恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170626181538.html
褒め上手な女性になる方法

褒め上手な女性になる方法 | 恋のミカタ

恋のミカタ
褒め上手な女性になる方法

褒められる行為は誰にでも嬉しいこと、特に女性の方が男性よりも得意としてる分野かもしれません。

嬉しいときには嬉しい、楽しいときには楽しい、そんな男性を魅了する人気の褒め上手な女性になる方法を紹介します。



  • 仕事を褒めてみる
  • オシャレな部分を褒める
  • 褒める相手を見つける
  • 具体性が肝心
  • 話し方を褒めてみる
  • 伝言で褒めてみる
  • 人が気づかないところを褒めてあげる
  • 気持ちが伝わるような褒め方
  • 褒めるときはコンプレックスに注意
  • 女性だからこそできる褒め言葉
  • ほめる箇所を見つけるのが難しい
  • 気軽にほめる癖をつける
  • まずは定番の誉め言葉から
  • ほめられて嫌になる男性は少ない
  • 内面をほめるのが得策

1. 仕事を褒めてみる

女性(仕事1)

男性にとって仕事とは昔から役割としても行われてきた場所でもあります。

つまり男性のプライドのような場所という考え方としても捉えることができるでしょう。

そんな男性にとって重要な場所で結果を出したなら、さらには努力をしてる姿を目撃したなら、そのときは上手に褒めてあげてみてください。

きっと男性から喜ばれることでしょう。

またそうした姿勢を尊敬してるかのような褒め方も男性にとってはとても嬉しいことでもあります。

2. オシャレな部分を褒める

女性(綺・明35・微笑)

最近では男性もオシャレな人が増えてきました。

その中でもまだまだイケてない人はたくさんいらっしゃいますが、少しでもオシャレな部分が見られれば、そのときは積極的に褒めてあげることで男性から人気者になるでしょう。

褒める部分としてはどんなことでもいいので、ファッションセンスはもちろん、小物なら上手にコーディネートしてることや、ポイントでファッションセンスを高めてることなど色々と褒めてみましょう。

3. 褒める相手を見つける

女性(佇む・逆光)

褒めるとはいえやはり簡単そうでそうでもありません。

なのでどこをどう褒めるのか、対象となる男性をしっかりと観察して、もし恋心がある相手ならば余計に慎重にならなければいけません。

普段はどういった姿かを見定めるためじっくり観察はかかせませんが、まずはそのためにも情報収集をしておくことが先決で、それから得た知識の中から相手の男性を褒めるようにしてみましょう。

4. 具体性が肝心

女性(人差し指立て2)

褒めるという行為はただ褒めればそれで相手が喜ぶと思ってはいけません。

中には何でとなる場合もありますから、まずは褒めるということに関して具体性を持たせなければいけません。

単純に褒めるより、その場面で最も当てはまること、例えば仕事中なら仕事に関しての褒め言葉など、こうした具体性があるからこそ相手もまた分かりやすく受け止めてくれて、いつも褒めてくれることから男性にとっては人気の褒め上手な女性と思われることでしょう。

5. 話し方を褒めてみる

女性(カメラ目線・疑)

特にこれまであまり話をしたことがない場合、そのときはどう褒めればいいのかについて、まずできることといえば話し方を褒めてみるという方法があります。

これだと初めてでも褒められるポイントにもなりますし、相手の印象としても始めてなのにすごく褒めてくれるから喜んでくれることでしょう。

またゆったりした話し方なら分かりやすいなど、早口なら元気のあることなどを褒めてあげてみてください。

6. 伝言で褒めてみる

女性(綺・明4・座)

普段からモテてそうな男性なら褒め言葉は慣れ親しんだ言葉だと思います。

こうした場合はちょっと工夫をしてみることです。

それが伝言という方法になります。

これだと普段経験したことのない方法だと思いますので、相手にしたらビックリすることでしょう。

やり方については直接ではなく間接的な方法で伝わるようにすること、そして何気にその男性のことを褒めてたということを伝わるようにしてみてください。

きっと相手の男性も喜んでくれるはずです。

7. 人が気づかないところを褒めてあげる

女性(綺・鏡前)

褒めることは誰にだってできること、だからこそ人には気づかれないようなところを褒めてあげると相手もまたどれほど喜んでくれることでしょうか。

誰にも評価されないことを感じ取り、そして即座にそのことに関して褒め言葉として伝えてあげてください。

けれどもある程度の距離があってこそ使える方法なので、まずは身近な存在にしてからにしましょう。

8. 気持ちが伝わるような褒め方

男女(仲良7・携帯見)

褒めるときに必要なことはただ褒めればいいということではありません。

どんな状況でも女性ならありがとうは最高の褒め言葉であり、またすごいという言葉も男性にとっては嬉しい言葉としてあります。

これらをどう駆使するのか?それは常に付け加えるだけでいいんです。

そしてそれを使う場合にはさり気ないという使い方になりますので、無理やり使わず場面に合わせて使っていくように心がけてください。

9. 褒めるときはコンプレックスに注意

男女(悩み2)

褒めるといっても人によってはそれが褒め言葉になってるかどうか分かりません。

ですので誰かにその褒め方が成功したからといっても、他の人に使えば失敗するということも考えられます。

つまり相手のコンプレックスである地雷を踏まないようにしながら褒め言葉を使っていかなければいけません。

そのためにもある程度の関係性を築き、そこからどう褒めればいいのか研究するように心がけましょう。

10. 女性だからこそできる褒め言葉

女性(綺・明36・座)

女性にとって褒め言葉はまだまだ存在します。

その中でも面白いという言葉がありますが、これは男性に対して名前の後につけること、そしてもちろんそうしたシチュエーションのときに使わなければ意味がありません。

ちょっと会話して面白いことがあればそのときは名前を呼んで付け加えてあげましょう。

そうすることによって相手はもっとあなたと会話したくなり人気の褒め上手な女性になれるでしょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!