恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170915171235.html
人を見かけで判断しない人の特徴

人を見かけで判断しない人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
人を見かけで判断しない人の特徴

第一印象はとても大事です。

とはいえ見かけの良さに騙される人も多数いるわけです。

今回は人を見かけで判断しない人の特徴を紹介します。



  • 見た目重視ではない
  • 相手の目つき、表情を観察する
  • 先入観にとらわれない
  • 冷静である
  • 見かけはあてにならないと知っている
  • 見かけよりも内面が大事だという信念がある
  • 見かけより考えている内容を大事にする
  • 知性がある
  • 学歴・経歴の方を重視する性格
  • 自分の容姿がいいので相手に求めない
  • 見かけより品があるかないかを見ている
  • 痛い経験がある人
  • まとめ

1. 見た目重視ではない

見た目重視ではない

人を見かけで判断する人は多いです。

特に視覚重視の男性の方がその傾向が強いともいえます。

そうはいってもこの世の全ての男性が皆そうかといえば違います。

また女性もそうですが、見た目よりも他に執着するポイントがある場合があります。

例えば声が自分好みのアニメ声であるとか、性格がキツイ方が好きでぐいぐい引っ張って欲しいなどといった見かけには表れない要素を求める人もいます。

表情に内面は出やすくなる傾向にあるとはいっても性格が見かけに100%反映されるわけではありません。

よって見た目を重視しないという人は見かけだけで相手を判断するということがないのです。

2. 相手の目つき、表情を観察する

相手の目つき、表情を観察する

人を見かけで判断してしまう人は観察力が若干弱く、ぱっと見た一瞬の印象で評価を下してしまいがち。

バイトの面接でもぱっと見て容姿が良かったからそれだけで採用してしまったなんていうのがいい例です。

人を見かけで判断しない人は相手の目つきや表情をじっくり見ているものです。

その目つきは厳しくときに相手に緊張感を与えてしまうこともあります。

3. 先入観にとらわれない

先入観にとらわれない

人を見かけで判断しない人は自分自身の直感を信じることをちょっと戸惑うタイプともいえます。

先入観や偏見というのは誰にでもあるもので全くないという人は極めて少ないのです。

直感が強い、自分を信じるというタイプは即決することが得意ですが、先入観で目が曇っていたのではないかと自分を振り返るタイプほど見かけだけで判断することをしません。

男女間のことでも見かけが好みのタイプであってもある程度時間をかけて相手の内面を探ろうとします。

4. 冷静である

冷静である

人を見かけで判断しない人は冷静沈着です。

かーっと熱くなる情熱的なタイプであれば男女共に見かけが良ければそれでいいとばかりにすぐに突っ走ってしまいます。

仕事においても容姿のいいタイプには怒れず甘くなる傾向にあるのです。

一方、見かけで判断しない人はそういったことはなく、誰にでも公平に接します。

常に冷静で自分の感情を抑える人に多い特徴です。

ちょっと本心がわからないといった人があてはまります。

5. 見かけはあてにならないと知っている

見かけはあてにならないと知っている

人を見かけで判断しない人はなぜそうなのかといえば、見かけはあてにならないと思い知っているからにほかなりません。

見かけ、表面的な部分を信用して後で自分は騙されていたと気がついた時、人は悔しい、やられたと思います。

とはいえまあそういうこともあったと徐々に記憶から忘れていくのが一般的です。

ところが人一倍自分に自信があり、プライドが高いタイプは自分がいっぱい食わされたというのは我慢ならないことなのです。

ですからそういったタイプほどその後は用心深くなります。

6. 見かけよりも内面が大事だという信念がある

見かけよりも内面が大事だという信念がある

男女共に、容姿がいい人、自分好みの人には甘くなる傾向があります。

また同性同士であっても見かけがいいと気後れしてしまうのかきつく当たれないという人もいます。

つまり元からの容姿だったり、見かけを良くしておくと得をすることが多いのがこの世の中なのです。

そんな風潮に流されない人もなかにはいます。

