恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170909144731.html
堂々とした人の特徴

堂々とした人の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
堂々とした人の特徴

「あの人、堂々としているね」という人っていますよね。

「堂々としている」。

それだけであこがれます。

そんな人って何がどう違うのでしょうか。



  • 背筋が伸びている
  • 視線がしっかり定まっている
  • 安心感がある
  • 信頼感がある
  • 下準備を整えている
  • ハッキリした口調で話す
  • ハプニングにも動じない
  • 落ち着いている
  • 柔軟な発想を持っている
  • 余裕を持っている
  • 威厳がある
  • 謙虚さを持ち合わせている
  • ポジティブ思考
  • 後ろめたさがない
  • ささいなことこそ、おろそかにしない
  • 空気を読みすぎない

1. 背筋が伸びている

背筋が伸びている

これは当然でしょう。

年をとって背中が曲がっている人を見るだけで、弱0を感じます。

背筋を伸ばして、視線はまっすぐ先を見据えて、少し広い歩幅で、一定のリズムで歩くだけで、「堂々としている」見た目を表現できます。

肩で風を切るような歩き方は、NGです。

2. 視線がしっかり定まっている

視線がしっかり定まっている

背筋を伸ばすと、自然に視線も前を向きます。

けれどここでいう「視線」とは、単に目の位置だけではありません。

目の前の相手としっかり向き合えているか、物事の真意を見定めているかも含めています。

3. 安心感がある

安心感がある

現実味のないプラン・人任せの意見・言葉だけで行動が伴わない…となると、安心感とは期待できません。

「あの人でよかった」は、人を「堂々とみせる」必須アイテムです。

4. 信頼感がある

信頼感がある

これは先の3.にもつながります。

「安心感」の積み重ねがあるからこそ、「信頼感」につながります。

「安心感」が、揺るぎない「信頼感」を構築するといっても過言ではありません。

揺るがないものを持っている人は「堂々と」見えます。

5. 下準備を整えている

下準備を整えている

先日テレビのインタビューに答えていた、ジャマイカのウサイン・ボルトさん。

北京オリンピックで世界記録を出すなど、引退するまで「世界最速の男」の称号を欲しいままにしたボルトさんですら、「うまくいかなかったときは、よりハードな練習をして自らを高めるんだ」と答えていました。

世界記録保持者ですら、大切にしているのは日々の練習。

試合前の下準備でした。

6. ハッキリした口調で話す

ハッキリした口調で話す

モゴモゴと小声で、自信なさげに話すだけで、内容がどうであれ、その話や話をした人に「堂々とした」部分はなくなります。

たとえウソでも、はっきりした口調で、しかも「~です」と断定して話をされると、本当のように聞こえるものです。

7. ハプニングにも動じない

ハプニングにも動じない

世の中は筋書きどおりにいきません。

いや、筋書きどおりにいかないからおもしろい! そう考えられる人は、ハプニングに動じません。

ハプニングを恐れず、起こることを踏まえて、それに備えられるようにしておく。

プレゼンで痛いところをつかれる質問におびえているより、それに応対できる解答や意見を発表すると「堂々としている」と思われます。

8. 落ち着いている

落ち着いている

「こんなこと言われたらどうしよう」「ライバルが秘策で逆転するかもしれない」。

そんな考えや気持ちだけで、「堂々とした人」とは程遠くなります。

9. 柔軟な発想を持っている

柔軟な発想を持っている

こう時代や環境の変化が激しいと、それに即応する対応力が求められます。

会社のような組織でもそう。

経験や慣習・前例・経験は、解決のものさしの1つですが、それらに捉われ過ぎると優柔不断で、対応力がないと判断されます。

10. 余裕を持っている

余裕を持っている

「集合時間5分前には集合する」「会議資料は、会議の3日前までには準備しておく」というように前倒して期限を設定するだけで、突然の変更にも、突発的なハプニングにも、迅速な対応ができ、「堂々さに」つながります。

ちなみに自動車のハンドルには【遊び】と呼ばれる部分があって、これが運転に重要だと言います。

11. 威厳がある

威厳がある

偉そぶっているとは違います。

「あの人には頭が上がらない」とか「あの人の方向に足を向けて寝られない」といった表現で形容されるような人です。

12. 謙虚さを持ち合わせている

謙虚さを持ち合わせている

謙虚さを持ち合わせてないと、「ただ単に他人に指図しかしない人」にしかなりません。

13. ポジティブ思考

ポジティブ思考

ネガティブ思考だと、過去の実績や失敗に捉われて、新しいもの、未知なるものに挑む力や考え、姿勢が感じられません。

「前に進もうとする力」が、力強さと「堂々さ」を生みます。

14. 後ろめたさがない

後ろめたさがない

下準備をして臨んでいる人、また過去の失敗から学び、同じ失敗をしない人、バレたら困る秘密がない人は、それだけで「堂々と」しています。

不倫疑惑を報じられた政治家は、どこかビビッていますね。

15. ささいなことこそ、おろそかにしない

ささいなことこそ、おろそかにしない

これは5.とも関連しますが、普段の会話はうまくできても、大勢の人前で話すことは苦手という人は多いもの。

つまりいつ、どんな時も「普段どおり」をすることは、意外と難しいものなのです。

この言葉は、メジャーリーガーとしても数多くの記録を打ち立てたイチロー選手の信念です。

練習が終われば、グローブは丹念に磨く、バットは絶対ままたがないなど、少年野球のころから実践してきたそうです。

16. 空気を読みすぎない

「KY(なやつ)という言葉が定着しだしてから、「空気を読む、読めない」と盛んに言われるようになりました。

漫画家の蛭子能活さんは、自身が監修したひめくりカレンダーで「空気読んで、そんないいことあります?」と言っています。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!