを受け入れてもらえているような感覚になり、自分の味方であるように感じられます。 話を聞くというのは、キャバ嬢の接客の基本であり、最も重要なテクニックになるのです。

まとめ

キャバ嬢とは、男性に夢を与えるお仕事。 出会いや口説きなど、男女の恋愛のドキドキ感を得られる場として、世の男性はキャバクラを利用するのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!