見かけより内面が大事だと常日頃から信念を持っている人です。

中には自分の見かけにコンプレックスがあるという理由も隠れていることがあります。

「目に見えるものより、本質を見極めたい」といったようなことを常に口にする人はその傾向があります。

7. 見かけより考えている内容を大事にする

見かけより考えている内容を大事にする

恋愛でも仕事でも相手に求めるものが容姿、見かけではないという人もいます。

見かけが良くても仕事ができないのであれば意味はないと考えています。

使えない人はいらないと合理的な性格の持ち主であることが多いです。

考えていること、話す内容がしっかりしている方がよっぽど役に立つという思いですから、見かけより仕事ができるかどうかで相手を見ています。

8. 知性がある

知性がある

人を見かけだけで判断する人ってはっきり言えばミーハーというか、単純思考に見えます。

少々キツイ言い方をすれば上辺しか見ていない浅はかな人ともいえます。

ですから人は本心は見た目重視であっても口では違うと否定するものです。

実際に見かけだけで判断しない人というのは考え深くて知性があります。

9. 学歴・経歴の方を重視する性格

学歴・経歴の方を重視する性格

人を見かけで判断しない人の特徴に、見かけは作れるので重視しない、どちらかといえば学歴、経歴の方が重要と考える傾向があります。

どちらかといえば女性に多いかもしれませんが、結婚を視野に入れると見た目より経済力と相手の仕事、肩書、経済力の方が大事になってくるのです。

また男性も女性の容姿だけではなく相手の実家が資産家かどうか、一生仕事を続けてくれるかどうかなども重視する人もいます。

どちらかといえば打算的で人として好ましいかどうかといえばあまり好かれないかもしれません。

野心家なタイプといえますね。

10. 自分の容姿がいいので相手に求めない

自分の容姿がいいので相手に求めない

人を見かけで判断しない人、自分が抜群の容姿を持っていることがあります。

またお洒落でセンスも良く一人で絵になるといったタイプです。

美男美女でくっつくことも多いのですが、美女と野獣といった組み合わせもよくあるパターンです。

自分が持っているので相手に求めないのです。

見かけよりハートといって優しくて自分に尽くしてくれる人を選ぶ傾向があります。

案外見た目のいい人ほど相手の見た目に執着しないものですし、悪く言ったりしないのです。

色々言う人ほど中途半端な見かけであることが多いです。

11. 見かけより品があるかないかを見ている

見かけより品があるかないかを見ている

見かけの良さというのは努力次第で誰でもそこそこのレベルまで作れるものです。

ですが一朝一夕では手に入れられないのが品性です。

品がある、ないというのは子供の頃からの蓄積の結果ですので、一日で品が良くなったり、悪くなったりというものではありません。

写真で見るといいのに、実際面接して話をしたら言葉遣いがなっていなかった、態度が悪かったなんてことはありますし、品がないと損をします。

人を見かけで判断しない人は実際に会って話して相手をよく見ています。

いくら見かけが抜群でも品性のない人のことは受け入れません。

12. 痛い経験がある人

痛い経験がある人

見かけのいい人というのは異性にモテますし、職場でも人気者、中心人物になりやすいです。

見かけがいいからといって内面が必ずいいとは限りません。

むしろ見かけの良さに騙されて痛い目にあった経験を持っている人も少なからずいるでしょう。

過去に痛い経験をした、失恋をしたという人ほど価値観は変わってしまいます。

それまでとは180度変わってしまうこともあります。

かつては見た目重視だった人も今は内面が良くなければダメという風になるものです。

まとめ

見かけがいいと得をすることは多いです。

特に若い人ほど見かけで判断することが多いでしょう。

ですが実際、恋愛、結婚とすすんでいけば見かけよりも大事なこともあると気がついてきます。

また職場においても見かけより、真面目に仕事をする性格の人の方が最終的には重宝されるものです。

人を見かけで判断すると間違ってしまうこともあります。

大切なものは目に見えないと有名な小説にもありますように、内面も重視したいものですね。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!